チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「孤高の花鳥画家 渡辺省亭」

f:id:tanazashi:20210502161421p:plain

 

 

知られざる花鳥画の天才・渡辺省亭がついに登場!西洋的な写実と江戸の粋が融合した唯一無二の世界を展開した省亭。明治に初めてパリに渡った日本画家で、ドガ印象派の画家たちを魅了した。国内でも高い評価を得たが、画壇に属さず、弟子もとらず、市井の画家として孤高の生涯をつらぬいたため、いつしか忘れ去られた。生命感に満ちた傑作の数々を紹介しながら、渡辺省亭の高い観察眼と高度な技法の秘密、孤高の生き方に迫る。

 

 

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 **

 

日曜美術館「孤高の花鳥画家 渡辺省亭」

放送日

2021年5月9日

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「日本民藝館改修記念 名品展Ⅰ  -朝鮮陶磁・木喰仏・沖縄染織などを一堂に」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210508143833p:plain


 

 

日本民藝館改修記念 名品展Ⅰ 
-朝鮮陶磁・木喰仏・沖縄染織などを一堂に


改修工事のため休館していた日本民藝館が先月リニューアルオープンしました。

f:id:tanazashi:20210508143823p:plain

こちらは旧館。
1936年民芸運動の提唱者柳宗悦らが収集した民芸品を展示するために建てました。

f:id:tanazashi:20210508143813p:plain

展示室からは柳らがどのような空間がふさわしいと考えていたのかを伺うことができます。

f:id:tanazashi:20210508143806p:plain

一方こちらは1982年に建てられた新館。
壁紙などには当時よく使われた素材が用いられていました。

f:id:tanazashi:20210508143758p:plain

今回の改修の主な目的は新館の展示室を柳宗悦の意図が反映された旧館に近づけることにありました。

f:id:tanazashi:20210508143752p:plain

「柳が1936年に創建した時に自分が収集した民衆的工芸・民芸品が一番ふさわしいと思われる空間を設計して作ったわけです。

f:id:tanazashi:20210508143729p:plain

f:id:tanazashi:20210508143734p:plain

そして民芸の美、バックボーンとしての思想を啓蒙するために普及するために美術館をつくりました。その思いを今回大展示室を昔と同じような形にしてその柳の思いをもう一度我々も新たに引き継いで行こうという思いは強くあります」

f:id:tanazashi:20210508143723p:plain

床は大谷石に変えました。
冷たさがなく親しみやすいと柳が好んだ素材です。

f:id:tanazashi:20210508143709p:plain

壁紙も葛の糸で織られた葛布に変えました。
葛布を柳は展示に精細を加えると旧館の壁に使っていました。

f:id:tanazashi:20210508144028p:plain

今回新たに大きな展示ケースもつくられました。
米松の板を貼り合わせた展示台。
自然の素材に囲まれた空間は手仕事から生まれた工芸品にふさわしく見えます。

f:id:tanazashi:20210508144019p:plain

「懐古主義とかじゃなくって、こういう空間を新たに作って頂いて提示て来るって言う事は後ろ向きじゃなくてですね、ポジティブに考えていいと思うんですね。うちが持ってる所蔵品と非常に好相性が良くて、何かこういろんなこと教えてくれるんじゃないかなっていうふうに思ってます」

f:id:tanazashi:20210508144012p:plain

東京駒場の日本民芸館では改修を記念した名品展がご覧の会期で開催の予定です。



会場:日本民藝館

会期:2020年4月4日~6月27日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210508134918p:plain


 

 

松平不昧 生誕270年 茶の湯の美


東京丸の内出光美術館では茶の湯の名品が紹介されています。
江戸時代の豪商・鴻池家が所蔵していた茶釜です。
細かな、あられ紋。
ふっくらとした穏やかな姿です。
中国南宋時代に咸陽で作られた青磁の花生け。
焼き物を作る過程でできたヒビ・貫入の独特な趣が茶室で珍重されました。
公家五摂家の一つ近衛家が所蔵した茶道具です。
景色を愛でながら一服のお茶を楽しむ野点では携帯用の手前道具が使われることもありました。
それらを納めたこの箱には、螺鈿の装飾が施され、戸外での優雅な茶席を彷彿とさせます。
展覧会は江戸時代後期の大名茶人松平不昧にもスポットを当てています。
不昧は出雲国などを収めた松江藩の七代藩主。
名君としてまた自ら不昧流を始めた茶人として知られています。
不昧はまた茶道具など900点以上を収集したコレクターでもありました。
これはその目録です。
表具布の色や模様まで細かく記されています。
この雲州蔵帳で不昧は茶道具の名品を宝物、大名物、名物、並みなど七つのランクに格付けしています。
「今までは名物として大分類でしかなかったんですけれども、実際に不昧によって東山御物が宝物の部であるとか、それまでの名物が大名物であるとか、そういった形で位分けされることによって、実際にその後の人達っていうのは整理された作品を見ることができますので、新しく広くらい付けされたものというのは現在の価値基準にも繋がってるとおもいます」
不昧が常に格付けし自ら愛用したとされる本阿弥光悦の香炉。
すすきの中に佇む一羽のうさぎ。
白泥と錆絵で表現されています。
ヘラで大胆に面取りされ、光悦の独特な造形感覚が伺われます。
中興名物に格付けした染付の茶碗。
不昧が心酔した小堀遠州が持っていた品です。
遠州は江戸初期の大名茶人綺麗さびという独自の美意識で知られています。
こちらは不昧が最も高く評価した宝物の逸品。
中国からもたらされた山水画
《山市晴嵐図》です。
室町時代足利将軍家に所蔵された東山御物の一つです。
墨の濃淡で奥行きのある山並みや大気の動きを繊細に表しています。
この展覧会は5月30日まで。現在休館中です。



会場:出光美術館

会期:2020年4月13日~5月30日※4/27- 臨時休館

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「生誕100年 回顧展 石本正」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210508125856p:plain

 

生誕100年 回顧展 石本正


島根県立美術館では2015年に亡くなった日本画家石本正の回顧展が開かれています。

f:id:tanazashi:20210508125848p:plain

石本は日本画の革新を目指し戦後の新世代と注目されました。

f:id:tanazashi:20210508125842p:plain

木下順二の夕鶴の舞台に感動して描いた作品。
荒い絵の具を重ねたり表面を削ったり、それまでの日本画にはあまり見られなかった技法にも果敢に挑戦しました。

f:id:tanazashi:20210508125837p:plain

お茶屋の暖簾をくぐる舞子。

f:id:tanazashi:20210508125832p:plain

石本は舞子に観音仏の姿を重ねたと言います。

f:id:tanazashi:20210508125827p:plain

松江市島根県立美術館で5月24日まで。
その後ご覧の会場に巡回する予定です。



 

会場:島根県立美術館

会期:2020年4月2日~5月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「特別展 国宝燕子花図屏風-色彩の誘惑」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210508110004p:plain 

 

特別展 国宝燕子花図屏風-色彩の誘惑

f:id:tanazashi:20210508105950p:plain

国宝燕子花図屏風。
江戸時代に活躍した尾形光琳の作品です。
水辺に咲くカキツバタの花が躍動感あふれる筆使いで描かれています。
東京港区の根津美術館
燕子花図屏風の色に光を当てる展覧会です。
金箔が一面に貼られた豪華な大画面。

f:id:tanazashi:20210508105943p:plain

カキツバタに使われているのは緑と群青の岩絵具。
当時、群青は高価で手に入れにくい顔料でした。
青を厚く塗った花弁は圧倒的な存在感を放っています。

f:id:tanazashi:20210508105937p:plain

背景の金。
カキツバタの青と緑。
三つの色の効果が印象的な傑作です。

f:id:tanazashi:20210508105931p:plain

「燕子花図屏風は金地の画面に青の花、緑の葉を三色だけで描かれた作品なんですけれども、この作品カキツバタという花をテーマにしてるわけなので、三色には必然性があるんですが、しかしこの三色。実は美術の歴史を紐解いてみるといろんなイメージが託されていたことがわかったんですね。

f:id:tanazashi:20210508105919p:plain

青と金が使われた経典。
平安時代の陰持入経です。
紙は植物の藍で染めています。

f:id:tanazashi:20210508105913p:plain

仏教では青は仏が住む浄土を思わせる色でした。
また金は変わることなく輝き続けることから神秘性や継続性を表すとされていました。

f:id:tanazashi:20210508105906p:plain

緑が使われた鎌倉時代の作品。
奈良の春日大社の景観を描いています。
青い夜空に浮かぶ金色の仏。
その下に緑の木々が描かれています。

f:id:tanazashi:20210508105832p:plain

この緑には神宿る春日野の自然をたたえる思いが重ねられているようです。

f:id:tanazashi:20210508105825p:plain

室町時代の金屏風。
この作品の金色は宗教的というよりも装飾的に用いられています。
右端には春の筍。
そこから左へと順に四季の風景が描かれています。
四季が移ろっても竹は常に鮮やかな緑を保ちます。
常緑の竹は吉祥のモチーフでした。

f:id:tanazashi:20210508105816p:plain

この展覧会は5月16日まで。11日まで臨時休館の予定です。


 

会場:根津美術館

会期:2020年4月17日~5月16日※4/25-5/11 臨時休館

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「アーティストリレー 布施知子展『折り紙、その向こうへ』」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210508134458p:plain

 

松平不昧 生誕270年 茶の湯の美


東京丸の内出光美術館では茶の湯の名品が紹介されています。

f:id:tanazashi:20210508134451p:plain

江戸時代の豪商・鴻池家が所蔵していた茶釜です。
細かな、あられ紋。
ふっくらとした穏やかな姿です。

f:id:tanazashi:20210508134445p:plain

中国南宋時代に咸陽で作られた青磁の花生け。
焼き物を作る過程でできたヒビ・貫入の独特な趣が茶室で珍重されました。

f:id:tanazashi:20210508134436p:plain

公家五摂家の一つ近衛家が所蔵した茶道具です。

f:id:tanazashi:20210508134428p:plain

景色を愛でながら一服のお茶を楽しむ野点では携帯用の手前道具が使われることもありました。
それらを納めたこの箱には、螺鈿の装飾が施され、戸外での優雅な茶席を彷彿とさせます。

f:id:tanazashi:20210508134409p:plain

展覧会は江戸時代後期の大名茶人松平不昧にもスポットを当てています。

f:id:tanazashi:20210508134400p:plain

不昧は出雲国などを収めた松江藩の七代藩主。
名君としてまた自ら不昧流を始めた茶人として知られています。

f:id:tanazashi:20210508134352p:plain

不昧はまた茶道具など900点以上を収集したコレクターでもありました。

f:id:tanazashi:20210508134346p:plain

これはその目録です。

表具布の色や模様まで細かく記されています。

f:id:tanazashi:20210508134335p:plain

この雲州蔵帳で不昧は茶道具の名品を宝物、大名物、名物、並みなど七つのランクに格付けしています。

f:id:tanazashi:20210508134826p:plain

「今までは名物として大分類でしかなかったんですけれども、実際に不昧によって東山御物が宝物の部であるとか、それまでの名物が大名物であるとか、そういった形で位分けされることによって、実際にその後の人達っていうのは整理された作品を見ることができますので、新しく位付けされたものというのは現在の価値基準にも繋がってるとおもいます」

f:id:tanazashi:20210508134820p:plain

不昧が常に格付けし自ら愛用したとされる本阿弥光悦の香炉。

f:id:tanazashi:20210508134814p:plain

すすきの中に佇む一羽のうさぎ。
白泥と錆絵で表現されています。
ヘラで大胆に面取りされ、光悦の独特な造形感覚が伺われます。

f:id:tanazashi:20210508134806p:plain

中興名物に格付けした染付の茶碗。
不昧が心酔した小堀遠州が持っていた品です。
遠州は江戸初期の大名茶人。

綺麗さびという独自の美意識で知られています。

f:id:tanazashi:20210508134759p:plain

こちらは不昧が最も高く評価した宝物の逸品。
中国からもたらされた山水画。《山市晴嵐図》です。

f:id:tanazashi:20210508134753p:plain

室町時代足利将軍家に所蔵された東山御物の一つです。
墨の濃淡で奥行きのある山並みや大気の動きを繊細に表しています。

f:id:tanazashi:20210508134746p:plain


この展覧会は5月30日まで。現在休館中です。



会場:出光美術館

会期:2020年4月13日~5月30日※4/27- 臨時休館

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち 「炭屋旅館」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

麩屋町通にある老舗『炭屋旅館』。丁寧に使い込まれた築100年を超える建物は、深い味わいを醸しています。茶室に設えられた部屋、露地の造りをした庭…なぜ『炭屋』は一流の“茶の湯の宿”になったのか?宿に息づくもてなしの心とは?京都出身の佐々木蔵之介さんが『炭屋旅館』の美の真髄に迫ります。

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち 炭屋旅館

放送:2020年5月7日

 

 

 

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。