チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ガラスの植物園

f:id:tanazashi:20180610192341p:plain

 

ガラスの植物園

f:id:tanazashi:20180610192400p:plain

「種子のかたち(小文間の植物シリーズ)2015-2」
藤原信幸、2015年、個人蔵

f:id:tanazashi:20180610192404p:plain

f:id:tanazashi:20180610192408p:plain

f:id:tanazashi:20180610192411p:plain

f:id:tanazashi:20180610192416p:plain

f:id:tanazashi:20180610192421p:plain

私たちは身近な草木から季節の移ろいを知り、新緑のみずみずしさ、咲き誇る花の美しさを愛で、花の散りゆく様に人生のあり様を重ねます。私たちの感情に寄り添いながら暮らしの様々な場面を彩る植物は、ガラス造形の世界でも、その魅力的な姿や生命力が作家の創造力を掻き立て、実に多彩な作品が生み出されています。ガラスに表れた植物の姿は、その精緻で力強い自然の造形への驚きや、儚く美しいものへの憧憬、様々な記憶や感情をも内包し、私たちの心の深部に触れてきます。新緑の季節にぜひガラスの植物たちをご堪能ください。

開催中の展覧会 – 石川県能登島ガラス美術館

会場:石川県能登島ガラス美術館

会期:2018年4月21日~7月22日