チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「洋画に日本人の魂を~画家・岡田三郎助~」

f:id:tanazashi:20190623203329p:plain

日曜美術館「洋画に日本人の魂を~画家・岡田三郎助~」


***

今年生誕150年となる洋画家・岡田三郎助。着物姿の女性を洋画の手法で描き、独自の「美人画」を生み出した。女性のライフスタイルさえ変えたと言われるその画業に迫る。

今年生誕150年となる佐賀県出身の洋画家・岡田三郎助。5年間のフランス留学で、洋画の技法を学ぶと同時に、日本美術の良さを再認識した岡田は、帰国後、会得した洋画の技法で着物姿の日本人を描く。その彫りが深く西洋風の女性像は、多くの女性の心をとらえ、やがて活動的な女性のライフスタイルを生み出すことにつながったと言われる。「西洋と和の融合」を信条に多くの傑作を残し、大正から昭和をかけぬけた生涯に迫る。

【ゲスト】アコーディオニスト…coba,佐賀県立美術館館長…松本誠一,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

日曜美術館「洋画に日本人の魂を~画家・岡田三郎助~」

放送日

2019年6月30日

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

「棟方志功展」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190609212755p:plain

棟方志功

 

棟方志功

 

黒ずくめの童子たちが仏の力で浄化され姿を変え、やがて大いなる光を放つ仏にたどり着く。

f:id:tanazashi:20190609212854p:plain

幅10メートルにも及ぶ壮大な救済のドラマです。日本の木版画に新たな輝きをもたらした棟方志功

f:id:tanazashi:20190609212902p:plain

故郷青森県棟方志功記念館所蔵の大作・連作ばかり24店が一堂に会します。

f:id:tanazashi:20190609212912p:plain

鎌田享

棟方志功は自分の作品を木の板に絵画の画と書いて版画と読みました。これは自分の作品は昨日行ったを無心に降る中から生まれてくるという意味なんですけれどもそうしたら無心一心不乱に振るということを突き詰めていく中で大きな作品を求めて言ったんじゃないかなと思います」

f:id:tanazashi:20190609212956p:plain
薔薇見れば薔薇の笑い。牡丹に逢はば牡丹の威

f:id:tanazashi:20190609213047p:plain
歌人岡本かの子の詩を題材にした「女人観世音版画巻」。詩は女性の美しさとしなやかな強さを歌い、女人こそが観音であると結んでいます。

f:id:tanazashi:20190609213054p:plain

その詩に共感した宗像の女性賛歌です。墨摺りの後に半紙の裏から彩色を施すことで黒の力強さはそのままに柔らかな彩りが添えられています。

f:id:tanazashi:20190609213103p:plain

縦およそ2 M 横およそ13 M。版木72枚による世界にも類を見ない巨大な版画。

f:id:tanazashi:20190609213111p:plain

棟方が晩年に取り組んだ最大の作品です。

f:id:tanazashi:20190609213119p:plain

右半分では太陽や星が輝く中、裸体の女性がいきいきと舞っています。

f:id:tanazashi:20190609213126p:plain

左半分には出産や授乳の場面。棟方は生命の賛歌を巨大な画面に力強く描きあげました。

f:id:tanazashi:20190609212810p:plain

棟方志功

東京府中市美術館で7月7日まで開かれています。

 

 

会場:府中市美術館

会期:2019年5月25日~7月7日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」

f:id:tanazashi:20190620231825p:plain

日曜美術館「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折した村山槐多。没後100年にあたる今年、展覧会開催を機に新発見の作品も相次いでいる。

村山槐多の絵を詩の朗読とともに見ていく。

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折(ようせつ)した村山槐多。

火だるまのような色、ガランス(暗赤色)こそ槐多の絵の最大の特徴である。

『自画像』や『カンナと少女』。

そして赤いオーラを放ちながら裸の僧侶が小便する『尿する裸僧』。

今年は槐多が亡くなって丁度(ちょうど)100年。

展覧会の開催を機に新発見の作品も相次いでいる。

番組では、新たな作品の紹介をまじえながら、村山槐多の絵を詩の朗読とともに見ていく

【ゲスト】美術史家…村松和明,【出演】世田谷美術館館長…酒井忠康,詩人…高橋睦郎,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

 

 

日曜美術館「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」

f:id:tanazashi:20190623230719p:plain

日曜美術館「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」

放送日

2019年6月23日

プロローグ

f:id:tanazashi:20190623230253p:plain

没後100年村山槐多展


大正時代を代表する画家の一人、村山槐多の没後100年を記念する展覧会が愛知県岡崎市で開かれています。

f:id:tanazashi:20190623230401p:plain

村山槐多

22歳の若さで亡くなった村山槐多。画家としてはもとより、詩人としても高く評価されてきました。

f:id:tanazashi:20190623230429p:plain

槐多は暗い赤色。ガランスを多用しました。少女の頬。カンナの花。背景までもが赤く塗られています。

f:id:tanazashi:20190623230441p:plain

裸の男が放尿している奇抜な絵。男は全身からガランスのオーラを発しています。

f:id:tanazashi:20190623230453p:plain

「ためらうな。恥じるな。汝のガランスのチューブを取って、そのガランスをまっすぐ塗れ」

f:id:tanazashi:20190623230510p:plain

 

今度の展覧会を機に、これまで知られてこなかった絵が発掘されました。

f:id:tanazashi:20190623230531p:plain

「中学生でこれだけ精緻な絵が描けている」

f:id:tanazashi:20190623230615p:plain

槐多は幾度も激しい恋に落ちました。ある時は年下の少年に、

f:id:tanazashi:20190623230632p:plain

そしてある時は年上の女性に。

f:id:tanazashi:20190623230644p:plain

「若き女の目よりも鋭く。かくも強く。かくも深く。我を惑わするそなたの瞳よ」

f:id:tanazashi:20190623230657p:plain

高村光太郎は槐多のことをこう歌いました。「強くて悲しい火だるま槐多」火だ火だるまの絵をその詩とともに味わっていきます。

 

槐多の青春

f:id:tanazashi:20190623232103p:plain

物心がつく頃から京都で育った村山槐多。名門の京都府立第1中学校で学んだころから絵や詩に類まれな才能を発揮します。

f:id:tanazashi:20190623232049p:plain

これは槐多が中学を終えた年に描いた自画像です。荒々しい筆さばきと大胆な色使い。顔や体全体に塗られている血のような暗い赤色は槐多が好んだガランスです。この自画像と響きあうような槐多の中学時代の詩の一節です。

f:id:tanazashi:20190623232040p:plain

「血染めのラッパ吹き鳴らせ。耽美の風は濃く薄く。われらが胸に迫るなり。ああされば血染めのラッパ吹き鳴らせ」

f:id:tanazashi:20190623232032p:plain

「吹いてるうちラッパが血染めになるくらいのつもりで吹かなければダメなんで。それが自分の表現でありまた生きることだということなんでしょ。高村光太郎が彼のことを火だるま槐多って言ったのかな。でも僕は血だるま槐多っていうほうがずっとふさわしいと思うんですよ。彼は血で描いてますよね。詩も血で書いてるし、それから絵も血で描いてます」

f:id:tanazashi:20190623232023p:plain

槐多は中学時代、退廃的なデカダンスの詩人ボードレールランボーに心酔しました。槐多が型破りな中学生だったことを示すラブレターです。ピンクの紙に黒いインクで連綿と書かれたラブレター。中学で一級下の少年に宛てたものです。

f:id:tanazashi:20190623232013p:plain

「白状しますれば君が慕わしくてたまらない。確かに僕は君に恋しています。あなたはベルサイユ宮殿に住んでいる人か、パリ人か、花火か絵か音楽か。なんだか知らないが美しい」

f:id:tanazashi:20190623231959p:plain

恋した少年、稲生きよしの肖像です。青々と剃り上がった頭。ややうつむき加減のその表情は恥じらうようにも見えます。少年にまともに取り合ってもらえなかった槐多は少年の住まいのあたりをさまよったと言います。

高橋睦郎さんがこの少年との出会いから生まれたという詩を朗読してくれました。

f:id:tanazashi:20190623231940p:plain

f:id:tanazashi:20190623231930p:plain



「自分が虐殺された貴人となってそれを稲生君が見つめているという、そういう形でも、あの愛が成就したらいいというような思いがこの詩の中にはあるでしょう。そこから非常に美しい詩の世界が成立してるわけですよね。本当に奇跡的な日本の詩の歴史の中でも非常に奇跡的な表現主義的な見事な詩になってますね。ちょっと比類がないと思うんでしょうかね」   詩とともに絵の方で槐多の天分は際立っていました。

 

 

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会

 

謎に満ちた写楽の魅力をダンギする「熱烈!傑作ダンギ 東洲斎写楽」【日曜美術館】

f:id:tanazashi:20190609213335p:plain

熱烈!傑作ダンギ 東洲斎写楽


 

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 東洲斎写楽

 

f:id:tanazashi:20190623191320p:plain

江戸の町に突如現れ、10か月で姿を消した謎の絵師・東洲斎写楽

傑作といわれる作品をもとにその芸術家の魅力を熱く語り合う。

f:id:tanazashi:20190623191337p:plain

歌舞伎役者の似顔絵で江戸の町に旋風を巻き起こした浮世絵師 東洲斎写楽写楽の作品から、役者の人生までも見えてくるという作家の岩下尚史さん。書家でアーティストの紫舟さんは、「もしかして写楽は女性だったのではないか…」という視点で作品にきりこむ。専門家の渡邉晃さんは、海外で「名人」と絶賛された写楽の色彩について分析。3人のゲストが語り合う中で、謎に満ちた絵師・写楽の魅力と奥深さが見えてくる。

f:id:tanazashi:20190623191352p:plain

【ゲスト】

作家…岩下尚史,書家・アーティスト…紫舟,太田記念美術館学芸員…渡邉晃,

f:id:tanazashi:20190623191421p:plain

【司会】小野正嗣,柴田祐規子

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 東洲斎写楽

放送日

2019年6月16日

f:id:tanazashi:20190623191442p:plain

f:id:tanazashi:20190623191500p:plain

f:id:tanazashi:20190623191503p:plain

f:id:tanazashi:20190623191508p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623192444p:plain

f:id:tanazashi:20190623192456p:plain

f:id:tanazashi:20190623192505p:plain

f:id:tanazashi:20190623192514p:plain

f:id:tanazashi:20190623192524p:plain

太田記念美術館

f:id:tanazashi:20190623192601p:plain

f:id:tanazashi:20190623192610p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623192659p:plain

f:id:tanazashi:20190623192706p:plain

f:id:tanazashi:20190623192714p:plain

f:id:tanazashi:20190623192723p:plain

f:id:tanazashi:20190623192730p:plain

f:id:tanazashi:20190623193723p:plain

f:id:tanazashi:20190623193828p:plain

f:id:tanazashi:20190623193840p:plain

f:id:tanazashi:20190623193854p:plain

f:id:tanazashi:20190623193903p:plain

f:id:tanazashi:20190623193913p:plain

f:id:tanazashi:20190623193922p:plain

f:id:tanazashi:20190623193944p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623194755p:plain

f:id:tanazashi:20190623194807p:plain

f:id:tanazashi:20190623194818p:plain

f:id:tanazashi:20190623194826p:plain

f:id:tanazashi:20190623194905p:plain

f:id:tanazashi:20190623194921p:plain

f:id:tanazashi:20190623194933p:plain

f:id:tanazashi:20190623194942p:plain

f:id:tanazashi:20190623194951p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623195538p:plain

f:id:tanazashi:20190623195547p:plain

f:id:tanazashi:20190623195556p:plain

f:id:tanazashi:20190623195606p:plain

f:id:tanazashi:20190623195615p:plain

f:id:tanazashi:20190623195630p:plain

f:id:tanazashi:20190623195640p:plain

f:id:tanazashi:20190623195647p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623200300p:plain

f:id:tanazashi:20190623200309p:plain

f:id:tanazashi:20190623200318p:plain

f:id:tanazashi:20190623200328p:plain

f:id:tanazashi:20190623200341p:plain

f:id:tanazashi:20190623200352p:plain

 

f:id:tanazashi:20190623200433p:plain

f:id:tanazashi:20190623200443p:plain

f:id:tanazashi:20190623200453p:plain

f:id:tanazashi:20190623200502p:plain

f:id:tanazashi:20190623200514p:plain

f:id:tanazashi:20190623200843p:plain

f:id:tanazashi:20190623200852p:plain

f:id:tanazashi:20190623200900p:plain

 

****

f:id:tanazashi:20190623200937p:plain

f:id:tanazashi:20190623200950p:plain

f:id:tanazashi:20190623200957p:plain

f:id:tanazashi:20190623201007p:plain

f:id:tanazashi:20190623201510p:plain

f:id:tanazashi:20190623201531p:plain

f:id:tanazashi:20190623201542p:plain

f:id:tanazashi:20190623201604p:plain


取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会

 

「靉嘔 レインボー 88」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190609212139p:plain

靉嘔 レインボー 88

 

靉嘔 レインボー 88

f:id:tanazashi:20190609212211p:plain

虹のアーティストとして知られ国際的に活動してきた靉嘔。

88歳を機にこれまでの足跡を振り返る展覧会です。

f:id:tanazashi:20190609212219p:plain

タイトルは孔子の言葉を踏まえています。

靉嘔は線で描くことを拒否。世界をプリズムなどを通して見える光の色で表現しようとしてきました。

f:id:tanazashi:20190609212240p:plain

近年は恐竜をテーマにした作品に取り組んでいます。

細い紐を輪郭に鮮やかに塗り分けられた恐竜。

f:id:tanazashi:20190609212230p:plain

過去未来という時空を超えて旅しているようにも見えます。

f:id:tanazashi:20190609212153p:plain

靉嘔 レインボー 88

長野県の軽井沢ニューアートミュージアムで6月30日まで。

 

会場:軽井沢ニューアートミュージアム

会期:2019年3月16日~6月30日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

サルバドール・ダリ作「テトゥアンの大会戦」に描かれた二人の男女の秘密とは【新美の巨人たち】

f:id:tanazashi:20190615074702p:plain

テトゥアンの大会戦

サルバドール・ダリ作「テトゥアンの大会戦」(諸橋近代美術館所蔵)

テトゥアンはモロッコ北部にある人口38万人の街です。

「白い鳩」と呼ばれるこの町は1859年から1860年のスペイン・モロッコ戦争によってスペイン軍よって占領されました。

 

f:id:tanazashi:20190615082527p:plain

テトゥアンの大会戦」マリアノ・フォルトゥーニ

ダリは14歳の時、画家マリアノ・フォルトゥーニが描いた「テトゥアンの大会戦」と出会います。ダリはそのころ父親や美術学校の権威に反抗し、屈折した日々を送っていました。

後年、ダリは少年時代に見たこの作品をオマージュするかのように描いたのが「テトゥアンの大会戦」です。

作品をよく見ると複雑で奇妙な世界が広がります。

空を飛ぶ馬、巨大な女神に向かう刃。そしてあることに気づくのです。

f:id:tanazashi:20190615083412p:plain

先頭を疾走するのは勇ましく剣を振り上げるモロッコの騎馬兵。

そこに描かれているのは二人の男女。

ダリとダリの妻・ガラの姿だといわれています。

ではなぜダリは作品に二人の絵を描いたのでしょうか。

美の巨人たち「奇才ダリの大作『テトゥアンの大会戦』」ではその謎に迫ります。

奇才ダリの大作『テトゥアンの大会戦』×シシド・カフカ

放送:2019年6月15日

「横浜開港160年 横浜浮世絵」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190609211634p:plain

横浜開港160年 横浜浮世絵

 

横浜開港160年
横浜浮世絵

 

f:id:tanazashi:20190609211741p:plain
大量の積荷を船に運び込む外国人たち。フランス、ロシアなど各国の船が舳先を連ねるここは横浜港。開港から160年。浮世絵が国際化の先駆けとなった当時の横浜の姿を伝えています。

f:id:tanazashi:20190609211748p:plain

歌川貞秀によるこの連作は東海道から横浜港に向かう道筋を描いています。

f:id:tanazashi:20190609211809p:plain

新たに架けられた橋を渡れば遠くに停泊する船が見えてきます。

f:id:tanazashi:20190609211728p:plain

切通からは港を一望することができます。

f:id:tanazashi:20190609211821p:plain

弁財天までたどり着けば港はすぐそこ。

f:id:tanazashi:20190609211842p:plain

港に着いてまず目に入るのは数々の物資を取り扱う大商店。

f:id:tanazashi:20190609211829p:plain

さらに奥には多くの外国人も出入りした遊郭がありました。当時の賑わいが偲ばれます。

f:id:tanazashi:20190609211648p:plain

横浜開港160年 横浜浮世絵

横浜市の神奈川県立歴史博物館で6月23日まで。

会場:神奈川県立歴史博物館

会期:2019年4月27日~6月23日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。