チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「クラスター2020~NY 美術家 松山智一の戦い~」

 

f:id:tanazashi:20210228192001p:plain

 

「俺にピカソのような才能はない」。

松山智一は20代で渡米後、日本人中心の勤勉なチームを作り、アートの最前線を駆け上がってきた。

2020年は、新宿駅前と明治神宮での大きなプロジェクトを控え、凱旋帰国の年のはずだった。

だが滞在中、新型ウイルスの拡大とともに、多数のプロジェクトが中断。

自分のチームも、崩壊の危機に陥ってしまう。

コロナ禍でのアーティスト人生をかけた、激動の300日に密着した。

【出演】【美術家】松山智一,【語り】柴田祐規子

 f:id:tanazashi:20210214172643p:plain

 

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 **

 

日曜美術館クラスター2020~NY 美術家 松山智一の戦い~」

放送日

2021年2月21日

 

取材先など

 

f:id:tanazashi:20210221191025p:plain

「(相手に)届けないと作品って成立しなくって、それが届かないことには芸術って自分で勝手に高めているだけで、言ってしまえばゴミなわけですよ。美術館に行く事ってわざわざ行かないといけないんでしょ。だったら不特定多数の人にアートを体験してもらうことって、美術館に行ってピカソゴッホを見に行くのとなんら変わりらないんですよ」

f:id:tanazashi:20210221191039p:plain

ニューヨーク。ソーホーにあるバワリー壁画。

f:id:tanazashi:20210221191049p:plain

現代アートの本場で認められた者だけが描くことを許されます。

f:id:tanazashi:20210221191101p:plain

2019年選ばれたのは、新鋭の松山智一。

壁画は大きな話題となり

f:id:tanazashi:20210221191113p:plain

NBCやフォックスなどテレビでも取り上げられました。

「松山は期待の新星です。これからますます輝いていくでしょう。なぜなら彼は新しいスタイルを生み出しづつけているのです」

去年の夏、松山は新宿駅前の広場をアートで一変させました。

f:id:tanazashi:20210221191743p:plain

「どういう顔がいいのか。悩みまくって顔だけで200個以上作ったんですよ。横顔的なのにしようとか、ちょっと女性らしくするのかとか、お花にしてみようとか。こういう巨大なモニュメントって日本にないし、既視感がないものを作らないと、世界各国から来た人に「何これ、見たことない」みんなが入れる間口を作ることがアートができることなので」

f:id:tanazashi:20210221191733p:plain

「鏡面仕上げの彫刻なんですよ。1日の時間帯によって表情がガラッと変わるんです。

f:id:tanazashi:20210228192059p:plain

夜になればこの辺につくネオンが映しこまれてキンキラキンの彫刻が夜になると色を帯びるんですよ。本当にその街を写し込むから、見てる人も、鑑賞者も映しこむんです。オーバーな言い方すると自分の作品の一部になるんで」

 

f:id:tanazashi:20210228192046p:plain

 

松山さんにとってニューヨークってどんな感じの街ですか。

「あれよりチャンスが平等にある街ってないんですよ。目的ある人しか住めないんですよ。僕も19年間いてまだ居心地良くないんですね。ニューヨークって居ると疲れて早く出たいと思うんですが、離れた瞬間に早く帰らなきゃ帰らなきゃでないと、乗り遅れるんじゃないかっていう、それがニューヨークの持ってるひとつの魔力というか」

f:id:tanazashi:20210228192453p:plain

ウォーホルにバスキア

現代アートの最先端を走るニューヨーク。

ここで成功することは世界で成功するということ。

f:id:tanazashi:20210228192504p:plain

「一般的な芸術家のイメージしてずっとタバコ吸ってて、朝ゲホゲホ起きて、コーヒーとかでごまかして、で、なんとなく遅い午前2時が始まるみたいな、てんじゃないですね。体力作り、体づくりがいい作品作るって直結してるの」

f:id:tanazashi:20210228192415p:plain

スタジオは築150年のビルの最上階。

f:id:tanazashi:20210228192440p:plain

「呼吸を整える程度の感じで見ると、本当にこのパフォーマンスがちょっとずつ変わるっての積み重ねで。組織運営の仕方がわからない。法律の勉強もしないといけない。

f:id:tanazashi:20210228192405p:plain

チームとして大きくなって、やりたいことできるようになるそうすると自分対する負荷が大きくなるんで、こういうブレインフィットネスとか、睡眠とか、感情をコントロール。そうです。やっぱり今度それをぶつけるとスタッフにストレスになるじゃないですか。持ってないスキルをつけてくってだけで」

f:id:tanazashi:20210228192828p:plain

スタッフは成功を夢見てやってきた10名の若者たちです。

f:id:tanazashi:20210228192820p:plain

「僕の作品はすごくきめ細かいのと。スタジオがあれると作品も汚れ出すんですよ。だから、朝掃除で始まって最後スタジオ掃除で終わるんですけど、几帳面な人が多いほうが作品のクオリティが上がるってのがスタジオから一緒してくれてることなので」

 

f:id:tanazashi:20210228192812p:plain

上海の有名美術館から前回のオファーが来ました。

f:id:tanazashi:20210228192803p:plain

実現すれば世界的なアーティストへの足がかりとなる大きなチャンス。

f:id:tanazashi:20210228192755p:plain

「アートシーンに置いて上海っていう場所は、確実に次の芸術首都になるんです。

f:id:tanazashi:20210228192747p:plain

f:id:tanazashi:20210228192740p:plain

10年間で20以上の美術館が開館して、世界中の有数の美術館が提携しだしているんです」

f:id:tanazashi:20210228192949p:plain

ここ数年急速に世界で評価を高めている松山のアート。

f:id:tanazashi:20210228193002p:plain

騎馬像を描いたシリーズは松山の代表作です。

f:id:tanazashi:20210228192940p:plain

ナポレオン像など権威の象徴として描かれてきた騎馬像。

松山はポップな色彩でそのイメージを覆しました。

 

f:id:tanazashi:20210221201137p:plain

フィクショナルランドスケープ

架空の風景と名付けられたシリーズ。

f:id:tanazashi:20210228193649p:plain

「いろんな時代のイメージ、図象とかを集めてるんです。スタジオにいろんな雑誌のソースがあるんですね。

f:id:tanazashi:20210228193640p:plain

ちょっとヨーロピアン調のインテリア雑誌のパーツから抜いたインテリアに、グーグルで見つかる佇んでいる女性を置いてみて、そこに日本的な古来からある柄だったり、動物っていうのを

f:id:tanazashi:20210228193627p:plain

ちょっとマッシュアップするっていうか、ちょっと景色が広がってきて、そのフィクションの中にみんなが自己投影をして物語を構築した新しい一つ絵ができるんじゃないのかなと思って作ってる感じ」

f:id:tanazashi:20210228193857p:plain

制作に半年以上をかけたという幅6メートル越す大作です。

桜と藤が同時に咲き乱れ、鳥が飛び交う不思議な世界。

そこに二人の若者。どうやら手紙をやりとりしているようです。

ネット空間で見ず知らずの者同士が出会う今の時代。

f:id:tanazashi:20210228193847p:plain

f:id:tanazashi:20210228194059p:plain

 

f:id:tanazashi:20210228194047p:plain

アメリカを代表する美術館の一つ。

ロサンゼルスカウンティ美術館

長年日本美術を研究してきたポリス・グッタルさんです。

松山の作品を高く評価し、美術館として作品をコレクションしました。

f:id:tanazashi:20210228194414p:plain

「彼の抽象画を見ると、まるで渋谷のスクランブル交差点にいるような感覚になります。

f:id:tanazashi:20210228194405p:plain

私は絵の前で立ち尽くし動けなくなりました。

おやすみ仙台アロマキャンドル渋谷区斡旋ライブ9月10月1日

「アジア人は色を使うのが下手っていう認識が絵の世界共通にあるんですよね。例えばこういう色って何とも言えない中間色なんですよ。明るさで言うと真ん中ぐらい。なかなかその欧米健の画家って使わないんです。色が一つの言語となってそれを追求してた時にいろんなシステムができて、行けてなくも全てうちのスタジオで朝食するんですけれど

一番あるのが紫なんですけど。それをずっと使ってるともっともっと色数が増えてくっていうシステムにはなってるんですよ。

それさあないように見えて全部さがあるん

ですよこれでこれでも足らないから色が足されてるんですね」

今まで作ったオリジナルの色は五千以上。

「ニューヨークで最初見たときは和ぽいねと言われた時に、東京の友達に「ポップだね」って言われたときに、そこに自分のアイデンティティみたいものが勝手に出ててるんだっていう発見があるんですよ」

「うちの作品一枚時間がかかるんですよ。工程ごとに全部何時間かかったかっていうのと、目標設定時間をつくるんですけど、今こういうような絵だと268時間。労働時間に換算すると35.7日間かかるんですよ。週5日で割るとにヶ月ぐらいかかるんです。効率を図るためにこういう時間を計る。これが僕の作品を作る上ですごく必要となるものなんです」

仕事終わりにはスタッフの描いた作品指導もします。

「値段訊いていい。買いたい心理と売りたい心理が全部統一して作品になるから」

「値段はそんなに高くないんです。これがデカくて2000。次に大きいサイズが1800。でみんなに聞いたらめちゃくちゃ安いと言われたんです」

f:id:tanazashi:20210228200019p:plain

「でもみんなに安いってのも、その見解は、俺から言うとリアルの情報じゃない気がするのよ。だってそういうの素人の周りの人間でしょ。友達に意見聞くな。本当に。経験値のない友達に聞いても、それってキズのなめ合いだから。生きるか死ぬかでオレら絵描いている時に、生きるか死ぬかで生きていない人に意見聞くほど無駄なことないんだよ。マジで俺ら」

松山は十代から二十代前半、スノーボードに熱中。

しかし23歳の時に大怪我をしてプロへの道を断念しました。

2002年。25歳の時にアメリカへ。

独学で画家を目指しました。

f:id:tanazashi:20210228200034p:plain

「ニューヨークに行ってブッシュウィックに住んで、ぎりぎりの生活をしていた。襲われたわけじゃないんですけど

それかなしってあのなんかあの子と行ったんですけど銃を4つ顔に突きつけられたんすよ」

隣人が強盗に金を渡した助けてくれました。

「今出ましたからそういうのに耐えかねて

みんなでてくんですよね。その翼であと続け

るっていうなんかそういう手間で作る意味があるのかって絶対見な考え病院変えても帰らなかったから帰らないと思ったからそれが出来ない不器用な人が結果的に10年15年やっとるけんにやって認められているようなら俺ですから」

*

 

*

去年3月。

松山は明治神宮創建百年を記念した彫刻を発表するために帰国しました。

なめらかな曲線を描くのは古くから神の使いとされてきた鹿の角。

角に引っかかっているのは煌びやかな車のホイール。

物欲が満たされることが大切なのか。

それとも精神的に満たされたいのか。

松山は人間の根源を問い直そうとしているのです。

 

ニューヨークがロックダウン。

松山はアメリカに戻れなくなりました。

「これが長期戦になるのか。そしたら下に

それを経営者としてからの生活をどう守るのかを一番に今考えてるから」

状況は悪化の一途を辿りました。

「しんどい。朝一でスタジオに行って、物を作るぞっていう環境の方がやっぱり精神衛生的に送ってそれがいかにこの状況下で幸せなことかっていうのを痛感しています」

5月。

松山は京都にある妻の実家に身を寄せていました。

「今日から新作を何か考えられないかなと思って」

向かったのは意外な場所。

大型の図書店です。

「僕が来る好きな理由があると困りますよね。ここに現代思想、哲学ですよね。ここに刑法民法の方が並んでる断片がバッと来られるやつがすごい好きなんですよ

でここで得たそのわけのわからなさを持って帰りたいんです」

ホテルの一室がスタジオがわり。

創作は集めた資料から湧き上がるイメージを言葉にすることから始まります。

「言葉を書くと断片がぼんやり形が出来てきます。文字が概念に変わる欠片っていうか。言葉なんか、もしかすると猛烈にダサい。なんか見せるの恥ずかしい。なんか自分の全裸を見せてる気分になるんですけど」

言葉のかけらからイメージしたものをスケッチ。

イデアが浮かぶまでこの作業が粘り強く繰り返されるのです。

「ものを作るとき、集めた情報がオリジナルになるっていうところを整理したんですよ

そこのところが一番苦しいところでで何かが見つかった時に

香港ポンプを目指されていたんです

ロックダウンは2週間から2ヶ月になっていても先行きがまた見えなくなった時になんか俺もこれらの条件店のなく即ライト持ってきてってこの場ように対してなんかこれプラス転換にしたいってテレビにベッドルームでできるって事挑戦してみようと思ったんですけど彼らのベッドルームを閉じようかできれば今彼らの生活を守れるとまそっから思って」

スタッフ達の小さなベッドルームをラジオにする

「もちろん若い子達によく噛む地獄かしてた一歩も外を出さないじゃないですか。画材を日本で買ってダンボールに入れてください全部送ってでキャンバスは自分が契約してる職人さんからまあ送ってもらえるようにしてそれでいいに全部財力と」

一枚のキャンバスは60CM四方にしました。

「まあ要はクラスター化するというものが

一つの大きな作になる

コロナ対策じゃなくてコロナ対策これ

実際にキャンバスのすべて

手書きの細い筆で会うと

lineしてるんですよ

まあここに黒い縁があってそこを際立た

せるために殺そうとしたのですけど

長い筆一階二階

3回ぐらいやって

初めて村内線になるんですけど、集中力必要なんですよ。正しくうちのスタジオで、この根性描きってるんですよ。超根性がきって言って今の時代に最も合わない言葉ですよね」

「そうなるから違うからなんかあ分かったりサイドが高かったりきつかったり

倒れももうちょっと工夫してみる。毎日毎日見てくと、あれちょっと今日遅いなぁと思う時は少し集中力欠けてるって事は精神的に不安定なのかなと思ったり、なんかすごい進んだなと思ってやっぱちょっと元気なのかなとか。自宅で個人で作ってるとやっぱりそうした浮き沈みっていうのは多少激しいと思うからコミュニケーション取りながらできればと」

 

 

ロックダウンは続いていました。

「テイクアウトOKにしてるんでしょ。テイクアウトして、その前の道端でみんなで飲み始めたんだけど」

「スタジオで改めて感じる。ニューヨークが死んだって」

今から制作のトップだってこの頃なら最中

在宅で作った作品の集荷をしようと思い

ブルックリンまで来ています

久しぶりですそれでお前どうでした

制作チーフのシュートは松山がいない間、ニューヨークでリモート制作の指導にあたっていました。

スタジオが閉鎖されていた2ヶ月分の給料渡します。

青森出身のコウキはニューヨークに来て1年目。

「どうでしたか

このにヶ月間

精神的に強い家からは全く出てないし

ここにお給料とお菓子が入っております。日本のお菓子です」

「すごい美味しかった」

「頑張れよ。頑張れよ」

「5月26日の午前10時半過ぎです。もう日本は非常事態が解けました。アメリカはまだまだ。植物の葉っぱがまた1枚落ちて言って寂しいです」

「あの最初来た時葉っぱ2枚だったんですよ。あの彼女と

こいつすごい自分が無理してあなたらしいスタジオに映った時に

突然育ちたしたんですよねちゃんと水あげてきますけど

後になんかそんなのまさきスタジオパパ守ったって言っても

自分が一番身近にあるものを守れないっていう

なんかスタジオは建物の最上階

何で鳥の鳴き声が聞こえたり

気持ちいい日なんですけれども

ちょっと今日から

一人でこのキナスタジオでを描こうかと

制作してなんぼの芸術家なので

絵を書こうと

思ってますロックダウンが続くニューヨークでは

スタッフがスタジオに出勤することは

許されていませんでした

あの今日はすごく細い顔を書く作業

ご作品ぐらいを同時進行にしていて

普段はじゅー人ぐらいいる環境で

一人で送ってのも

非常に新鮮な感じがあるのと同時にあの

やっぱりをかけることが嬉しいです

おはようございますさん

ヶ月ぶりに再開されたスタジオ自動さん

ヶ月ぶりのスタジオアリスお疲れ様

無理しないと皆で作れる人と喋れるのって

人と会える事って嬉しくなりました

上海の方は年内11月の予定を開くこの日

上海の展覧会が正式に

決まりました

あとにヶ月後に

これの説明が始まってるんですけど

足りないような

あのスケジュールでやってるんですね

今僕展覧会できるって

準備はある程度知ってるから

そのミュージアムですごい女の美術館で

誰かがキャンセルしてるから取れたのですよ

そこ狙ってたんですよロン

ミュージアム上海の最先端を走る美術館です

ここでの評価が松山の今後を大きく左右します

丁寧なのですごい敷地面積なんですよ

不眠不休ですって言ってるんですけど

今やらずして近沢レース

新型コロナの影響で帰国を決めるスタッフも

皆には入って

日本に帰ってるというか他

にひとまずしとくね

このままにじゅーはち日取って月曜日どの息子

すごい辛いけど

やっぱりちょっともらった子なんであんまりなの

そうなったってことに持ち込んじゃダメメルシー

この俺も何回もなってるから

一回実家に戻るってことも

それは選択だと思うから

じゃあ高級B級グルメ

いただきましょうメール届いてよかったよかった

スタッフが辞めることはすごくきついです

辛いですね高くなるんですよ

なんで海はなんで辞めるんだろうとか

どっか行って

できることを精一杯やって育った

子供が待って俺ですよね

極力自分の感情とか抑えるじゃなくて

コントロールする

ようにできるって言うことは

身につけないといけないことだったんですよ

じゅー名のスタッフのうち

ご名がスタジオを去りました

スタッフが在宅で描いた33枚を松山の仕上げます分かるんですよ

僕誰か誰かと皆の個性があるから

なんか見てる景色が筆を介して見えてきちゃう

あの時に僕ほら同格だから使う画材手ぬぐいかよ

ほとんど工務店になるようなものを自分なりに遊びながらやって

口にコップのこの正しかったでかすれたかも全部操作できるので

歯医者さんで出てくるようなコップをそれがあるに使っても

この暮らしたり走らせたりを掠れさせたりと

かみかさんが止まらないんですよ。

定義松本市鳥蔵頑張れよ

ここまでやってこれたので

まさかその年に

美術館で見せられると思わなかったね

書いてあるこれこれ多分こうきだよこれ

後期松山が緊急事態宣言下の京都で生み出した新作もよんともだいぶ前から

駆け出してたんですけどこれが作ってる最中に僕がロックダウンで持って来れなくなってそこで京都に行った時にその実際窓があって本当は外があるのに

リアリティが全部ここにあるみたいな

僕の日曜って

外の世界は

パソコンを介してみたじゃないですか

その何を持って

のリアリティなんだろうと僕

結構この頃何時に思ったんですが

これもあの僕の変な植物う上で

僕あんまりその誕生会にしたくないんですよ

私がなんかね

ちょっと僕が少しで出してるんですよね

きっとそういうのも

自分の気持ちには嘘つけないから

その重さがあったのか

なって言うさんまエクスプレッション

逆風の中もがき続けたどり着いた大舞台です

上海のアートシーンをリードするの

ミュージアム館長が松山を出迎えました

直接プレゼンテーションをすることに

この作品いいですか

少し説明させて頂いて

これの作品は僕はスタジオに10名のスタッフがいるんです。独断でみんな

家から出れなくなってしまってニューヨークはひどかったじゃないですか

観戦が僕の作品と技術はすごく独特なのでスタジオじゃないとこういう作品制作たのでそれまでできなかったんですね。ただまぁこういう未曾有の状況になったので新しいこと挑戦してもらうAmazonで請求書イギリス創味シャンタン

新作全てがコレクションに加えられました。

僕の作品をコレクションに入って欲しいと思いながら入ると

寂しいなって気持ちもあるけど、やっぱんですよね

作ってくれたみたいなのとはやっぱり違うと言うかなんか33枚並べて口に娘もあるを書いたスタッフいないわけですよね。なんかそうちょっとその後のやりそういうのがなんか辛いもの韓国は焼かれます

今のこの世界的な女性ってことが止まってるんじゃなくて

むしろ逆でもあるんですよ。

すごいスピード感なんですね。僕はそのスピード感っていうものをやっぱり

自分自身が自分自身でいるために落とした人に響くものを作りたい。その時代を捉えた作品をがむしゃらに救いたい。すごい小さな事なんですが

なんとしたから葉っぱが本当に生命の強さを感じてめちゃめちゃ嬉しいです

家のスタジアムスリム故障したけど頑張ります」

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち 神田明神

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

1300年もの歴史を刻んできた、東京都心に構える『神田明神』。江戸時代には江戸を守る総鎮守として多くの庶民が参拝。今は都内屈指のパワースポットとしても注目される美しい社です。そんな神社を襲った悲劇とは?都心に建つ役割を徹底的に考え抜き、工夫を重ね、常識を覆す社を作り上げた建築家の思いも明らかに!東京生まれ東京育ちの本仮屋ユイカさんが、歴史をたどりながら、都心に建つ神社ならではの“美の真髄”に迫ります。

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち 神田明神

放送:2021年2月20日

 

見渡す限りビルの立ち並ぶ東京の真ん中に美しい社があります。

東京千代田区外神田2丁目。

神田明神

創建から1300年。

江戸時代にお江戸を守る総鎮守となって以来、今も手を合わせる人が絶えません。

伝統的な神社建築の社殿。

この造形は麗しき曲線を描き目にも鮮やかな朱色で彩られています。

しかし美しい姿の裏に常識を覆す大きな秘密があるんです。

喋んの下に謎の地下道。

どこにつながる。

神社寄贈の絵巻物には。

今日は神田明神に秘められた都心に建つ神社ならではの美しさに迫ります。

 

 

御茶ノ水駅や秋葉原駅から歩いて10分。

神田明神は東京のど真ん中にあります。

訪れたのは美術館巡りが大好きという本仮屋ユイカさん。

「私東京生まれなんですけど、行ったことがなくてすごい今日楽しみです。東京の人に愛されてるってイメージですね。毎年たくさんの方が参拝されてるって言うのも聞いてるし東京の名所の一つであるとは思うんですけど」

大通り沿いの鳥居をくぐって参道へ

「すごいとっても綺麗。もっとシックなイメージをしてました」

総檜作りの壮麗な随神門が迎えてくれます。

1975年に再建されました。

門の両脇にいる神様を奉納したのは誰もが知る人物。

陳式の岸川さんが教えてくれました。

「こちらの松下幸之助さんが奉納されたものです。経営の神様とうたわれた松下幸之助です。神社の御祭神がこちらにあれなんですかね

すごい大きい高さ3.6メートル重さ30トンの大黒様

一個の御影石から作った大黒様としては日本一大きいとか。

商売繁盛のこちらにも御祭神が現代アートの作家が作った縁結びの神様。

仕事の縁もしっかり結んでくれるそう。

そもそも厄除けの神様として知られるあの平将門公祀る神田明神

商売繁盛仕事の縁を結びリスクは避ける

成功したいならぜひお参りしたい

千代田区は日本有数のビジネスタウン。

仕事始めはスーツ姿の皆さんが大勢手を合わせます。

では神々がお化けと向かいましょう。

いい気分ですね最高。お参りすると清々しいです。

朱色が鮮やかな伝統美あふれる喋ん黄金色に輝く装飾と華やかな文様。

そして空に大きく広げた緑青色の屋根。

昭和9年に竣工され、国の有形文化財にもなった貴重な建物

でこの社殿は手前に入れん

奥に神を祀る本殿をつなげた権現造りという古式ゆかしい神社建築ですが、実は大きな秘密が隠されていました。

よろしくお願いします。

東京工業大学名誉教授の藤岡洋保先生に教えてもらいます。

この神社はこの辺にある普通と神社とちょっと違うところがあるんですけれどもその違いがわかるでしょうか。

ヒントはこちらの柱にあります。

触ってみてください。

何秋じゃないじゃない意見木造に全体見えるんですけれど実は全部鉄骨。

鉄筋コンクリートという構造でできた古の情緒漂う

このしゃべん木造のように見えている姿はなんとすべてが鉄骨。

鉄筋コンクリート

社殿を支える柱その柱と柱をつなぐ海老虹梁

どう見ても木組に思える屋根の裏側までとことんコンクリート製。

そして社殿内部もコンクリートで出来てるの木造に見えちゃうコンクリートを巧みに使って木造建築の風合い予定にして再現しているので

それにしてもいったいなぜ木造にせず、わざわざ木造風のコンクリート建築にしたのでしょうか。

そこには歴史の悲劇が深く関わって今

条件は1300年ほど前に遡るという

神田明神下の徳川家康が天下分け目の関ヶ原の合戦を前にこの神社で勝利を祈願します

戦に勝ち天下統一を果たして以来、神田明神は江戸を守る鎮守となったのです。

日本三大祭りの一つとして有名な神田祭の江戸時代から続く神田明神の祭礼です。

当時の盛り上がりのをはるかに凌ぐものだったそうで

その様子を克明に描いた貴重な品が神田明神に残されて今

他の長さが25メートルにも及ぶ絵巻物です。

こんなに綺麗に色が残ってるものなんですね。これ描かれているのは地域ごとに様々な飾り付けをしたし当時は神輿ではなく大きな山車が使われました。

当時の神田祭ってどれぐらい皆練り歩いてたもの何神田明神から

もうここへと埋め尽くすぐらいの出発がですね午前2時に帰ってくるのが

午後の9時とか

大きさを体感できる場所があるんですよ。

 

 

すごい高さ8メートル。

江戸時代の山車を再現しました。

こんな山車が30数本も街を練り歩いたんですから、まずは壮観だったでしょうね。

すごい終わったよなぁ

江戸っ子たちに欠かせない存在と

三大祭りと神田明神

そんな人々の情熱や信仰は間違えるから東京となっても変わらず続きました。

しかし大正時代東京悲劇が襲います。

1923年の関東大震災地震男の大火災で首都圏は壊滅状態に

10万人以上が命を落としました。

人々の心の支えだった神田明神

鳥居の柱だけを残して跡形もなく燃えてしまったんです。

その再建は急務でした。

新たな社殿を作るため一人の建築家に白羽の矢が立ちます。

大江慎太郎。

日光東照宮の修復など、由緒ある木造建築を数多く手がけた神社仏閣のプロフェッショナル。

ところがその上が提案してきたのは

「考えがあります。新しい社殿はコンクリートで作ろうと思います。

コンクリート神社を木造ではなく、コンクリートで作るとそれはいかがなものかと

当時はコンクリート建築が徐々に広まっていた時代。

大右衛門明治神宮の宝物殿などコンクリートで設計していました。

しかし神々を祀る社殿は話が別。

神社には木造が称える美しさと精神性が欠かせなかったのです。

やはり神社は古式に則り木造を厳守すべきではないでしょうか。

神社は人々の希望だと思っています。

もう二度と失われたくはないのです。

だからこそ都市の中の神社は火災にも地震にも負けない構造で作らないといけないのです。

上野にある建築家の大石さんは祖父の想いよなんか

でもちょっとリストんじゃ意味がない

じゃないかってコンクリートであろうと入れ物の中に入ってる魂には変わりないだろってそのぐらいのこと考えたんじゃないかなと賛否両論の杖

都心に住む人々の拠り所を守りたいという上の思いは受け入れられました。

大規模な神社としては日本で初めてコンクリートによる社殿建設が始まります。

目指したのは神々の住まう木の家白の美しい趣

その上で大災害にも耐えうる強靭さを実現すること重要だったのが

神社の印象を大きく左右するでした

いかに軽くするかってことです。

そのあまりにも環境にすると重くなっちゃうってできる

コンクリート全部こくるんってあるので

それから部屋をもらわないですけれど、家の中は鉄骨だけに屋根を軽くするため鉄骨おくみ表面だけにコンクリートを貼り付けて火を防ぎます。

そして地震で揺れても屋根が倒れないように鉄骨をケーブルに繋いで補強しました。

伝統的な童顔武器を施して木造の社殿と寸分変わらぬ外見に仕上げたので

さらに上は古の大工たちが木造で造り上げた風味の

大変にこだわります。

この指にそり上がった曲線。

どうやって鉄骨で表現したのでしょうか。

声は一本一本弓なりに反らせた鉄骨を作らせたのです。

もちろん膨大な手間と費用がかかります。

そんなに木造に寄せたかったんですかね。

慣れると違和感がゆりこさんとか参拝される方にママにさせないようにしたいというのもあったと思います。

コンクリートになりやすいんです

目標に見せる工夫は社殿の内部にも。

例えばこの柱。

太くすると木造建築の優美さが表現できません。

そこでまさかの木造在来。

見せたいということがあるので

柱の数を間隔を狭めるは一本一本の断面積を小さくするとエレガントに見える家族に驚くべき事に完成当時はコンクリートの表面に漆を塗って伝統的な木造神社の味わいまで表現したのです。

しかしただ先人たちの再現をするだけではありません。

この社殿に独特なアクセントを与えているのが至る所で金色に輝く装飾です。

普通なら掘り出して立体的に作るところを、大江はあえて平らな痛み曲線模様を切り出しました。

りんごちゃんと違っていて

とても華やかで華麗です。

使う色ととてもよくコントラストがすごく美しいです。

どこかモダンな草木をモチーフにした文様。

これは当時ヨーロッパから広がったアールヌーヴォーの影響とも言われています。

今は時代の最先端を行くモードデザイン。

こうして大江は神田明神を東京の美しい守護神として唯一無二の存在にしたてて見せたのです。

さらにこんな仕掛けも。

どこにつながる残る謎の地下道一体。

 

 

大東京の真ん中にある神田明神には訪れる人のための工夫がいくつも見て取れます。

参拝や祭礼が行われる拝殿。

階段の上には絨毯が敷かれていますが、その下は石張りの床です。

実はこれとと思えるそれはそうですね

明日はそれは新しいですよね

そうな昔は座ったままお参りするのが当たり前で

昭和の初め参拝は靴を脱いで拝殿に上がり座って行うのが普通でした。

しかし設計した大江慎太郎は立ったままお参りできる石張りのスペースも作りました。

これからは忙しく参拝する人が増えるに違いない。

そう配慮したためです。

さらに拝殿の扉の向こうに大江の細やかな心遣いが。

現れた場所が通路が地下へ通じているようです。

地下通路どこに繋がるの。

これなんか披露宴会場的な感じですね

じゃあ地下通路を抜けてた先は結婚式場社殿と両側にある建物が地下で繋がっていたんです。

何故わざわざこんなツールを作ったのでしょうか。

そのままその当時は非常に画期的だったんじゃないかなと思ってすぐろまんがひろ冒険してるみたいな気持ちになりました

せっかくの花嫁衣装が濡れないように。

そんな細やかな心配りも

神田明神に都会の人たちが惹きつけられた理由だったんです。

神田明神は大江にとっての遺作でした。

建築中から重い病と戦っていたのです。

製図版を病室の天井から吊るし装飾の細部まで力を振り絞って出かけ

OA摘出のデッサンが残されています。

てん条の会がありますけどまさにこの通り出来上がっているのですね

一つ一つ色やサイズまで細かく指示しています。

その思いが見事形になり今に伝わっています。

本殿の現場に爽やかな青をたたえる生命力に満ちた文様。

こちらは照明のデッサンまを感じさせながらもどこか西洋風のモダンなデザイン時代の息吹を敏感にとらえた大江の真骨頂です。

とにかくどんどん電波が死んだ

寝なくてはいけないことが次々と出てきた時に建築の形とは告知じゃないですよね

結局書くしかないから全部自分で書かなきゃっていう思いがあって

足掛け四年で完成した八代を見届けると大江は翌年安心したかのように

やがて第二次世界大戦

東京神田の下町は空中で焦土と化します。

しかしコンクリートの衣をまとった神田明神は焼け落ちることがありませんでした。

復興に向かう東京で力強く屹立するその姿はどれを与えたことでしょう

そして今神田明神の新たな役割がもう一つ

 

 

神田明神の境内東に降る明神男坂人気の学園アニメラブライブにも描かれファンからは聖地と呼ばれています。

神田明神は日本を代表する傑作漫画にも登場しました。

その作者が奉納した絵巻物見せてもらいます。

これはこち亀両さんと同じ顔してるな

おなじみのこち亀8メートルにも及ぶ直筆の巻物です。

子供達の遊びの変遷を通して神田を中心としたした街の風情が描かれています。

ポップカルチャーの守り神。

それが新たな神田明神のお姿は今何で現代人の願いを持ってこう神社お参りをする場所でもあるんです。

いつも人の平和と願いとの全てがより良くなるようにっていう風に存在してくれてるその懐の深さにきっと皆見せられていくんだなっていうのを感じました。伝統を守り続けるだけじゃないんだな。神社って進化していくんだなって新しい発見でした」

一人の建築家が丹精込めたコンクリートの壮麗なやしろ。

神神を敬う伝統と今を生きる人々の希望を支える造形です

千代田区外神田2丁目の奇跡。

神田明神

東京の真ん中でいつまでも誰にでも寄り添って。

 

 

 

 

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「画家・安野光雅 雲中一雁の旅」

f:id:tanazashi:20210214163423p:plain

 

 

去年12月に94歳で亡くなった安野光雅さん。

9年前、ライフワーク「旅の絵本」を、日本を舞台に描く姿に密着していた。

「雲中一雁」とは、雲の中で群れにはぐれたのか、一羽の雁が飛んでいく様を表す中国の言葉。

その姿に、絵描きの自分が重なると語る。

創造の原点、ふるさと津和野での制作は、ペンによる下絵から始まり、彩色、完成へと進む。

自身による「絵のある自伝」の朗読を交えて、新作に寄せる思い、創作の真髄に迫る。

【司会】小野正嗣,柴田祐規子

 

 

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 

日曜美術館「画家・安野光雅 雲中一雁の旅」

f:id:tanazashi:20210214153336p:plain

放送日

2012年9月9日

 

画家・安野光雅さん。86歳。

f:id:tanazashi:20210214163119p:plain

今、安野さんが書いているのは30年来のライフワーク、旅の絵本シリーズの日本編です。

絵本作家。イラストレーター。エッセイスト。

様々な顔を持つ安野さん。

f:id:tanazashi:20210214163106p:plain

1968年《不思議な絵》で絵本の世界に登場しました。

f:id:tanazashi:20210214163057p:plain

一変して日本画の手法で描かれた大作《絵本平家物語》は、繊細な墨絵のタッチと豪華な色彩の歴史絵巻です。

f:id:tanazashi:20210214163043p:plain

去年。安野さんは一冊の本を出版しました。

絵のある自伝 (文春文庫)

生い立ちから60年を超える絵画人生が綴られた初めての自伝です。

その人生とはどのようなものなのか。

f:id:tanazashi:20210214163454p:plain

「雲中一雁」

かつて中国の旅で出会い、強く惹きつけられたこの言葉に、安野さんは自らの思いを託しました。

f:id:tanazashi:20210214163447p:plain

「雲の中の群れに遅れたのか、ただ一羽飛んでいく雁が見える。はぐれてしまったのか。でも飛んでいこうという感じ。絵描きはみんなそうなのか。私1人がそうなのかよくわからないが、雲中一雁は気に入って、絵のある自伝には相応しいかなと思っている」

 

 

f:id:tanazashi:20210214163359p:plain

山々に囲まれた島根県津和野。

群れることなく一人我が道を歩んできた安野さんの雲中一雁の旅。

その出発の家がふるさと津和野です。

f:id:tanazashi:20210214163704p:plain

古い家並みの続く城下町の一角に2001年、町立安野光雅美術館が開館しました。

f:id:tanazashi:20210214163656p:plain

安野さんの絵本、画集、原画などおよそ3500点が収蔵され、季節ごとに様々な企画展示が行われています。

展示室の奥にはちょっとユニークな空間があります。

f:id:tanazashi:20210214163648p:plain

安野さんの子供時代をイメージして昔の小学校の教室が再現されているのです。

f:id:tanazashi:20210214163640p:plain

美術館二階に安野さんのアトリエがあります。

いよいよ旅の絵本シリーズ日本編の制作が始まりました。

ペンで描かれていく下絵。

気の遠くなるような細かい作業です。

「他に方法がないからね。少々曲がってもいいから、こうやってフリーハンドで描いた」

細密画のように克明に描かれていく屋根瓦。

一体どんな作品が生まれるのでしょうか。


 

 

f:id:tanazashi:20210214153929p:plain

 

旅の絵本セット (安野光雅の絵本)

旅の絵本セット (安野光雅の絵本)

  • 発売日: 2013/05/25
  • メディア: 単行本
 

 

さて安野さんのライフワーク旅の絵本シリーズ

これまでイタリア、イギリス、アメリカ編など7冊が出版されました。

f:id:tanazashi:20210215115457p:plain

第1巻、中部ヨーロッパ編。旅の絵本 (安野光雅の絵本)

f:id:tanazashi:20210215115449p:plain

物語は人気のない海岸に手漕ぎボートの旅人がやってくるところから始まります。

旅人は村の農夫から馬を借り、見知らぬ国へ旅に出ます。

f:id:tanazashi:20210215115441p:plain

森を抜け、村を通って人々の暮らしにふれながら進みます。

旅の絵本には安野さんならではのワンダーが隠されています。

画面のあちこちにちょっと見覚えのあるシーンがありませんか。

f:id:tanazashi:20210215115432p:plain

ひょっとしてゴッホのアルルの跳ね橋。

f:id:tanazashi:20210215115423p:plain

こちらにはミレーの落穂拾い。

旅の絵本には名画の隠し絵パズルを解く楽しみはあります。

f:id:tanazashi:20210215115620p:plain

何とカラフルで楽しげな画面でしょう。

着飾った人々。

祭りのパレードです。

f:id:tanazashi:20210215115612p:plain

ラストページ。

旅人は馬から降り、丘を越え去って行きます。

さて次はどこに行くのでしょう。

f:id:tanazashi:20210215115939p:plain

「昔はロシアの上空が飛べなかったので、アンカレッジ経由で北から下がるようにヨーロッパへ行った。あの時飛行機が下がる時の視点で一度にたくさんのものを見た。

f:id:tanazashi:20210215115930p:plain

西洋と日本では言葉や文字や食べ物など何もかも違う言葉で珍しいと思ったがドイツの教会で結婚式を見て、あっ泣いてる人はお母さんに違いないと悟ったことがある。私たちは西洋と東洋の違いにばかり目が行くが、よく考えてみると、違うところよりも同じ事の方が多い。みんな同じ地球の上に住んでいる。

f:id:tanazashi:20210215115917p:plain

そして国それぞれ、人それぞれに違った毎日送ってるのだと感じた。その時一千もの人々の暮らしが詰まった旅の絵本を描きたいと思った」

f:id:tanazashi:20210215115906p:plain

旅の絵本第二巻イタリア編。旅の絵本2(改訂版) (安野光雅の絵本)

広々としたトスカーナの風景に魅せられていた安野さん。

旅人もこの家から出発です。

さてイタリア編にも安野さんの企みが隠されています。

それは聖書の物語。

f:id:tanazashi:20210215115852p:plain

天使がマリアに、あなたは神の子を身ごもったと告げる受胎告知。

f:id:tanazashi:20210215115842p:plain

そしてこちらはイエスキリスト誕生のシーンです。

f:id:tanazashi:20210215115834p:plain

一体ここはどこでしょう。

ローマの有名な観光名所、トレビの泉があるかと思えば、こちらにはなんとアラビアンナイトのアリババと40人の盗賊のワンシーン。

階段を駆け下りる少女はシンデレラでしょうか。

イタリアの旅はまさに安野さんのファンタジーワールドです。

f:id:tanazashi:20210214154506p:plain

「ヨーロッパの旅をしていますとね、だんだん駅が近づいてくるなという匂いが経験上してくるんです。町を過ぎて村を過ぎてで守りに入ってて森を抜けてまた町があるというような、自然の成り行きのようなもの。結局そういうところを歩いていくと旅だったと思うしね」

 

f:id:tanazashi:20210221172928p:plain

旅の絵本イギリス編。旅の絵本3 (安野光雅の絵本)

オリンピックでおなじみとなったロンドンタワーブリッジ

馬上の旅人も悠々と橋を渡ります。

f:id:tanazashi:20210221172943p:plain

こちらもロンドン、トラファルガー広場

いろいろな有名人が登場しています。

ビートルズの四人組が演奏している曲は何でしょうね。

トラファルガー海戦の英雄ネルソン提督の立つ高い塔。

その下の二人の男は誰でしょう。

そう。あの刑事コロンボです。

f:id:tanazashi:20210221172903p:plain

世界の旅第4巻アメリカ編。旅の絵本4 (安野光雅の絵本)

ここは西部劇の聖地と言われるモニュメントバレー。

岩の上にはカメラマン。

画面右下は映画シーンの名場面だとか。

ディスイズニューヨーク。

摩天楼の下のパレードは楽しさいっぱい。

こんなところにマリリンモンローを描くなんてやっぱり安野さんです。

f:id:tanazashi:20210221173014p:plain

こちらは南部の港町ニューオリンズ

ジャズ発祥の地らしく、街角の演奏風景が描かれています。

さすが野球王国アメリカ。

背番号44はハンクアーロンだとか。

ラストページ。旅人は海の彼方に去って行きます。


 

 

f:id:tanazashi:20210221173123p:plain

安野さんの旅の絵本。

日本編の制作はどうなっているのでしょう。

ペンによる下絵が次第に姿を現してきました。

f:id:tanazashi:20210221173137p:plain

SL、客車。

駅前には馬車がいますよ。

貸し自転車の大きな文字。

ここは日本のどこなのか。

ひょっとして津和野のでしょうか。

「私から見ればなに自分の絵のどこがおもしろいのと思っていたんだけど、だんだん年も取りまして、そういえば日本も面白いところがないわけでない。一番イージーに描ける。楽ちんに描けるのは自分の思い出の中にあるの取り出した描けばいいわけ。何か日光東照宮の資料持ってきて描くとかというのは大変なんだけど、覚えていることを描くというのは何もしないでいい。畢竟津和野というところで生まれたわけですから、どうしても津和野を振り出しにしてそこから周辺に行くようなことになる。ところがよく考えてみると、例えばなまこ塀というのがありますが、全国行ってもどこ行ってもなまこ塀がある。どこに行っても日本は皆同じなんだ。一口に言えば。デリケート違いはありますけどもほとんど同じだ」

f:id:tanazashi:20210214163956p:plain

これはお祭りでしょうか。

馬が走ってるって事は裏の草競馬

人々が熱狂しています。

どこか懐かしい田園風景。

ラクターなどない時代、日本中どこででも見られた農村の姿です。

青の山のふもとの郊外の田園地帯。

安野さんお気に入りのスケッチポイントの一つです。

ふるさとの山に向かいて言ふことなし。

f:id:tanazashi:20210214163946p:plain

ただ黙々と描く安野さんです。


 

f:id:tanazashi:20210214163935p:plain

安野さんは1926年大正15年。

この町の旅館の息子として生まれました。

幼い頃から絵が大好きで画家になることを夢見ていました。

f:id:tanazashi:20210214164623p:plain

「私の父はたまたま泊まりに来た旅絵師に、こ子は絵が好きで絵描きになりたいと言うがどうだろうと聞き、私の絵を見た旅絵師はお手本を描いてあると言ってクレヨンで一羽の雀を描き「芸術の道は険しいぞよ」とかなんとか言った。私は絵描きになりたかったんだけどね。じゃあ絵描きがどういうもんかっていうのは知らなかったんでしょ。ただ絵を描いて暮らしていればそれでいいと思っていたんですね。でもだんだん大きくなると美術入門とか甲賀流忍術の極意とか、そういういろんな名著とかそういう本は出ていることは分かったので、講談社少年倶楽部に宛てて手紙を出して、僕は絵描きになりたいんですがどうしたらいいでしょ。そしたらね林田正という人からね、「勉強しなさい勉強しなさい」と勉強の仕方が書いてあって、芸術の道は険しい」

f:id:tanazashi:20210214164615p:plain

安野少年が走り回って遊んでいた津和野の街角。

少年の日の記憶が次々と蘇ってきます。

今回制作中の旅の絵本とは違うもうひとつの安野さん思い出の津和野。

まるで即興演奏のように安野さんの筆が走ります。

f:id:tanazashi:20210214164603p:plain

右手には安野光雅美術館。

赤い屋根の金太郎は安野さん自身です。

安野君の生家。

f:id:tanazashi:20210214165350p:plain

「こういう風に俯瞰して津和野の暮らしを思い出しながら描いたのははじめて。わが心の津和野が次々と生まれてくる。寅さん見た映画の寅さん。マドンナの吉永小百合

f:id:tanazashi:20210214165343p:plain

描こう。津和野へ帰った時のことを何度か出て、何度か戻ってきたけれど、その時のことしみじみ思う。6本のトンネルが、6本目のトンネルを抜けるとやっと帰ってきたなという感じがします。途中で小学校の門が見えたぞ。大橋が見えたぞ。青の山が見えたぞと、少年でなくてもね胸が苦しくなる。あふれかえるものがいっぱいなんで、

f:id:tanazashi:20210214165329p:plain

降り立った時の気分何でもいえなくて、自分が国を出てよその国へ行って勉強してそうすると極端に言えば、自分の言葉が喋ってるっていうか、津和野勉から抜け出して、大人になっていくなんですけど、そういう気になって、弟がやってきてきてお兄ちゃん帰ってきたからっていう時に、何だお前の津和野弁はおかしいなって言って、そうして戻ってきた自分が三日もたたないうちに津和野弁になってしまう」

 

安野さんが宇部の高等小学校転学のため故郷を離れたのは13歳の時のことでした。

同級生の妹さんとの再会です。

「あなたは妹だよね。あいつ亡くなったのか・・・」

f:id:tanazashi:20210214165819p:plain

画面にびっしりと描き込まれた安野さんの思い出の津和野地図です。

とくとご覧ください。

津和野駅と安野光雅美術館は画面左下です念のため。

f:id:tanazashi:20210214165801p:plain

終戦後、山口県で小学校の美術教師をしていた安野さんは24歳で上京。

42歳の時不思議な絵を発表。

絵本作家になります。

以後、海外の賞を次々受賞しました。

f:id:tanazashi:20210221173444p:plain

オランダの画家エッシャーの作品に刺激され描いた不思議な絵です。

f:id:tanazashi:20210221173457p:plain

壁を登る煙突掃除の男。

でもどうして垂直な壁が登れるの。

階段があるようでないようで不思議です。

f:id:tanazashi:20210221173508p:plain

こちらの絵もなんだか変。

画面右下にご注目。

ここにいる男たちは横からの視点で描いていますよね。

でも画面右上。

ここでは視点は上からです。

一つの画面にいくつかの視点を組み合わせることで、安野さんは現実にはありえない不思議な世界を創造しました。

f:id:tanazashi:20210221173547p:plain

《あいうえおの本》あいうえおの本 (安野光雅の絵本)

文字のデザインと言葉遊びが一つに溶け合った、なんともユーモラスな楽しさいっぱいの絵本です。

安野さんがこれまでに世に送り出してきた膨大な量の作品たち。

絵本、画集、イラスト、エッセイ。安野さんは芸術のジャンルという壁を軽々と飛び越えてしまうマルチアーティストです。


 

 

f:id:tanazashi:20210215121125p:plain

《絵本平家物語繪本平家物語 カジュアル版

安野さんが新境地を開いた代表作です。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。

おごれる人も久しからず。唯春の夜の夢のごとし。

f:id:tanazashi:20210215121303p:plain

有名な那須与一が扇の的を射るシーン。

f:id:tanazashi:20210215121256p:plain

安野さんは与一が市柿を鎮めようと

彼方の鬼を見ているところを描きました。

文覚被流。

元武士だったも文覚が伊豆に流される場面です。

荒れる海の神を鎮めようとする文覚。

ダイナミックな波の表現が目を奪います。

七年の歳月を費やした《絵本平家物語》は安野芸術の到達点を示す傑作です。

f:id:tanazashi:20210215121556p:plain

1991年から安野さんは司馬遼太郎の有名な思索紀行・街道をゆくの写真を手がけることになりました。

司馬さんと安野さんの名コンビは、司馬さんの突然の死の時まで続きます。

街道をゆく最後の連載、濃尾参州記の挿絵です。

「司馬さんと過ごした取材旅行は楽しい日々だった。街道をゆくシリーズの濃尾参州記の取材で名古屋に泊まり、1日だけ東京に帰ってこなければならならなかったことがある。すると他の人たちが何の用事で東京行ったんだと噂話にした形跡があった。司馬さんにそのことを言うと、安野さんが本当はどこへ泊まったんだというのが話題で、たいしたことではないと言われた途端にエレベーターのドアが閉まった。あのとき司馬さんとの最後のわかれだった。司馬さんが亡くなった時涙が出て止まらなかった。司馬さんと過ごした日々は満ち足りていた。そんな日がいつまでも続くと思っていたのに実には諸行無常である。主さんの靴を遺品として二足もらった。これが不思議にピッタリと合うのだった」

さて旅の絵本シリーズ第5巻。スペイン編。旅の絵本5 (安野光雅の絵本)

続く第6巻デンマーク編。旅の絵本6 (安野光雅の絵本)

f:id:tanazashi:20210221173900p:plain

第7巻は中国編です。旅の絵本7 (安野光雅の絵本)

安野さんは旅の絵本で初めて東洋の国を選びました。

f:id:tanazashi:20210221173849p:plain

1980年代半ばから海野さんはしばしば中国への旅に出るようになります。

その時の感動が旅の絵本に結実しました。

f:id:tanazashi:20210221173841p:plain

朝霧の立ち込める水辺。

これまでの西洋の風景とは違う、懐かしい水墨画風の趣です。

中国製の絹地に筆で描かれた釣り人。

向かいの男たちも悠然たる佇まい。

f:id:tanazashi:20210221173833p:plain

旅人もゆったりと小舟で登場です。

f:id:tanazashi:20210221173822p:plain

紹興近くの街の風景。

ちょっとヴェネチアに似ていますね。

運河を行き交う船。

団体旅行の人々。

f:id:tanazashi:20210215122516p:plain

広場の猿回し生活感溢れる楽しい光景です。

f:id:tanazashi:20210221175808p:plain

中国最高の名画と言われ、今年日本でも公開された清明上河図。(決定版 清明上河図)

作者、張択端へのオマージュとしてあなたはこの場面を描いたと言います。

安野さんの描いた橋は只今工事中旅人が小舟でやってきました。

中国でも有数の観光名所、桂林近くの景勝地です。

馬、荷車、ラクダの隊商。

どこかエキゾチックな雰囲気です。

中国編のラストページは黄土高原。

手に手にシャベルを持って砂地を行くのはこの地に植林する人々です。

砂漠化する大地。

大自然の営みへの人間の果敢な挑戦です。

広大な中国の山河や街角を過ぎ、馬の背に揺られながら旅人は悠然と去って行きます。


 

旅の絵本日本編はいよいよ彩色の段階に入りました。

ペンによる下絵の屋根瓦が存在感を増していきます。

カラフルになってきた駅前の風景。

馬車に乗り込む人。

自転車を借りる人。

人々のざわめき、子どもたちの声が聞こえます。

ところで今回の旅人はどこにいるのでしょうか。

f:id:tanazashi:20210221175744p:plain

「トイレへ行っちゃった。大探ししたらトイレに行っている」

旅の絵本日本編。

f:id:tanazashi:20210221175724p:plain

駅前風景は完成に向かっています。

こちらの田園風景もかなり緑が濃くなりました。

「四季を描きたいなと思いました。レンゲが咲いてる頃から、田を植えてそれから草取りをしてみようって、どんどん刈り取りをして脱穀してごめんなという、そういう一年間の農作業をずっと考えて、やりたいな。そうすれば一つの物語になる。その合間にお祭りをやる巡業のお相撲さんが来るかもしれない。それから楽しみにそして飲んで草競馬もやるかもしれないし、花見もやるだろうというふうに、楽しみの部分も」

旅の絵本日本編のテーマ。

それは安野さんの愛する日本の四季の風景。

普通の日本人の暮らしの物語です。

 

 

f:id:tanazashi:20210221175713p:plain


2004年。安野さんは狭心症で倒れ手術を受けました。

半年後、今度は肺がんが見つかりましたが、放射線治療が効いて現在も、旅と作品の制作に多忙な毎日を送っています。

「私の胸の中に4センチくらいのガンがあるんですよ。レントゲンで見るとわかる。奥行きがあると聞いてびっくりしたね。私はね、フラットなもんだと思ったんだよ。言葉で言うと日に日に落ち着いてるね。だんだん落ち着きが増してると言うか、最初は驚いたけど、だんだん平常になった。ガンは参考までにいうと完治するってことはないんですね。完治するっていうのは死ぬ時。それがね本当にハードなの。だけども、生きていくっていうかこういうことなんだなと思ってね、子供の時から絵が好きで、たくさん遊んでいいと思って、ずっと今もそうで、戦争で絵さえ描いていれば機嫌がいいんですよ」

完成した旅の絵本日本編の一点、駅前風景です。

f:id:tanazashi:20210221175704p:plain

トイレの塀の向こうに見覚えのあるとんがり帽子。

やっぱり旅人はここにいました。

お茶目な安野さんです。

日本の四季を描きたいと語った安野さん。

f:id:tanazashi:20210221175652p:plain

春爛漫のお花見です。

老いも若きも、男も女も、人々は花の下に集い、心ゆくまで楽しみます。

まさに日本の原風景とも言うべき世界です。

車は自転車に限ります。

人々はゆったり暮らしています。

こちらもかつて日本のどこにでもあった村のたたずまい。

f:id:tanazashi:20210221175639p:plain

奥に小学校が見えます。

「私の子どもの頃の世界でしたね。今の世界はあまり感心しない。率直に言ってね。私が子供の頃の電気がやっとついたような。私は40ワットの電気を部屋に一つ灯してそれで勉強しましたし、ちょっと上の人はもうランプやろうそくで、なんの不自由もなくね。電気がないからと言って不自由なこと言っていた人は一人もいないわけですよ。電気が来たからって便利だっていう人はいましたけど、不自由した人はいなかったね。今あの原子力発電所は停止しちゃって電気というものがなくなったとしたらどうなんだろう。無くなることはないんだけども少なくなったらどうなるだろう。そしたら、もう暮らせないってわけですよ。洗濯機はなきゃ困る。冷蔵庫がないと困るエレベーターがなきゃ困るそういう昔しにはもう帰れないから原子力止めたら困るっていう風になってるね。私はそんなことは絶対にないと思っているわけ。余儀なくされてでも生きていく。そしてその中からね。やっぱり掴み取るものがあって、楽しさというものがあって、だんだん生活というものが成り立って行くんだっていう風に思っている。だから楽チン楽チン文明だけをかけて行ってうつつを抜かすようになるよりは、地道に楽しく行った方がいいんじゃないかなえ。私のね、今が一番切実に来ない入っています」

安野さんの制作はまだまだ続いています。

旅の絵本日本編。

ラストステージ。

f:id:tanazashi:20210221175618p:plain

手を振って旅人に別れを告げる人々。

f:id:tanazashi:20210221175557p:plain

雲中一雁の雁のように、旅人はたった一人帆掛け船で去っていきます。

f:id:tanazashi:20210221175549p:plain

日本という国に生きる人々に幸多かれと願いながら。

 

取材先など

 

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち “イメージの魔術師”ルネ・マグリット『王様の美術館』

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

ポップアートやグラフィックアートの誕生に多大な影響を与えてきたルネ・マグリット。20世紀、新たな芸術運動が次々と生まれた時代に活躍した、シュルレアリスムの巨匠です。普段の姿は静かで生真面目な男――ところがそれは仮の姿。本性はまったく違い、常識を裏切り、見る人を惑わせる作風から、“イメージの魔術師”と呼ばれるようになりました。
日本で見ることができる貴重なマグリット作品の中から、今回焦点を当てるのは、彼がこの世を去る1年前、最晩年に描かれた作品『王様の美術館』。濃紺で塗りつぶされた背景に、帽子をかぶった男のシルエット。浮かび上がる男の顔が、こちらを見つめてきます。体の淡いグラデーションは山間の風景。よく見ると中央には宮殿のような建物が…。実はこの絵こそ、マグリットが築き上げてきた芸術と、静かなる男のとんでもない野望が詰まった1枚なのです。それは一体…?波乱に満ちた幼少期、画風を模索する日々の中で大きな衝撃を受けた作品など、その生涯をたどりながら、マグリットが描きたかったものは何なのかを探ります。

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち “イメージの魔術師”ルネ・マグリット『王様の美術館』

放送:2021年2月13日

 

ビートルズのポールマッカートニーはある画家の彼の熱烈なファンとして知られています。

設立したアップルレコードのシンボル、青りんごはその男の絵からのインスピレーション。

そしてハイブランドディオールのランウェイや、日本の名作漫画の世界にも時代を超えて魔術的なイメージが世界中に氾濫しています。

例えばこの絵。

木立の間を優雅に進む馬上の貴婦人。

でも背景が人物より前に描かれたり、時空がすっかり歪んでいます。

青いリンゴが顔を覆い隠しています。

何を伝えたいのでしょう。

波打ち際に重力を無視して巨大な岩が浮かんでいる。

そこになぜかお城が立っている。

その男はイメージの魔術師と呼ばれました。

ルネ・マグリット

20世紀、新たな芸術運動が次々と生まれた時代に活躍した、シュルレアリスムの巨匠です。

今夜は日本で見られる貴重なマグリット作品に中川翔子さんが挑みます。

実はこの絵こそ20世紀の美術界に革命をもたらした一枚。

その作品は横浜みなとみらいに。

マグリット好きです。出会いは藤子不二雄A先生が描いたマグリットの石っていう短編。すごくそれに取り憑かれて、画集を買って、なんでっていう違和感がとっても脳に気持ちいいと言うか病み付きですよね」

やってきたの、4月から2年を超える休館に入る横浜美術館

現在、三つの美術館の珠玉のコレクションが集結した展覧会が開催されています。

ピカソマティスをはじめとした20世紀西洋美術の巨匠たちに並んで、その一枚は展示されています。

「大好きな部屋だ。シュルレアリスム部屋。マグネットだ」

f:id:tanazashi:20210214171225p:plain

今日の一枚。

ルネマグリット作、《王様の美術館》

濃紺で塗りつぶされた背景の前にシルエットだけの男が佇んでいます。

目線を落とすとそれは風景の切り抜きだったことに気付きます。

か加賀暮らしたベルギーの薄暗い山間

そこに宮殿今日の建物がポツンと立っています

男はどこにいるのでしょう

背後には奇妙な球体が乗った

石造りの塀を空に

ぽっかりめはな唇だけが浮かんだ男は

こちらを見つめ返してきます

なんでこうこういうことしちゃうんだろう

もうどこもとってもマグリットの個性とやりたい事が

東南ってなってるんですけど

今日の一枚はマグリットがこの世を去る一年前に描いた作品です。

無症状だけど何か満たされてるかも

感じますけどね。王様って自分のことなのかな

最晩年の画家は一体どんな思いでこの絵を描いたのでしょう。

実はこの静かな一枚には

マグリットの壮大な夢が込められていました

では中川さん

マグリットの真意を探りに行きましょうか。

20世紀のベルギーまでどういうこと

 

 

 

これから中川さんが向かうのはベルギー南部のシャトレ。

マグリットは6歳からこの町に住んでいました。

近所の人にお話を聞いてみましょう。何でも体操の悪童だったそうですよね

マグネットさんをご存知ですか。

やっぱりそれでもいいけど相手のじゃない

私も昔おばけのぶりで驚かされたりしたよ

なるほど人をびっくりさせるのが好きだったんですね

マグリットは生涯自らの過去を語ろうとしませんでした。

美術史家の森浩二さんはそれには大きな理由があるといいます。

「マグロ人生を知る上で大切な点が一つあります

お母さんの自殺を自分自身の過ちによって

誘発してしまったんです。

マグリットの母は深く心を病んでおりキリストへの信仰だけにすがって生きた人でした。それなのに父にそそのかされたマグリットは母の目の前で兄弟揃って十字架に唾を吐きかけたのです。軽いイタズラのつもりだったのかもしれません。ところが彼女は大きなショックを受け川に身を投げてしまったのです。グデグデてしまって

マジで一番の不良少年マグリットは18歳でブリュッセル王立美術アカデミー

に入学します。

絵に没頭することで立ち直ろうとしたのでしょうか。

でも生活は荒れたまま作風にも迷いがありました。

こんなマグリットの人生に転機をもたらしたのが

アルカイダとの出会いでした

ジョルジョデキリコの愛の歌描かれているのは

古代ギリシア彫刻の頭部ゴム手袋蒸気機関車

互いに関係のないモチーフが整然と並ぶ画面

マグリットはその白昼

夢のような光景に衝撃を受け

思わず感動で涙を流したと言います

超現実シュルレアリスムの世界が

彼の生き方を一変させます

エアーお嬢さんマルトの枝見てごらん

随分とショッキングの絵で

シュルレアリストってのは

そろそろ暴力とか

性的なものをテーマに絵を描くんだよ

シュルレアリスムの道を極めるんだって

頑張ってるみたいだよ

結婚もして可能不良

少年も随分と落ち着いたもんだ

これは人気なんで自らの芸術を極めるために

マグリットは29歳のとき

ベルギーを離れ尖った芸術家たちの

集うバリエシュルレアリスムの提唱者である

知人のアンドレブルトンのグループに所属します

が決裂してしまいます

自分自身の主張をメンバーに

思いっきり押し付けました

芸術家の精神の奥深いところにある

深層心理から湧き上がってくるような

断片的なイメージを吐き出す伊勢を取っ払い

内面を

さらけ出せというプルト

しかし母を死に追いやった

心の闇を抱え続けるマグリット

それは受け入れがたいことでした

ベルギーへ戻ると

ブルトンの市長とは真逆のことをはじめますが

週に身を隠すかのように

ごく平凡な男として暮らすのです

ブリュッセルの小さなアパートで妻と犬と

静かに暮らし朝起きると背広に着替え

同じ時間に散歩に出かけ

そして夜じゅーじに眠りにつく

異常なほど規則正しい生活を送りました

名前が売れるほど

派手なパフォーマンスをメディアにさらす画家も

OK作品が世界で人気となった後も

近所の人は道端を歩くその男が

あのマグリット

本人とは気づかなかったそうです

じゃあそこの君

マグリットの事をわかってきた

かいような絵を描くわりに随分普通でね

毎日サラリーマンみたいな

格好をしているんだよが

ちょうど上に出てくる山高帽の男にそっくり

なんだあの格好してるんだ

だから私なんか時々思うんだ

これは自分なのかもしれない

でも誰かが自分を隠したのは

実は狙いがあったのだとしたらおかえりなさい

中川さんいかがでしたか

神秘のベールがあるおかげで想像できるよ

知恵遅れてるから

それはねいいことでもありますよね

もうマグネットの部屋に閉じ込められて

出れなく

なってますもう今この絵の前に立って

マグリットの作品は不思議です

一目を避けていた男の絵が

逆に僕の目を引くからです

現実にありえない世界を作り出しました

でもキャンバスに

自らの感情をぶつけて

描くことはありませんでした

一体何を表現したかったのか私には

表現したいものは何もありません

単にイメージを探しているだけです

どういうことなんですかね

銅を描くために探したイメージとは

何なのでしょうマグリット

王様の日さんより前に描いた

六つの作品を見てみると

これって王様の美術館に出てきたパーツ

を立ちそう

マグリットはそれまで

何度も描いてきたモチーフだけを使って

王様の美術館を再構築していました

様々な組み合わせから生まれるイメージ

その探求こそが彼の真骨頂というのですが

ではマグリットの手法を体験してみましょう

あたらきますよ

モダニズム

 

 

今日の一枚。ルネ・マグリット作《王様の美術館》

晩年の作品マグリットはそれまで何度も描いたことのあるモチーフを

使い方様の美術館を制作していましたが

時計の金井麻衣子さんにその理由を聞いてみると

マグリットは生涯で同じモチーフを何度も違う組み合わせをすることでいろんな実験をしてるようなところがあり、誰でも知っているようなものを意外な組み合わせをすることによって違和感とか不思議な感じっていうのを見出す手法を取ってますね。

それはマグリットが完成させるものではなく

見る人に結末を託した

究極のハートマグリット

制作の原点になったのが

できる子が用いた

デペイズマンという技法です

フランス語で異なった環境に置くという意味で

ベースマンは簡単に体験することができます

まず過去に対応したモチーフを用意します

集めてみると確かに日常にあるものの

組み合わせはこれらを組み合わせて

最も不思議で違和感のある画面を作ってください

マグリットに挑戦ですで

も何通も試すうちに

ある組み合わせに戻ってきてしまいました

栗なぜこの組み合わせに

ピンと来たんでしょうか

一番あるわけない組み合わせな気がしますね

なるほどマグリットには

お気に入りの組み合わせがありました

それが昼と夜

現実世界では

決して交わることのない二つのイメージ

が一つの画面に同居しています

画家がこの絵については

こう説明していました

宝物のだと思われるこの力を

私は死と呼ぶのだけど

一体どういう意味なんでしょうか

絵を書いた時点で

作品が完成するのではなくて

それを誰かが見て初めて

その作品が買えるって事を

言っていて

詩を読むとは

シンプルな言葉が織りなす

豊かな世界を楽しむ行為です

マグリットは言葉の代わりに

ありふれたモチーフを織り成して

見る人の想像力を刺激しようとしました

一番想像をかきたてる組み合わせとは何か

その飽くなき探求こそが

マグリットの創作活動の全てでしたあっ

マグリットに挑んでいた中川さん

食べ終わったみたいでいかがでしょうか

すごくシンプルながらに

マグリットらしさが込められているな

と思いました

清々しい青空の中に

このちょっと薄暗い世界がまた

混在してるって言うのが面白い

そこに行って

ほんとこの石があるのことでいろんな

ストーリーがご想像できるやった

ここはどこ男は誰一体

何をしようとしているの

王様の美術館の前に立てば

想像力の行き着く先は無限の物語

マグリットの人気に火がついたのは

第二次世界対戦後のアメリカでのことで

大量に注文が舞い込み

1965年にはニューヨーク近代

美術館で展覧会が開かれるほど

それでもマグリットはベルギーから出ることなく

目立たぬように

アパートの一室で淡々と描き続けました

明日亡くなる前年に描かれたのが王様の美女

実はこの絵には

美術界に革命を起こす

壮大な夢が込められていたのです。それはいったい。

 

 

マグリットの壮大な夢が褒められて

今これを描いた同じ歳実はもう一枚同じタイトル

同じ構図の絵を完成させていたので

当時の雑誌にその作品について書いた記事が

想像上の美術館が現実に

マグリットが絵画の複製

技術の実験に

参加し様の美術館の姉妹品とも言える

一作をにひゃくごじゅー枚

複製したという内容です

その時の喜びを画家はこう書き残しています

私の複製画は

ヨーロッパやアメリカの主要都市

全ての美術館に行き渡ることでしょう

お金がない美術館でも

これまでは望むこと

さえ叶わなかったら

モダンの名画によって

展示室を構成できるようになります

残念ながらその複製画は残っていません

しかし翌年アンディウォーホルが

シルクスクリーンという版画技法で

マリリン美術の革命大量複製時代の幕開けでした

マグリットは一足先に複製技術によって

自らが作り上げた

イメージがあまねく広がる世界を見ていたのです

まさに王様の

美術館のタイトルのごとくてくれるっていう

幅広く届くっていうことに書けた俺は

ものすごく未来を見据えた行動ですね

過去を隠し続けた男は

狭いアパートで平凡に暮らしながら

大きな夢を見ましたが

彼が暮らした土地の

風景人のシルエットが

濃紺の茫洋とした空間に佇んで

それはこの世で見ることのできる

一番あり得ない形です。

ルネ・マグリット

佐久浅間の美術館。

あなたの紡いだ夢は何。

 

 

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210223170129p:plain

 

 

埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄

f:id:tanazashi:20210223170019p:plain

九鬼正宗。

f:id:tanazashi:20210223170035p:plain

刀剣史上最も有名な刀工・五郎入道正宗の手になる名刀です。

f:id:tanazashi:20210223170046p:plain

今回注目するのはその刀身の根元に装着されたハバキ(鎺・鈨・はばき)です。

f:id:tanazashi:20210223170055p:plain

等身をさやにしっかり納め、抜け落ちないようにする金具です。
純金で作られた特別な逸品。
名刀にふさわしい豪華なハバキ(鎺・鈨・はばき)幅。

f:id:tanazashi:20210223170104p:plain

そこには手掛けた職人の名、宗忠と刻まれています。
安土桃山時代から江戸時代にかけ刀剣界で活躍した埋忠一門の展覧会。

f:id:tanazashi:20210223170118p:plain

京都を中心とした埋忠一門の活動は刀剣やつば、刀装金具などの製作にとどまらず、古い刀の仕立て直しなど多岐に渡りました。

f:id:tanazashi:20210223170006p:plain

南北朝時代の刀工・江義弘の手になる国宝・稲葉江。
桃山時代本阿弥光徳の鑑定によって金象嵌の命が入れられました。

f:id:tanazashi:20210223165956p:plain

この象嵌も埋忠の仕事でした。

f:id:tanazashi:20210223165944p:plain

仕事の依頼を請け負った刀を記録した埋忠刀譜。

f:id:tanazashi:20210223165937p:plain

稲葉江を始め描かれた数々の名刀が当時の埋め立て一門の隆盛を物語ります。

f:id:tanazashi:20210223165928p:plain

「将軍家ですとか、大名家ですとか、もちろん本阿弥家ですとかその時代のトップクラスの実勢を動かしていく人たちと密接に関わり合って、刀剣会のための仕事をすごくこなしていった。後の時代でそういった大掛かりに刀剣文化を支えていった家というのはなかなかないと思います」

f:id:tanazashi:20210223165917p:plain



埋忠一門の中で突出した才能を誇るのが桃山時代に活躍した埋忠明寿。

f:id:tanazashi:20210223165909p:plain

刀の製作のみならず刀身彫刻でも高く評価されています。
うろこの一枚一枚までも精緻に刻まれた龍。
卓越した技が伺えます。

f:id:tanazashi:20210223165900p:plain

こちらは明寿が手掛けたつば。
粋な蔦のデザインです。
茶色の滲みは金属の腐食作用を利用しています。

f:id:tanazashi:20210223165851p:plain

幕府が江戸に移された後に埋忠一門は京都を中心に止まり、職人集団として刀剣界を支えました。

f:id:tanazashi:20210223165842p:plain

東京両国の刀剣博物館で今月21日まで。

 

 

会場:刀剣博物館

会期:2021年1月9日~2月21日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「日本の色 ―吉岡幸雄の仕事と蒐集―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210223165245p:plain

 

 

日本の色 ―吉岡幸雄の仕事と蒐集―

日本古来の染色技術の保存と復興に努めた染色史家吉岡幸雄の回顧展。

f:id:tanazashi:20210223165231p:plain

平安王朝の女性の衣装に使われた襲の色目です。

f:id:tanazashi:20210223165222p:plain

見事なグラデーションは蘇芳という植物で染められています。
源氏物語の色彩を伝統的な技法で再現しました。

f:id:tanazashi:20210223165212p:plain

女三宮の姿を表現した桜の重ね。
紅花で染めた生地の上に白く透けた絹を重ね桜の花が咲いたように見せています。

f:id:tanazashi:20210223165202p:plain

京都市細見美術館で4月11日まで。

 

 

会場:細見美術館

会期:2021年1月5日~4月11日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「上村淳之展 命の声を識る」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210223154431p:plain

 

上村淳之展 命の声を識る

静謐な花鳥画で知られる日本画家上村淳之の展覧会。

f:id:tanazashi:20210223154421p:plain

上村淳は松園松篁と続く日本画壇名門の三代目。
自宅で千羽を超える鳥を飼育しながら花鳥画の制作を続けてきました。

f:id:tanazashi:20210223154413p:plain

簡潔な空間に優美に佇む二羽の丹頂鶴。
生き生きとした生命感は長年の観察と写生の賜物です。

f:id:tanazashi:20210223154401p:plain

父、松篁が最晩年に描きたいと熱望し、ロシアから取り寄せた白鷹。
高齢を理由に断念した父の夢は息子へと引き継がれました。
威厳に満ちた格調高い姿です。

f:id:tanazashi:20210223154353p:plain

親から巣だち、厳しい冬を過ごす若狐。
心の内にある不安そしてその向こうにある希望。
絵に命と心を吹き込む上村淳の世界です。

f:id:tanazashi:20210223154346p:plain

奈良市の松柏美術館で今月21日まで。

 

 

会場:松伯美術館

会期:2020年12月5日~2月21日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。