チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

人間・高山辰雄展 森羅万象への道

f:id:tanazashi:20180523225935p:plain

 

 

人間・高山辰雄
森羅万象への道

f:id:tanazashi:20180523225941p:plainf:id:tanazashi:20180523225947p:plain

f:id:tanazashi:20180523230048p:plain

f:id:tanazashi:20180523230053p:plain

f:id:tanazashi:20180523230058p:plain

f:id:tanazashi:20180523230105p:plain

f:id:tanazashi:20180523230112p:plain

 

f:id:tanazashi:20180523230118p:plain

f:id:tanazashi:20180523230125p:plain

f:id:tanazashi:20180523230131p:plain

f:id:tanazashi:20180523230139p:plain

f:id:tanazashi:20180523230147p:plain

f:id:tanazashi:20180523230155p:plain

f:id:tanazashi:20180523230159p:plain

 

f:id:tanazashi:20180523230206p:plain

f:id:tanazashi:20180523230214p:plain

f:id:tanazashi:20180523230220p:plain

f:id:tanazashi:20180523230230p:plain

宇宙を視野に入れた壮大なスケールで人間存在の神秘や生と死の矛盾を問い、現代社会に生きる人間を描いた日本画家・髙山辰雄(1912-2007)。1951年より終生、世田谷の地を創作の拠点とし、戦後の日本画壇の最高峰として杉山寧、東山魁夷ともに「日展三山」と称されました。1982年に文化勲章を受章、没後10年を経た今日もなお、その深い精神性を湛えた絵画表現は高く評価され続けています。

本展は、大分県立美術館の所蔵作品を核とし、大分市美術館ならびに各所蔵者のご協力のもと、過去最大規模の約120点を集め、70余年にわたる髙山辰雄の画業を回顧します。貴重な学生時代のスケッチから、亡くなる前年の94歳にして初めて手がけた自画像まで、各時代の代表作を通じて、人間の本質を掴もうとした人間・髙山辰雄の芸術世界に触れていただければと思います。

www.setagayaartmuseum.or.jp

 

会場:世田谷美術館

会期:2018年4月14日~6月17日