チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

特別展 江戸の戯画 鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで

f:id:tanazashi:20180523233328p:plain

 

特別展 江戸の戯画
鳥羽絵から北斎国芳暁斎まで

f:id:tanazashi:20180523233343p:plain

f:id:tanazashi:20180523233347p:plain

f:id:tanazashi:20180523233351p:plain

f:id:tanazashi:20180523233356p:plain

f:id:tanazashi:20180523233401p:plain

f:id:tanazashi:20180523233405p:plain

f:id:tanazashi:20180523233412p:plain

太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。一口に戯画といっても多種多様なものがありますが、本展では「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。

鳥羽絵は、広く戯画や漫画を指す言葉として使われることもありますが、より限られた意味では、18世紀に大坂を中心に流行した軽妙な筆致の戯画を指します。そこに描かれる人物は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長いという特徴を持ち、その名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するものとされます。

鳥羽絵は、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、その人気は明治にまで及びました。また、上方に留まらず、江戸の浮世絵などにも影響を与えています。鳥羽絵を洗練させたとされる大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」はもちろん、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎(ほくさい)」や「国芳(くによし)」、そしてその流れをくむ「暁斎(きょうさい)」など、時代や地域により変化しながらも、笑いの感覚は脈々と受け継がれてきました。

本展では、そのような流れを追いつつ江戸時代の戯画のエッセンスをご覧いただきます。

 

www.osaka-art-museum.jp

会場:大阪市立美術館

会期:2018年4月17日~6月10日