チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち 名建築タイムトリップ

f:id:tanazashi:20190818083026p:plain

自由学園明日館



 

エネルギッシュに変貌を遂げる町・池袋は、ひっそりと佇む名建築と未来へと繋ぐ最新建築がある、いわば芸術や文化の聖地。駅を中心とした半径1キロあまりに、雑司が谷旧宣教師館、自由学園明日館、サンシャイン60、豊島区新庁舎。明治、大正、昭和、平成を代表する名建築があるのです。今回はバンドマン時代によく池袋に来たというシシド・カフカさんが、名建築でタイムトリップ!建築家・隈研吾さんのインタビューも!

美の巨人たち 名建築タイムトリップ

放送:2019年8月25日

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「原三溪 美の理想郷を追い求めた男」

https://yokohama.art.museum/static/page/2456/17692/5cUCOrEZ6Z.jpg

 

秀吉ゆかりのお堂や三重の塔。横浜に古い名建築を集めた日本庭園がある。

実業家・原三溪が自邸に作った三溪園

5000点に及ぶ古美術のコレクターでもあった男の物語。

横浜の邸宅に夢のような庭園の風景をつくりあげた原三溪。

明治から昭和にかけ生糸貿易で財をなした実業家である。

「美しいものは一人で楽しむのではなく皆で分かち合うもの」と庭園を無料公開。

絵画にも造詣が深かった三溪は、5000点に及ぶ古美術を収集。

ãå­éæçåãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

国宝「孔雀明王像」にまつわる興味深いエピソードも紹介する。

さらにパトロンとして新進の画家たちを物心両面から支援した三溪。

彼が目指した理想の美の世界を探る。

【ゲスト】武者小路千家 家元後嗣…千宗屋,造園家・ランドスケープ・アーキテクト…涌井雅之,横浜美術館副館長…柏木智雄,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

日曜美術館「原三溪 美の理想郷を追い求めた男」

放送日

2019年8月18日

プロローグ

日本を代表する港町横浜。その一角に昔と変わらぬ緑豊かな場所があります。四季折々の自然の中に歴史ある名建築を散りばめた三渓園。一人の男が自らの邸宅に20年もの歳月をかけて完成させた日の理想郷です。原三渓。明治から大正にかけて生糸貿易で財を成した実業家でした。こだわりぬいて集めた瀟洒な建物が風景の中に溶け込みます。三渓が庭園作りとともに心血を注いだのが古美術の収集。コレクションの中には日本美術の至宝が数多くあります。平安時代に描かれた孔雀明王像。35歳の時、破格の高値で手に入れ世間を驚かせました。後に国宝となり仏画の最高峰に位置づけられました。コレクションの数は5000点。いずれ理想の美術館を作ることを夢見ていたと言われています。さらにパトロンとして日本の美術界を担う画家たちを物心両面で支援しました。その思いに応えるように次々と名作が生まれます。近代化の波が押し寄せた時代、日本の原風景を探すように美しき世界を作り上げた原三渓。知られざる物語に迫ります。

三渓とは

三渓が作り上げた夢のような庭園。園内をめぐっていくと17もの名建築が現れます。古くは室町時代から桃山、江戸。その多くが重要文化財に指定されています。原三渓が最初に移築したのが豊臣秀吉ゆかりの建物でした。秀吉が母、大政所の病が癒えたことを喜び建立した小さなお堂です。その装飾には桃山時代の華麗な細工が施されています。極楽浄土にいるという人の姿をした鳥、迦陵頻伽(かりょうびんが)。このお堂だけでなく多くの建物が京都や鎌倉などから移築されました。原三渓は江戸が明治となった年に岐阜で生まれました。母方の祖父は高橋杏村という優れた南画家。その影響で原三渓も子供の頃から絵を学びました。16歳の作品です。美への探究心は既に芽生えていたようです。しかしその後は東京専門学校、後の早稲田大学に進み政治や法律を学びました。25歳の時横浜一の生糸商、原家の婿養子となります。近代的な経営手腕で事業を拡大させ、やがて日本一の富岡製糸場を経営。海外に支店を出し世界に向けてビジネスを展開しました。その潤沢な資金を投入して、明治35年から20年の歳月をかけて作り上げた三渓園。自らも大きな茅葺の田舎家を建てて暮らしていました。なぜ三渓は古い建物に心惹かれたのでしょうか。園内を行くとひなびた寺に出会います。駆け込み寺として知られる鎌倉の尼寺東慶寺。鎌倉では鶴岡八幡宮円覚寺に次いで3番目に勢力のあった寺でした。しかし三渓が貰い受けた時、仏殿は雨漏りがするほど荒れていたといいます。それは歴史の大きな変革によってもたらされました。明治の初め廃仏毀釈の嵐が吹き荒れます。神道を推し進める明治政府は、仏教を排除するため仏像や仏具、お堂などを破壊。寺は受難の時代を迎えます。三渓は捨てられていく建物を守ろうとしたのです。そこには幼い頃の強烈な記憶があったからだと言われています。三渓のふるさと岐阜。母方の実家近くにあったのが由緒のある日吉神社。境内には三重塔が天を突き刺すように立っています。この三重塔も廃仏毀釈の標的になりました。神社に三重塔があるのはおかしいと打ちこわしの命が下ったのです。心の拠り所だった塔を守ろうと村人たちは大胆な方法を考えます。「國の命令。それに逆らうというのもおかしいですが、三重塔に覆いをかけて、ただ今壊しておりますということを視察に来られた方に見ていただいて、視察が終わりましたらまたそれを取り除いて三重塔をそのままにしてあったと聴いております」塔を壊しているように装い、党を守ったという話は幼い三渓の心にも深く刻まれていたのです。三渓園の小高い丘に凛と佇む三重塔。造園を始めて12年目。三渓は京都の旧東明寺でこの美しい塔を見つけ移築しました。三渓の美の理想郷そのシンボルです。明治39年。庭園の入り口にはこんな看板が掲げられました。遊覧ご随意に。三渓は庭園を無料で開放したのです。噂を聞いて夏目漱石芥川龍之介も訪れたと言います。美しいものは一人で楽しむのではなく皆で分かち合うもの。三渓の生涯変わらぬ信念でした。 

スタジオ

 

庭屋一如

実業家としてだけでなく高名な茶人としても知られた原三渓。その美意識を結集した風雅な建物があります。聴秋閣。千さんが訪ねました。徳川家光が京都二条城に建て、後に春日局が賜ったという歴史を刻んでいます。原三渓は移築に際し、ざわざここに水を流しせせらぎを作りました。自然な流れになるように水底の石組みや踏み石など一つ一つ選んで配置しました・「この空間を作られてるわけですけれども、流れの中に佇んでる様子を見てるとまるで水の上に浮かぶ屋形船がそのまま建築になった、そんな印象を感じています」風景を建物に取り込みたいと考えた三渓は二階の火灯窓の中心に三重塔がピタリと収まるよう緻密に計算して移築しました。「中に入ってみると茶室というよりは、東屋という感じで、自然との一体感というものが感じられる建物だと思いますね。建物の中にいながらこの自然の中に身を置いて自然と一体となる。自然を楽しむというそういうコンセプトの建物だと思います。あたかもこの場所にも300年ずっと佇んでるかのような落ち着きとたたずまいを見せてますけれども、そこが見事だなと思うんです」秋になると三渓が植えた紅葉が周囲をつつみます。錦織なす一服の絵画のようです。

スタジオ


コレクター原三渓

美の理想郷に佇む原三渓三渓はまた古美術品の大コレクターでもありました。三渓園の一角にはこんな建物があります。大正時代にはまだ珍しかったコンクリートで作られた堅固な蔵。鉄の扉には尊敬自身の筆で国華の文字。国華とは国の誇りという意味があります。ここには三渓が長年にわたって収集した国華の名に恥じない古美術品の数々がしまわれていました。20代の半ばから集め始めた名品。茶道具をはじめ絵画や彫刻など多岐に渡りました。美術コレクターとして三渓の名を一躍世に知らしめた1枚があります。後に国宝となった孔雀明王像。災いや煩悩を取り去るという孔雀に乗った明王平安時代仏画の傑作です。孔雀の羽は青や緑の深い色彩で濃密に描かれ、身にまとう衣や胸飾りには金泥や金箔を細く切って貼った切金文様が散りばめられています。元々所有していたのは明治の元老井上馨。古美術の収集家としても知られていました。35歳の三渓は目を奪われました。仏画が100円ほどで手に入った時代、井上は1万円という法外な値段をふっかけます。しかし三渓は迷うことなく大金を工面し手に入れました。幼い頃から上質な美術に触れてきた三渓。そこで養われた審美眼で次々と名品をとらえていきます。《寝覚物語絵巻》更級日記の作者、菅原孝標の娘が書いた夜半の寝覚を絵巻にしたものです。平安時代の波乱に満ちた女性の生涯が華麗に描かれています。金や銀の砂子や切箔を散らし、優美に描かれた物語絵巻。王朝文化を今に伝える銘品としてのちに国宝に指定されました。三渓が記録した古美術品の目録です。購入した値段と品物が書かれています。コレクションはおよそ5000点ありました。いつかは美術館を建てたい。そんな夢もあったと言われています。銘品揃いの三渓のコレクション見たいという人は後を絶ちませんでした。三渓も快く受け入れていました。三渓園を訪れた人が書き残した芳名帳。海を越えて様々な国の人がやってきたことがわかります。三渓園に半世紀以上を勤めた川端留治さん。三渓のもてなしの流儀を聴き伝えてきました。
 

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会

横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション | 開催中の展覧会・予告 | 展覧会 | 横浜美術館

新美の巨人たち 『仁和寺・障壁画』

ãä»å寺ã»éå£ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

数々の秘宝を有する世界遺産仁和寺』。代々、皇族が住職を務めてきた由緒ある寺の観音堂の内部が、373年の時を経て初公開され、須弥壇を囲む30体以上の観音様が描かれた障壁画が公開されました。そこはまさに観音づくしの空間!ところが障壁画には不思議な部分が。タッチがすべてバラバラな上、あり得ないモノを持つ観音様…絵を手掛けた無名の絵師はなぜこんな壁画を描いたのか?
女優とよた真帆さんが、絵師が仕掛けた謎をひも解きます。

美の巨人たち 『仁和寺・障壁画』

放送:2019年8月17日

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

デザイン トークス+(プラス)「デジタル」

 

 

今、私たちは膨大なデジタル情報の中で暮らしています。IT技術が生活を様変わりさせ、人工知能の進化や、デジタルデータを立体造形できる3Dプリンターなどによって、ものづくりの環境も激変しています。今回はゲストに建築家の豊田啓介さんを迎え、アナログとデジタルという対立的な発想を超えて、デジタルが空気のように存在する世界の新たなデザインを探求します

【出演】建築家…豊田啓介,【キャスター】アンドレア・ポンピリオ,シャウラ,【語り】秀島史香

デザイン トークス+(プラス)「デジタル」

放送:2019年8月13日 

 

見逃したNHKの番組は動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見ることができます。NHKの全チャンネルから最新の番組が視聴できる「見放題パック*1」は月額972円で配信期間中なら何回でも視聴できます。

f:id:tanazashi:20180904202601p:plain

契約するならば動画配信サービスU-NEXtがお得です。毎月付与されるU-NEXtポイントポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)が使えるので実質割引で視聴できます。

NHKオンデマンドを観るなら | U-NEXT

*1:二種類あるのでご注意

新美の巨人たち 『旧開智学校校舎』

 

長野県松本市にある『旧開智学校校舎』は明治9年に建てられた木造二階建ての建物。今年、国宝に指定されることが決まりました。圧巻は車寄せのエントランスの造形。見事な中国風の龍の彫刻。鮮やかなブルーに塗られたバルコニー。さらに寺のような唐破風の屋根。世界中の様式が凝縮したような不思議な造形。しかも学校名が入った標札の両端を抱えているのは可愛らしい天使。
この摩訶不思議な小学校を建てたのは、地元の大工の棟梁、立石清重。ほんの少し前まで江戸時代を生きてきた男です。彼は見たことも建てたこともない西洋風の建物をいかにして建てたのか?東京の西洋風建築を見てまわり、それをヒントにしてとんでもない建築様式を作り上げてしまったというのですが、果たしてそれは?
一風変わったこの建物に隠された驚くべき知恵、技、美に迫るのは、又吉直樹さん。文明開化の驚きのパワーを目撃します。
女優とよた真帆さんが、絵師が仕掛けた謎をひも解きます。

美の巨人たち 『旧開智学校校舎』

放送:2019年8月10日

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「日本の素朴絵 ―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190801231336p:plain

日本の素朴絵 ―ゆるい、かわいい、たのしい美術―

 

日本の素朴絵
―ゆるい、かわいい、たのしい美術―

f:id:tanazashi:20190804202943p:plain

なんともゆるいゆるキャラの猫。

f:id:tanazashi:20190804202958p:plain

緩やかなタッチで描かれた楽しい絵が大集合。

f:id:tanazashi:20190804203059p:plain

日本の素朴絵の展覧会が東京三井記念美術館で開かれています。

f:id:tanazashi:20190804203024p:plain

矢島新さん

「今回の展覧会のタイトルがゆるくゆるいかわいい楽しい美術といたしました。日本の中にずっとそういう素朴な造形があったと思うんですけども、それに改めて光を当てたいと思ったしだいです」

f:id:tanazashi:20190804203305p:plain

ルーツをたどると室町時代、こうした絵巻の中に愛らしい素朴絵がありました。

f:id:tanazashi:20190804203339p:plain

これは出家した平清盛が港を作る物語。

f:id:tanazashi:20190804203357p:plain

当時は無名の絵師の手によるものが多かったと言います。

f:id:tanazashi:20190804203417p:plain

でもこの素朴なタッチが読む者を引きつけました。

f:id:tanazashi:20190804203440p:plain

こちらは勝負事を描いた勝ち絵。

f:id:tanazashi:20190804203453p:plain

男たちが競っているのはなんとおならです。

f:id:tanazashi:20190804203511p:plain

江戸時代に入る頃には素朴な地獄絵が描かれるようになります。

f:id:tanazashi:20190804203157p:plain

本来なら恐ろしいはずのエンマ大王はコミカルに。

f:id:tanazashi:20190804203213p:plain

裁かれる側も脱力感たっぷりで地獄絵とは思えない仕上がりになっています。江戸時代中期になると高名な絵師や知識人による素朴絵が誕生します。

f:id:tanazashi:20190804203233p:plain

こちらは琳派を代表する尾形光琳の竹虎図。優れた書き手が素朴絵を意識的に描くことによって素朴絵の世界は格段に豊かさを増していくことになりました。

f:id:tanazashi:20190804203140p:plain

素朴絵の魅力がいっぱい詰まった展覧会。9月1日まで。

 

会場:三井記念美術館

会期:2019年7月6日~9月1日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「よみがえる美の力~室町将軍の文化戦略~」

f:id:tanazashi:20190728230108p:plain

 

応仁の乱、戦国の動乱と戦火が絶えなかった室町時代

だが近年、将軍たちが国の安定のため「美」の力をしたたかに利用していたことが注目されている。知られざる戦略とは?

室町幕府に最盛期をもたらした三代・義満の肖像画に奇妙な賛が残されていた。

美に溺れ宋王朝を滅ぼした亡国の天子・徽宗になぞらえていると言う。

いったいなぜ?近年の研究で、意外な真相が浮かんできた。

中国と正式な国交を結んだ義満の元には、宋代の名品の数々が集まった。その美を巧みに利用し、政治権力を強化していたのだ。

さらに、歴代将軍は中国伝来の名品に独自の美意識を付加。それが日本人の美意識の原点となっていった

【出演】九州国立博物館主任研究員…一瀬智,【司会】小野正嗣,【語り】中川緑

日曜美術館「よみがえる美の力~室町将軍の文化戦略~」

放送日

2019年8月4日

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会