チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

f:id:tanazashi:20190722160259p:plain

高畑勲



初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦した高畑は、その後つぎつぎにアニメーションにおける新しい表現を開拓していきました。70年代には、「アルプスの少女ハイジ」(1974年)、「赤毛のアン」(1979年)などのTV名作シリーズで、日常生活を丹念に描き出す手法を通して、冒険ファンタジーとは異なる豊かな人間ドラマの形を完成させます。80年代に入ると舞台を日本に移して、「じゃりン子チエ」(1981年)、「セロ弾きのゴーシュ」(1982年)、「火垂るの墓」(1988年)など、日本の風土や庶民生活のリアリティーを表現するとともに、日本人の戦中・戦後の歴史を再考するようなスケールの大きな作品を制作。遺作となった「かぐや姫の物語」(2013年)ではデジタル技術を駆使して手描きの線を活かした水彩画風の描法に挑み、従来のセル様式とは一線を画した表現上の革新を達成しました。

このように常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底して追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、他の制作者にも大きな影響を与えました。本展覧会では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密に迫ります。

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

2019年7月2二値~10月6日

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの | 東京国立近代美術館

自由研究55「気になってること検証せよ!スペシャル」

f:id:tanazashi:20190720193102p:plain

自由研究55「気になってること検証せよ!スペシャル」


今年もやります!自由研究55!
今回は「気になってること検証せよ!スペシャル」。
夏休みの山場「自由研究」。何をすればいいかお困りのあなたに、「普段気になっていること」を検証することで、自由研究にする方法を教えちゃいます!

「ちぢれ麺はスープがよく絡む は本当か?」
テントウムシの体重何グラム?」
「火を止めると急に湯気が出るのはなぜか」
など、日常に潜むちょっとした疑問を自由研究に発展させる情報が目白押し。
ロッチが声を演じる「海の家仮説」の新作や及川光博さんが歌う新曲「歩くの歌」も登場!
見どころ満載の25分間をお届けします。
お楽しみに!

 

自由研究55「気になってること検証せよ!スペシャル」

7月25日 (木)19:15~19:40放送

『自由研究55』は2017年夏にスタートしたEテレの夏季特集番組です。

例年と違って今年の放送時間帯は19時台と大躍進です。

クリエイター

「海の家仮説(19.7.16)」飯田千里(東京藝大学大学院映像研究科アニメーション専攻出身)

アニメーション作家飯田千里のページ - iidasenri.com

blog.kenfru.xyz

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

youtu.be

 

「野口哲哉展 鎧ノ中デ ー富山編ー」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190718213053p:plain



 

野口哲哉展
鎧ノ中デ ー富山編ー

f:id:tanazashi:20190718213107p:plain


侍が一人ぽつんと戦の後でしょうか。着ている鎧兜は実にリアル。樹脂や布地アクリル素材を使い全て手作り。

f:id:tanazashi:20190718213120p:plain

そして侍の表情はどこか疲れも見える。見る人を虜にするのが時空を越えてやって来た侍たちの不思議な姿。

f:id:tanazashi:20190718213146p:plain

独特の立体作品で今人気を集めている野口哲也の展覧会です。

f:id:tanazashi:20190718213200p:plain

この侍は兜の代わりに何とヘッドフォンをつけています。

f:id:tanazashi:20190718213215p:plain

右手を耳に添え、思わず緩んでしまった口元。一体何の曲を聴いているのでしょうか。

f:id:tanazashi:20190718213229p:plain

鎧の胴には猿の姿。誰にも邪魔されたくない一人の時間です。

f:id:tanazashi:20190718213241p:plain

野口が表現するのは勇ましい侍の姿だけではありません。

f:id:tanazashi:20190718213258p:plain

時に傷つき泣いたり笑ったり。ひとたび甲冑を脱げば現代人と変わらない姿がそこにあります。

f:id:tanazashi:20190718213312p:plain

野口が今回の展覧会のために新たに手がけた作品があります。

f:id:tanazashi:20190718213334p:plain

遠くを見つめる侍。その背中には翼が生えています。

f:id:tanazashi:20190718213347p:plain

しかしそれは安っぽいダンボール。チープウィングです。

f:id:tanazashi:20190718213038p:plain

野口は子供の頃に夢見たチープウィングで現実世界を駆け回ろうとしているのです。

f:id:tanazashi:20190718213022p:plain

この展覧会は富山市の森記念秋水美術館で8月25日まで。 

会場:森記念秋水美術館

会期:2019年6月8日~8月25日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「これぞ黄金の国・日本 金屏風展 −狩野派・長谷川派・琳派など−」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190718212011p:plain



 

これぞ黄金の国・日本 金屏風展
狩野派・長谷川派・琳派など−

f:id:tanazashi:20190718211848p:plain
美しい羽を誇るかのような孔雀。大きさの象徴として描かれています。

f:id:tanazashi:20190718211903p:plain

江戸幕府の御用絵師として知られる狩野派が手がけた金屏風です。咲き誇る桜。右隻には春の風景。

f:id:tanazashi:20190718211925p:plain

左隻には菊や萩など秋が。桃山時代以降大名たちは華やかな金屏風で邸宅や儀式の席を飾りました。桃山時代から昭和初期までの金屏風が一同に揃う展覧会です。

f:id:tanazashi:20190718212030p:plain

「小さくたたんで大きく広げられるというとても便利な調度品であるというのが一番基本にあるところですね。

f:id:tanazashi:20190718212048p:plain

立体になりますのでどちらが手前でどちらの送りになるかでそれを踏まえて絵を構成しなければならない。同じ金箔を貼れられていましても、見る場所によって光の反射の仕方、金の色味の違いが生じていてとても面白く見ていただけると思います」

f:id:tanazashi:20190718212107p:plain

孫の誕生に両手をあげて喜ぶ平清盛

f:id:tanazashi:20190718212146p:plain

平家物語を描いた屏風です。

f:id:tanazashi:20190718212502p:plain

金色の雲で区切り全12巻から選んだ名場面をダイナミックに配置しました。

f:id:tanazashi:20190718212447p:plain

この屏風には金の様々な表現も見ることができます。

f:id:tanazashi:20190718212433p:plain

雲は盛り上げた顔料の上に金箔を貼り、何とも立体的。

f:id:tanazashi:20190718212420p:plain

細かく切った金箔を無数に散らした部分も。

f:id:tanazashi:20190718212402p:plain

絵師たちは金を巧みに操り、屏風を彩りました。平和の時代が続くと金の使い方や表現もより優美なものとなっていきます。

f:id:tanazashi:20190718212342p:plain

江戸時代後期の作品です。右隻にはうららかな春の野辺、

左隻には涼しげな秋の水辺の景色が描かれています。

f:id:tanazashi:20190718212324p:plain

画面の主役は金粉で表現されたかすみ。色味の異なる2種類の金がやわらかな光を感じさせます。

f:id:tanazashi:20190718212305p:plain

明るく華やかなかきつばた。

f:id:tanazashi:20190718212251p:plain

図案家としても活躍した神坂雪佳が描いたのは琳派の得意とした課題です。

f:id:tanazashi:20190718212238p:plain

絹地に金箔や銀箔を施すことでしっとりとした光沢が生まれました。

f:id:tanazashi:20190718212222p:plain

神奈川県箱根町の岡田美術館で9月29日まで。

 

会場:岡田美術館

会期:2019年4月6日~9月29日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190718204312p:plain



 

黄昏の絵画たち
近代絵画に描かれた夕日・夕景

f:id:tanazashi:20190718204300p:plain


フランスの画家ミレーが描いた羊飼い。夕日を背に佇む姿はどこか宗教的な雰囲気を感じさせます。夕日や夕景を描いた作品を集めた展覧会です。

f:id:tanazashi:20190718204326p:plain

ピサロの描いたセーヌ川の夕景です。夕日に染まった空。いくつもの色を繊細な筆使いで重ね、やわらかな光を表しています。

f:id:tanazashi:20190718204336p:plain

明治時代西洋画に取り組む日本人にとって夕景は光の演出を学ぶ良い題材でした。高橋由一も雲や海に浮かぶ船を豊かな陰影でとらえました。手前に船を大きく配する構図は日本の浮世絵の美意識を受け継いでいます。

f:id:tanazashi:20190718204353p:plain

ファイニンガーは夕景をキュビスムの手法でが来ました。定規で引いた線で拡散する光の輝きを表しています。夕景は古今東西の画家達を魅了してやみません。

f:id:tanazashi:20190718204404p:plain

甲府市山梨県立美術館で8月25日までその後ご覧の会場を巡回します。

 

会場:山梨県立美術館

会期:2019年6月22日~8月25日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち 長谷寺

f:id:tanazashi:20190715201722p:plain

長谷寺

 

霊験の宿る場所と言われてきた奈良県長谷寺』。かつては紫式部清少納言といった著名人たちも訪れたといいます。重要文化財の登廊。そこから直結する本堂。10mもの高さを誇る十一面観音立像。懸造の舞台から広がる美しい景色。創建から1300年…なぜ奈良の山間にこれほど豪華な巨大伽藍がそびえるのか?そこには今も参拝者を魅了してやまない数々の仕掛けがあったのです。建物好きの貫地谷しほりさんが驚きの謎に遭遇します。

美の巨人たち 長谷寺

放送:2019年7月20日

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「にほん 美の地図~岡山~」

f:id:tanazashi:20190714235716p:plain

日曜美術館「にほん 美の地図~岡山~」



 

地域のアートスポットを紹介するシリーズ・にほん美の地図。今回は岡山県。地元出身の落語家・春風亭昇吉さんが土地に関わりの深いアートを通じ、岡山の魅力を再発見する。

岡山県出身の落語家・春風亭昇吉さんがまず訪ねたのは、瀬戸内海に面した笠岡市。小野竹喬が描いた深い輝きを放つ海の色のひみつを探る。続いて、中国山地の麓にある奈義町現代美術館へ。音が反響する空間や、昼と夜でまったく印象の異なる展示室など、不思議な現代アートを体感する。最後に備前焼のふるさと伊部へ。昔ながらの窯にこだわる人間国宝・伊勢崎淳さんの「伝統は生きて流れ、自分につながる」と語る言葉に耳を傾ける。

【出演】落語家…春風亭昇吉,笠岡市立竹喬美術館館長…上薗四郎,日本画家…森山知己,奈義町現代美術館館長…岸本和明,陶芸家…伊勢崎淳,【語り】柴田祐規子

日曜美術館「にほん 美の地図~岡山~」

放送日

2019年7月21日

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会