チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス

f:id:tanazashi:20180624225241p:plain 

 

ジョルジュ・ブラック
絵画から立体への変容―メタモルフォーシス

f:id:tanazashi:20180624225315p:plain

f:id:tanazashi:20180624225319p:plain

f:id:tanazashi:20180624225325p:plain

f:id:tanazashi:20180624225333p:plain

f:id:tanazashi:20180624225337p:plain

f:id:tanazashi:20180624225343p:plain

f:id:tanazashi:20180624225348p:plain

f:id:tanazashi:20180624225353p:plain

f:id:tanazashi:20180624225358p:plain

f:id:tanazashi:20180624225402p:plain

f:id:tanazashi:20180624225407p:plain

f:id:tanazashi:20180624225411p:plain

f:id:tanazashi:20180624225417p:plain

f:id:tanazashi:20180624225422p:plain

f:id:tanazashi:20180624225426p:plain

f:id:tanazashi:20180624225429p:plain

f:id:tanazashi:20180624225434p:plain

f:id:tanazashi:20180624225440p:plain

f:id:tanazashi:20180624225444p:plain

f:id:tanazashi:20180624225450p:plain

f:id:tanazashi:20180624225457p:plain

キュビスム創始者ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、ピカソとともに、対象物の立体的な全容を平面上に表現するために分割と再構成という手法で革新をもたらした重要な画家です。本展は、そのブラックが最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に紹介するものです。彼の最終的な目的であったすべての造形物の美化への挑戦の成果、つまり絵画や彫刻から始まり、ジュエリー、陶磁器などの装飾芸術に至る様々な形態の作品が出品されます。殊に、1963年、時のフランス文化大臣のアンドレ・マルローが「ブラック芸術の最高峰」と絶賛したジュエリーの数々においては、崇高なる彫刻ともいえるほどに、貴石や金属の美しさに魅了された画家の美への飽くなき追求が結実しています。
展覧会には、ブラックの最初期の風景画、分析的キュビスムキュビスムから静物画への過渡期の作品など、画業の変遷をたどる少数の重要な絵画も加わり、ブラックが目指した造形の変容の過程をご覧いただけます。
作品の多くはフランスのサン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック-メタモルフォーシス美術館より出品されます。

panasonic.co.jp

会場:パナソニック 汐留ミュージアム

会期:2018年4月28日~6月24日