チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―

f:id:tanazashi:20180312234354p:plain

 

江戸時代を代表する陶工野々村仁清(生没年不詳)と

f:id:tanazashi:20180312234625p:plain

尾形乾山(1663~1743)。

京都で活躍した二人は、日本のやきものの歴史の中で最も有名な人物です。

野々村仁清は鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされ、「京焼の祖」とも言われています。

f:id:tanazashi:20180312234614p:plain

仁清の作り出す端正で雅やかな器は公家や大名家に重用されました。

一方、尾形乾山は、仁清に続いて京焼を発展させ、兄・光琳との合作の絵皿など、絵画とやきものを融合させた、これまでにない革新的な器を生み出しました。

f:id:tanazashi:20180312234604p:plain

本展では、仁清の制作年月が判明する稀少な作品「色絵輪宝羯磨文香炉」や、華やかな秋の情景を凝縮した乾山の「色絵竜田川文透彫反鉢」を中心に、岡田美術館収蔵の仁清と乾山の作品を一堂に展示いたします。

青、緑、金の色調と技巧を凝らしたデザインが魅力の古清水、京の絵師尾形光琳伊藤若冲の作品などと併せて、都で花開いた典雅な世界をお楽しみください。

www.okada-museum.com

 

会場:岡田美術館

会期:2017年11月3日~4月1日