チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「見えないものを見る~オディロン・ルドンのまなざし~」

 

 

日曜美術館「見えないものを見る~オディロン・ルドンのまなざし~」

モノクロの不気味な絵からカラフルで華やかな絵まで多彩な表現に挑んだ画家・ルドン。

貫いた姿勢が見えないものを描くということ。その秘密をひもときます。

19世紀の後半のパリ、鮮やかな色彩を使った表現で話題を呼んだ印象派

しかし、同時代のパリにモノクロの奇妙な絵を描いたのがオディロン・ルドンだった。独特な表現から怪奇的な画家というイメージがつきまとってきたが、実はあることを描こうとしていた。

それは何なのか?

そして後半生に一転色彩を使うようになった理由とは?

新キャスターの芥川賞作家・小野正嗣が展覧会を訪れながら探る。

【ゲスト】三菱一号館美術館館長…高橋明也,アーティスト…鴻池朋子,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

放送日

2018年4月8日

f:id:tanazashi:20180408120753p:plain

 

f:id:tanazashi:20180408120757p:plain

東京・丸の内で開かれているルドンの展覧会。

オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代でありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、前例のない展覧会となります。ドムシー男爵の城館の食堂を飾った装飾で、当館が所蔵する最大級のパステル画《グラン・ブーケ(大きな花束)》を、同食堂の残りの15点の壁画(オルセー美術館所蔵)と合わせて展示します。また、出品作およそ90点のうち大半は、オルセー美術館ボルドー美術館、プティ=パレ美術館(パリ)、ニューヨーク近代美術館、シカゴ美術館など海外の主要美術館の所蔵作品により構成する、大規模なルドン展となります。

ルドンー秘密の花園|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

f:id:tanazashi:20180408120802p:plain

ルドンが幼年期を過ごしたふるさとの絵。

f:id:tanazashi:20180408120806p:plain

ルドンはその風景を繰り返し描き、それらの絵をずっと手元に置いていました。

f:id:tanazashi:20180408120812p:plain

一見写実的なふるさとの絵。

ルドンの原風景に感じられる不穏なもの。

いったい何があったのでしょうか。

f:id:tanazashi:20180408120818p:plain

ルドンは1840年。フランスの南西部。

ワインで有名なボルドーに生まれました。

しかし、生後わずか二日目、親戚の老人のもとに預けられます。

f:id:tanazashi:20180408120822p:plain

その場所が、ルドンが繰り返し描いたふるさと、ペイルルバードです。
荒涼とした荒れ地に囲まれた寂しい田舎で、ルドンは11歳まで過ごします。

f:id:tanazashi:20180408120826p:plain

内気で病弱だったこともあり、学校にも行かず

一人空想の世界に興じるようになります。

f:id:tanazashi:20180408120830p:plain

子供の頃私は暗がりが好きだった。

厚いカーテンの下や、家の暗い片隅や、遊び部屋などに身を潜ませると

不思議な深い喜びを感じたものだ。

f:id:tanazashi:20180408120834p:plain

そして外に出、野原に行くと、空が私に対して

なんという魅惑的な力を奮ったことだろう。

地面に寝そべり雲が流れていく所を眺めたり、

そのつかの間の変化が作るうっとりするようなきらめきを目で追っていた。

f:id:tanazashi:20180408120840p:plain

少年の孤独な心を癒やしてくれたのがペイルルバードの自然だったのです。

ルドンの人格形成の中で重要なことでした。

f:id:tanazashi:20180408120845p:plain

ルドンは画家になってからも毎年ペイルルバードに滞在し創作をしていました。

f:id:tanazashi:20180408120851p:plain

 

f:id:tanazashi:20180408120858p:plain

ペイルルバードで描いたとされる作品の一つ。

ルドン独特のモノクロの世界です。

f:id:tanazashi:20180408120902p:plain

この人物は何者なのか。

いったい何を見つめているのか。

すべてが謎めいています。

f:id:tanazashi:20180408120906p:plain

植物人間と題された絵。

f:id:tanazashi:20180408120911p:plain

顔から放射されるものは、光のようにも植物の綿毛のようなものにも見えます。

f:id:tanazashi:20180408120915p:plain

待機中に漂う奇妙な物質。

目には見えない自然の気配を感じさせます。

f:id:tanazashi:20180408120919p:plain

ルドンはなぜこうした不思議な絵を描くようになったのでしょうか。

 

f:id:tanazashi:20180408120922p:plain

子供の頃から絵の才能を見せていたルドンは

20代前半、画家をめざしパリで修行します。

しかし、決まりごとに縛られた教育が合わず、

失意のうちにボルドーに戻ります。

f:id:tanazashi:20180408120927p:plain

そこで、後に師とも仰ぐ画家に出会ったのです。

版画家のロドルフ・ブレスダンです。

f:id:tanazashi:20180408120930p:plain

ブレスダンの代表作「善きサマリア人

f:id:tanazashi:20180408120937p:plain

聖書の位置場面が細密に描かれています。

f:id:tanazashi:20180408120944p:plain

画面を黒々と覆う自然の風景。

その闇に目を凝らすと沢山の動物や不思議な者たちが見えてきます。

f:id:tanazashi:20180408120948p:plain

目には見えない自然の底知れない神秘まで描き出したブレスダン。

f:id:tanazashi:20180408120953p:plain

ルドンは大きな衝撃を受け、ブレスダンに学ぶようになります。

f:id:tanazashi:20180408120959p:plain

長年ルドンを研究する多摩美術大学の本江邦夫さんです。

「自然にいろいろなものが目に入ってきますよね。普通私たちはこれが現実だと思うわけです。たとえば本棚があるとしてその奥にあるものまでは考えない。でもブレスダンはそこまで考えろと言っているのです。そこまで考えることで芸術はより豊かになるのではないか」

f:id:tanazashi:20180408121003p:plain

「ふつうの想像力の奥にもうひとつの想像力があるんじゃないかということを、ブレスダンはルドンに教えようとしたのではないか」

f:id:tanazashi:20180408121007p:plain

見えないものを見ることを教えられたルドン。

さらにその面白さを身をもって体験させた人物がいましした。

ボルドーに住んでいた植物学者のアルマン・クラヴォーです。

f:id:tanazashi:20180408121012p:plain

ルドンはクラヴォーの元を訪ねては当時最先端だった顕微鏡を覗き、肉眼では見えないものの中に豊かな世界が広がっていることを知ります。

f:id:tanazashi:20180408121016p:plain

「クラヴォーは無限に小さなものを研究していた。知覚の限界のような世界で、動物と植物の中間のような生命。一日のうち数時間だけ光の働きによって生きる神秘的な存在を研究していたのだ」

目には見えない生命との出会いがルドンの想像力を激しく刺激することになりました。

f:id:tanazashi:20180408121024p:plain

「起源」と題されたルドンの石版画集。

当時議論を読んでいたダーウィンの進化論を意識したものと考えられています。

f:id:tanazashi:20180408121020p:plain

水の中でうごめく

f:id:tanazashi:20180408121028p:plain

原始生命を思わせるものたち。

f:id:tanazashi:20180408121032p:plain

大きな目を持つ奇妙な植物。

この目は自然や生命のイメージと共に繰り返し描かれました。

 

f:id:tanazashi:20180408121036p:plain

現代の科学者の目にルドンの作品はどのように映るのでしょうか。

生物学者の福岡伸一さんです。

f:id:tanazashi:20180408121041p:plain

「自然というのは無限のリソース(資源)。無限のイメージのリソースなので、それを一生懸命覗いていると、向こうからメッセージが聞こえてきたと思うのです。そんなときに、この目のイメージというものは

f:id:tanazashi:20180408121045p:plain

今、私が見つめている自然が、自然も又あなたを見ているよという、メッセージ性がここには潜んでいるような気がするのです。

f:id:tanazashi:20180408121049p:plain

そういう目で見ると、ルドンの絵というものは様々な自然観察のイメージがあって、1つ目おばけみたいに見えますが、単におばけじゃなくて、自然が持っている精妙さとか、不思議さ、変化の驚きとかが・・・・

f:id:tanazashi:20180408121053p:plain

ある種のセンス・オブ・ワンダーといいますか、驚きのメッセージをこちら側に伝えている気がするのです」

f:id:tanazashi:20180408121057p:plain

ブレスダンとクラヴォーによって見えないものを見る目を養われたルドン。

その視点は生涯ルドンの芸術を支えることになりました。

 

ルドン・故郷の影響

f:id:tanazashi:20180408203842p:plain

ゲスト・三菱一号館美術館館長・高橋明也さん

f:id:tanazashi:20180408203953p:plain

「ルドンの故郷は森閑としているところです。ルドンの作品を考える上でペイルルバードは欠かせない場所です。ルドンの作品には日本人の感性とちょっと似た所を感じるのではないか。自然との関わりが深く広がっているのではないか」

二人の師とのの出会い

「ブレスダンは本当に尊敬していました。心の師匠ですね」

「19世紀の人ですね。新しいものに興味があったるのでは。(科学とアートとが交流し、対話した)ルドンは一貫していると思いますが、西洋的な人間中心の存在のあり方よりも、等距離の感覚でそういうものが広がっているとルドンは感じていたはず。具体的に具現化してくれたのがクラヴォーなのではないかと思います」

f:id:tanazashi:20180408121101p:plain

ルドンは32歳のとき、画家としての成功を夢見て再びパリに出ます。

しかし、およそ7年間絵を発表する機会は殆どありませんでした。

f:id:tanazashi:20180408121106p:plain

その当時、パリに新風を巻き起こしていたのが印象派です。

対象を包む光の変化を視覚的に捉えようとしました。

f:id:tanazashi:20180408121110p:plain

ルドンと同じ年齢のモネをはじめ、画家たち戸外の光の下、目の前の風景や人物を鮮やかな色彩で描いていきます。

その中でルドンが目指した芸術はあまりに独特なものでした。

f:id:tanazashi:20180408121114p:plain

39歳で事実上のデビュー作となった石版画集「夢のなかで」。

色彩を一切使わない画面は、色鮮やかな印象派とは対局をなすものでした。

 

f:id:tanazashi:20180408121118p:plain

パリが新しい色彩に湧いていた時代。

f:id:tanazashi:20180408121122p:plain

なぜかルドンは色を使わず、黒だけで描いたのです。

f:id:tanazashi:20180408121126p:plain

「黒は最も本質的な色彩である。それはパレットやプリズムの美しい色彩よりも遥かに優れた精神の代理人なのである」

f:id:tanazashi:20180408121130p:plain

色を使えば目に見えるものは表現できる。

しかし、見えないものを表現する手段としてルドンは黒にこだわりました。

 

f:id:tanazashi:20180408120437p:plain

「単なる黒ではなくて、人間の命と心が一緒に入っている・・・

f:id:tanazashi:20180408120441p:plain

まるで私たち人間の種子みたいなもの・・・そういうものが黒なんじゃないか。印象派の絵を見ると見事なものだと思う。だがそこに心とか精神とかが全く入っていないのじゃないか。そこが不満であるというのがルドンの基本的な考えではなかったかと思います」

f:id:tanazashi:20180408120445p:plain

現代の作家はルドンの黒をどのように見るのでしょうか。

アーティストの鴻池朋子さんです。

f:id:tanazashi:20180408120452p:plain

鴻池さんは自然や生命をモチーフに制作をしています。

f:id:tanazashi:20180408120456p:plain

鴻池さんも黒の色を大切にしています。

f:id:tanazashi:20180408120503p:plain

色彩のごまかしが効かない分、自分の本当に表現したいものが出てくるのだといいます。

f:id:tanazashi:20180408120507p:plain

「こう描きたいとか、こういうものを描かなければならないとか、という言葉を介したやり取り以前のようなものがあって・・・」

f:id:tanazashi:20180408120511p:plain

ルドンはいろんなものを視覚化してきて、科学的にわかり始めた時代・・・理由付けされているような世界の中で、視覚的な感覚だけに頼らずに・・・

f:id:tanazashi:20180408120515p:plain

自分の感じたものに対して非常にすなおに・・・、非常に誠実に、ちゃんと送り返しているようなことを・・・作品の中でしているような気がして・・・」

f:id:tanazashi:20180408120522p:plain

黒を使うことで目に見えないものを確かな存在として描こうとしたルドン。

しかし、その作品はごく一部の人にしか評価されませんでした。

f:id:tanazashi:20180408120525p:plain

しかも、その評価は恐怖を描いたオカルト的な画家という、歪んだものだったのです。

f:id:tanazashi:20180408120529p:plain

「私についていろいろな記事が書かれたが、その中には魔法の色眼鏡をかけたものがあった。私は降霊術師などではない。私はただ芸術を作り出しているだけなのだ」

 

f:id:tanazashi:20180408120533p:plain

そんな中、ルドンの芸術に深い理解を示した人物がいました。

ポスト印象派の旗士・ポール・ゴーガンです。

f:id:tanazashi:20180408121045p:plain
「ルドンが描くものは本質的には人間的であり、私たちとともに生きているものだ。それらは決して怪物などではない。静かな夜の暗闇の中で、私たちの目は見、耳は聞く。彼の作品のどれをとっても聞こえてくるのは心の声なのである」

f:id:tanazashi:20180408120537p:plain

これはゴーガンが描いたひまわりです。

よく見るとルドンが描いた目にそっくりなものがあります。

f:id:tanazashi:20180408120541p:plain

怪奇なものとして受け止められていたルドンの世界ゴーガンは生命の輝きを見ていたのかもしれません。

f:id:tanazashi:20180409230323p:plain

f:id:tanazashi:20180408120549p:plain

黒を使って独自の世界を表現してきたルドン。

しかし40代の終わりからその画風が一変します。

色彩を使うようになったのです。

その転換期の作品。

f:id:tanazashi:20180408120554p:plain

ルドンのシンボルとも言える目は、なぜか閉じられています。

f:id:tanazashi:20180408120558p:plain

ルドンは色彩を手にした喜びをこう綴っています。

f:id:tanazashi:20180408120603p:plain

「私たちが生きながらえるのは、ただただ新しい素材によってなのだ。私は色彩と結婚した。もうそれ無しで過ごすことはできない。」

f:id:tanazashi:20180408120611p:plain

ルドンの則品はどんどん色鮮やかなものへと進化していきます。

それはなぜなのでしょうか。

 

f:id:tanazashi:20180408120615p:plain

「ここで一発やってやろうと思ったのではないか。今までの黒ばかりじゃないぞと、自分にはこんなものがあるんだぞと、みんなに見せてやりたい。だからある意味開花ですよ。木がどんどん伸びていって花開き実をつけるのと同じじゃないかと思います。」

f:id:tanazashi:20180408120619p:plain

光合成ですね。光というものを浴びて初めて自分のエネルギーが生まれる」

f:id:tanazashi:20180408120623p:plain

「そのときに印象派の色というものが非常に強い影響力を持ったのではないかな」

f:id:tanazashi:20180408120630p:plain

福岡さんは色彩の変化をどう見ているのでしょうか。

「山を登っていくと、その山の頂上から別の山の風景が見えてくるということは、誰も人生の中であると思うのですね」

f:id:tanazashi:20180408120636p:plain

「ルドン自身もモノクロの世界を突き詰めていったところに、ある場所に行くと窓が開いて、自然が豊かな色で満たされているじゃないかと感じた時点があった。そこから自然の色とりどりなものとして受け入れようと思った瞬間があったと思うのです」

f:id:tanazashi:20180408120643p:plain

「これも自分の内面の世界の中で完結するものではなくてもっとメッセージをほかのみんなに伝えたいというベクトルを、」

f:id:tanazashi:20180408120650p:plain

「内部から外部への大きな転換が、彼の人生の中であったように感じますね」

f:id:tanazashi:20180408120654p:plain

色彩の変化を遂げたルドンが60歳にして挑んだ大作があります。

f:id:tanazashi:20180408120658p:plain

フランスの貴族の館の食堂を覆った16点の装飾画です。

f:id:tanazashi:20180414230123p:plain

それが展覧会で一堂に会しています。

f:id:tanazashi:20180408120702p:plain

ルドンはこの連作におよそ一年半を費やしました。

f:id:tanazashi:20180408120707p:plain

溢れる光と色彩。

f:id:tanazashi:20180408120711p:plain

その中で花とも生き物ともつかない不思議な者たちが舞い踊っています。

f:id:tanazashi:20180408120715p:plain

「生命みたいなものが発せられて、それが色を持って、互いに会話しあっている。大きな声をあげて笑っているというのではなくて、互いに優しく微笑みを交わし合うとか、そういう印象を持ちます」

f:id:tanazashi:20180408120720p:plain

 

f:id:tanazashi:20180408120724p:plain

この連作の中でも最高傑作と言われるのが「グラン・ブーケ」です。

f:id:tanazashi:20180414230307p:plain

「自然の花ではなく、切り花を人工的な青の容器に入れてもう一度再生するというか、単なる自然を描写するというより、ものをつくる人間の意識が、人工的なものを排除するのではなく受け入れていこうとしている。人工的=不自然なもの。でもそれを入れていこうと決めたことによって強度を増すわけです。もしかしたら、異質なものを取り入れたことが大失敗するかもしれない。だけどやさしく自然だけの風景でまとめるにはまとめるには、作家としたらどこか物足りないし、飽きてしまう。飽きてしまうというのは物づくりにとっていちばん怖いことですよね。飽きてしまったときにどうやって自分を奮い立たせようかというと、自分が嫌かもしれないけれど異質なものを取り込んで画面に入れ、ちょっと破綻を起こすことから生まれるエネルギーで別の次元に」鴻池朋子

f:id:tanazashi:20180408120729p:plain

縦およそ2.5メートル。

f:id:tanazashi:20180408120733p:plain

パステルの柔らかい色彩をまとった花々。

その中には現実には存在しない不思議な色や形を持った花もあります。

f:id:tanazashi:20180408120738p:plain

「花を超えた何かというのですか、あるいは花の中にある何かが、ルドンにはこうとしか見えなかった。何かが動いている。今にも絵が違う形と違う色をとって現れてきそう。それがたまたまこの瞬間を見ている。すこし経って戻ってきたら違う動きをこの花たちはしているのではないか。そんな気にさせられるものがここにはあるような気がします」

f:id:tanazashi:20180408120742p:plain

見えないものを描く。

76歳でこの世を去るまで、ルドンはその信念を貫きました。

f:id:tanazashi:20180408120747p:plain


 

取材先など 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

展覧会

ルドンー秘密の花園|三菱一号館美術館(東京・丸の内)