チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

生誕260年記念 心のふるさと良寛

f:id:tanazashi:20180618233740p:plain 

 

生誕260年記念
心のふるさと良寛

f:id:tanazashi:20180618233830p:plain

f:id:tanazashi:20180618233835p:plain

f:id:tanazashi:20180618233840p:plain

f:id:tanazashi:20180618233844p:plain

f:id:tanazashi:20180618233851p:plain

f:id:tanazashi:20180618233856p:plain

f:id:tanazashi:20180618233901p:plain

f:id:tanazashi:20180618233905p:plain

f:id:tanazashi:20180618233909p:plain

f:id:tanazashi:20180618233914p:plain

f:id:tanazashi:20180618233920p:plain

f:id:tanazashi:20180618233924p:plain

f:id:tanazashi:20180618233929p:plain

f:id:tanazashi:20180618233937p:plain

f:id:tanazashi:20180618233941p:plain

 

良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧です。越後出雲崎の名主橘屋の長男として生まれ、一時は名主見習となりますが、18歳で出家し、越後を訪れた国仙和尚に従って備中(岡山県)玉島の円通寺に入りました。10年余りの修行ののち吉野・高野山・伊勢など諸国を行脚して帰郷、国上山の中腹にある五合庵や乙子神社の草庵に住庵しました。生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中で生きとし生けるものすべてへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌や漢詩を詠み、書に興じた人でした。

そうした良寛の生きざまや遺墨は、いまも多くの人々の共感を呼び、魅了し続けています。本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、およそ100点から日本人の「心のふるさと」と評される良寛の魅力に迫ります。

永青文庫美術館

 

会場:永青文庫

会期:2018年4月21日~7月11日