チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン

f:id:tanazashi:20180710075533p:plain

 

生誕120年 中村忠二展
オオイナルシュウネン

f:id:tanazashi:20180710075556p:plain

f:id:tanazashi:20180710075559p:plain

f:id:tanazashi:20180710075603p:plain

f:id:tanazashi:20180710075607p:plain

f:id:tanazashi:20180710075622p:plain

f:id:tanazashi:20180710075627p:plain

f:id:tanazashi:20180710075631p:plain

中村忠二(1898~1975)は、現在の兵庫県姫路市に生まれ、20歳で上京。各地を転々としながら制作を続け、晩年の20年間を練馬区貫井で過ごした作家です。
1919年日本美術学校に入学しますが翌年退学、水彩連盟展や光風会、国画会に出品しながら洋画団体「歩人社」や「トアル社」などを結成し、精力的に活動を続けました。交流のあった画家・水波博の影響を受けモノタイプ(ガラスや金属に描画して紙に転写する版画技法)の研究を始め、忠二でなければできないといわれるほどの大作も生み出しました。また詩画の制作にも精力的に取り組み、『蟲たちと共に』『秋冬集』など、生前5冊の詩画集を自費出版しています。
自身の絵を前に涙を流す忠二に、妻であり画家であった伴敏子がどうしたのかと尋ねたところ「見ろよ、いい絵だなあ、こんないい絵が描けた時に、泣けないやつがあるかしら」と答えたといいます。切り詰めた生活の中、自身の全てをかけ、しがみつくように日々作品に取り組んだ忠二。一見強く激しい筆致を見せながらも、その繊細で叙情豊かな作品世界は、今もなお多くの人をひきつけています。
2018年は生誕120年に当たり、ゆかりの地では初めての展覧会となります。初期の油彩画から、水彩画、版画、詩画まで、約80点をご紹介します。

www.neribun.or.jp

会場:練馬区立美術館

会期:2018年6月22日~7月29日