チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

 

 

f:id:tanazashi:20180609205701j:plain

生誕120年 イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラクル"な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。

www.escher.jp

openers.jp

“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 - ファッションプレス

bijutsutecho.com

rakukatsu.jp

会場:上野の森美術館

会期:2018年6月6日〜7月29日  

www.escher.jp