チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「百花繚乱 ―華麗なる花の世界―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210523131028p:plain

 

 

百花繚乱 ―華麗なる花の世界―

 

f:id:tanazashi:20210523130953p:plain

金地に咲き誇るカキツバタの花。

川端龍子尾形光琳の八ツ橋図屏風などに触発されて描きました。

f:id:tanazashi:20210523131018p:plain

一輪一輪ほどのある花の表情。

そこには凛として咲き誇る花々の力強さが表現されています。

太平洋戦争末期、空襲を逃れひと月半で描きあげました。

日本画家が描く百花繚乱の世界です。

f:id:tanazashi:20210523130946p:plain

「日本絵画において花は重要なテーマとして描き続けられました。画家たちは様々な挑戦をしながら花の絵画を描いてきました。

f:id:tanazashi:20210523130938p:plain

伝統的なものにも学びながら、また独自の表現を取り入れていきました。

f:id:tanazashi:20210523130930p:plain

自身が学んできたことを新たに表現したいこと。花の絵画では表現して行ったと言えると思います」

f:id:tanazashi:20210523130914p:plain

菱田春草も様々な日本画の表現方法を追求しました。

多くの画家たちを魅了してきた牡丹の花。

f:id:tanazashi:20210523131432p:plain

春草が描いたのは花びらがふわりと広がる軽やかな白ボタンです。

蝶たちもその動きに呼応するかのように舞っています。

どこか儚ささえ感じる春草ならではの表現です。

f:id:tanazashi:20210523131403p:plain

西洋画を学ぶことから出発した山口蓬春。

その頃培われたデッサン力が紫陽花の写実的な表現に生きています。

f:id:tanazashi:20210523131412p:plain

雨上がりの柔らかな日差し。

f:id:tanazashi:20210523131421p:plain

日本画の顔料で描かれた花は瑞々しく輝きます。

西洋画と日本画の技法を共に身につけた蓬春の画力が伺えます。

f:id:tanazashi:20210523131355p:plain

画家たちは四季の花々を一つの作品に描き込み、見る者を楽しませました。

f:id:tanazashi:20210523131343p:plain

これは四季の花鳥を装飾性豊かに描き出した荒木十畝の作品。

春、紅椿やハクモクレンが咲く水辺には鳥たちの姿。

f:id:tanazashi:20210523131653p:plain

夏には桐の枝にとまるオナガ

f:id:tanazashi:20210523131646p:plain

秋には赤く色付いたカエデやキツツキ。

f:id:tanazashi:20210523131632p:plain

冬は、雪解けとともに花を咲かせる梅が描かれています。

f:id:tanazashi:20210523131626p:plain

美しい日本の四季です。

f:id:tanazashi:20210523131619p:plain

東京都渋谷区の山種美術館で6月27日まで。

 

会場:山種美術館

会期:2021年4月10日~6月27日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「ゆる旅おじさん図譜 リターンズ」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210523122155p:plain

 

 

ゆる旅おじさん図譜 リターンズ


歌川広重の一味楽しみ方を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20210523122145p:plain

東海道五十三次など日本各地の風景を描いた歌川広重

そこにはたくさんの名もなきおじさんの姿があります。

f:id:tanazashi:20210523122138p:plain

出来立ての安倍川餅を頬張るおじさんの美味しそうな表情。

f:id:tanazashi:20210523122131p:plain

ようやく宿場に辿り着いたおじさんたち。

f:id:tanazashi:20210523122125p:plain

こちらは木曽街道にある船の渡し場です。

f:id:tanazashi:20210523122119p:plain

船頭のおじさんはこもをまとっていかにも寒そうです。

その向こう一の周りにもおじさん達。

f:id:tanazashi:20210523122113p:plain

暖をとりながら談笑しています。

あたたかな観察眼で描き込まれた人物からはその土地の空気まで伝わってきます。

f:id:tanazashi:20210523122106p:plain

岐阜県恵那市中山道広重美術館で6月13日まで。

 

会場:中山道広重美術館

会期:2021年4月1日~6月13日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210523121800p:plain

 

 

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-

f:id:tanazashi:20210523121508p:plain

現代アートピピロッティ・リストの独創的な世界を紹介します。

f:id:tanazashi:20210523121454p:plain

1962年にスイスで生まれたピピロッティ・リスト

f:id:tanazashi:20210523121520p:plain

映像や音楽を使った作品で知られ、

f:id:tanazashi:20210523121532p:plain

社会問題などをユーモアを交え表現しています。

f:id:tanazashi:20210523121713p:plain

これは社会が抱える性別や武人種の壁を感じさせる作品です。

f:id:tanazashi:20210523121722p:plain

モニターの画面に押し付けられているのはピピロッティ本人。

f:id:tanazashi:20210523121729p:plain

顔を崩しながらその中からはい出そうとしています。

理想化された女性像とは異なる本来の姿を現しています。

f:id:tanazashi:20210523121706p:plain

京都市京都国立近代美術館で6月20日まで。その後ご覧の会場でも開催予定です。

 

会場:京都国立近代美術館

会期:2021年4月6日~6月20日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

「高野山の名宝」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210523121243p:plain

 

 

高野山の名宝

高野山霊宝館で名宝を特別に公開しています。

f:id:tanazashi:20210523121230p:plain

国宝・阿弥陀聖衆来迎図。

死を迎える人を極楽浄土に往生させるために雲に乗った阿弥陀如来や菩薩などが迎えに来る様子を描いています。

f:id:tanazashi:20210523121223p:plain

菩薩には朱色の輪郭線が施され、ほんのり赤みがかって見えます。

f:id:tanazashi:20210523121218p:plain

阿弥陀如来は念仏を唱える人をあまねく救うとされる仏。

切金が多用され、光背にもぼんやりと金が施されています。

f:id:tanazashi:20210523121209p:plain

和歌山県高野町高野山霊宝館で11月28日まで。

 

会場:高野山霊宝館

会期:2021年4月17日~11月28日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち 葛飾北斎『怒濤図』

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

祭屋台の天井絵として描かれた「男浪」「女浪」と呼ばれる2枚の肉筆画『怒濤図』は、葛飾北斎が最晩年に手掛けた作品。『神奈川沖浪裏』から15年。あの大傑作に満足しなかった北斎が85歳で描いた“波の集大成”の秘密とは?化学調査でとんでもない色使いだったことが判明!さらに最新技術VRで作品を立体化すると…?映画で葛飾北斎を熱演した俳優・柳楽優弥さんが、北斎が挑み続けた波の謎に迫ります。

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち 葛飾北斎『怒濤図』

放送:2020年5月29日

 

裸来てと思ったのは好きに書いただけだよ

時代に大ヒットした浮世絵シリーズ・富嶽三十六景

絵が葛飾北斎

その絵は新紙幣やパスポートにも採用され、日本のシンボルとなっています。

自らお化けを老人と呼び、当時としては驚異的な90歳という長寿を全う。

そんな北斎が生涯をかけて向き合ったのが何で中でも最晩年に描いた何の一策に

新たな発見や解釈が生まれています。

ポップアートに近いような最新の調査で明らかになった驚きの吹き替え間隔

さらにその波をVR技術で立体化すると白菜のあまりにも奥深い企みとは。

いったい常識にとらわれず挑み続け85歳で辿り着いた究極の波に迫ります。

 

 

長野県小布施。

東京から250キロほどの小さな町にその絵はあります。

行ってきたのは映画北斎で若い頃を演じた柳楽優弥さん。

ご名の書く女には色気がねふざけてるのか勝手なことになると

ライバル達に食って掛かる負けん気の強い国際を熱演しました

男っぽいと言うかちょっと荒い部分が強いのかなって思うような印象で参加したんですけどやっていくうちにもっと知的ななんかイメージの強い人なのかなって

向かったのは数多くの貴重な北斎の肉筆画が所蔵される北斎館。

こっちですね。

中でも最高傑作と言われるのが85歳で描いたナミです。

あこれだすごい。

今日の作品葛飾北斎作と頭頭。

1845年に祭り屋台の天井絵として描かれました。

向かって左側が砺波右側が女神

何卒だけの絵

無臭の水しぶきが飛び散って今にも降り出しそう。

このなんか描きかた結構特殊みたいで既に結構液体をつけて振ってふくにし

そして森低空できないので一発一発本気でした

その水しぶきの表現はまるで現代アートのような大胆な技の連続でした。

今回特別にもっと近くで見せてもらうことに

もうすごいグッと寄ってみると生々しい筆の痕跡

白絵の具の縁取りが鳩の形を立体的に表現

色調の変化も寄せては返す波の連鎖を強調します。

柳楽さんが気になったのはたった一軒不思議じゃないですか

富士山があって風景を描いてるって言うことじゃないじゃないですか

何を考えて描いたんだろうっていうことが気になりました

奥さんが何を主題に描き始めたのは40代の頃。

浮世絵といえば役者絵や美人画が人気で波をテーマに描く絵師は珍しがられました。

変幻自在に形を変える並みに没頭していく北斎

打ち寄せる波と引く波のダイナミズム。

予約砕ける花見など何十年もかけてあらゆる波を描きました。

そして70代でたどり着いたのがあのごふんも驚嘆したという神奈川沖浪裏の大波。

40代の頃の波と比べるとあまりの違い

国際Sとしての真価がよくわかります

神奈川沖浪裏を含む富嶽三十六景は当時の江戸で大ヒットを記録。

でも北斎は満足しませんでした。

70歳前に描いたものは取るに足りない。

73歳でようやく生き物の骨格や草花の本質を悟ったので

今後は86歳でますます鍵が進み

90歳でその奥義を極め

100歳でまさに神妙の域に達し

110歳では一点一画が生きているようになるだろう

デュエマじゅーご年後

北斎は小布施にある神社の祭礼で使われる祭り屋台の天井へとして怒涛図を描きます。

たんですかあの吸い込まれてく波の奥行きに行って

家に引っ張られるって感じしませんかって

北斎の絵というフィルターを通して来たい家を感じれる神奈川沖浪裏空すら

その表現は更に進化を遂げていました。

それにしてもなぜ風景を一切排して波と奥行きを感じさせるウズだけを描いたのでしょう。

 

 

 

北斎館から北東に2キロほどの岩松院。

ここにも北斎最晩年の大作があります。

88歳の頃に描いた八方睨み鳳凰図。

畳に21畳分という巨大な天井絵です。

華やかですね

何かまた違う

何か色合いがやっぱり色鮮やかで

色々な色が睨みつけながら舞い降りてくる

ふぉー圧巻の迫力を生み出しているのが

鮮やかな赤です

ただの赤ではありません

えんたんと漢字を重ねたカサネイロ

晩年の北斎

絵の具を混ぜ合わせて

いくつもの新しいを生み出しました

色絵のこだわりは

当時の常識を超越していたと言います

ドトールでこだわったのもなみの色

まずはどこまでも深い青晩年の北斎

ベロ藍と呼ばれる

ドイツ生まれの人口完了に出会います

それまで浮世絵で使われていたあいに比べ

格段に鮮やかな青の発色

北斎は色合いの魅力を最大限に活かす絵を

何枚も描きました

そして次がグレーがかった緑

2019年の調査によって

今見ている色は

描かれた当時と

全く違うことが分かってきました

小布施で北斎作品の絵の具の調査をしてきた

修復市の山内晶さんによれば

気まぐれっぽく見えているところに

動画当時使われている顔料で

銅を含む緑色顔料二つあるんです

一つは岩緑青と妹ですね

もう一つは銅の錆

それを道ろく点ですけどね

岩緑青が変色するんですね

黒く変色します登録いうのは退職します

退職して白っぽくなっていくんですが

その違いで見ればどうろくかな掃除

北斎が表現した色合いを

登録を用いて再現してもらいました

いったいどんな色になるのでしょうか

退職したと思われるナミの部分に

彩色をすると頭鮮やかな緑色に

全体を登録で復元してみると

こんなに華やかな絵だったんです

でもこの絵の具にはある

問題がものすごくビビットな色やけれども

長持ちしないというあるので

ひゃく年先の事を考えると

やっぱりは緑青を使う

というのは普通だとは思います

けれどもね

岩緑青と同録を比べると

緑の鮮やかさが違います

やっぱり猫の色なんですよ

下から見て

間違って太田ピクルスになったら

ビビットな人じゃないと

目立ちませんのでね

北斎はどうしても

登録を使いたかったんじゃないかなと

誰もがはっと驚く波を描きたい

その想いをとことん貫いたと頭頭の波の色

今は色褪せてしまったこの部分にこそ

白菜の貪欲な色への

執着が込められていたんです

でもいったいなぜ江戸の絵師

北斎がわざわざ長野の小布施で

こんな革命的な絵を描いたのでしょうか

その理由は江戸の変化にありました

時は天保年間幕府の財政逼迫を受け

老中水野忠邦が大改革を打ち出します

贅沢禁止庶民の娯楽であった

浮世絵も処分されてしまいました

医師にとっては辛い世の中

馬鹿が死んだからってママ親父が固まって

朝から晩までばかり書いて

絵を描くことしか興味がなかった

北斎にとって

自由に描けないなら死んだも同じ

そんな時小布施の豪商

高井鴻山が白菜の後ろ盾となり

アトリエまで提供すると申し出るのです

山しかないがベスト水はここより前です

ろくじゅーに回お布施にある北斎が残した

肉質が特別に見せてもらいましたんですけど

どういう会なんですか

僕妻が自分の健康と長寿を願って

毎朝こう書いてたね

自分の開けていますかね

それを全部金に託して

名前を書くことによって出していくって

はいオブ線を

拠点に国際は人々を楽しませる浮世絵から

自分の内面を表現する

肉筆画を描くようになります

この作品にもえしの心の内が

最新のVR技術を使って

北斎の真の狙いを探ります

 

 

 

 

葛飾北斎85歳で到達した波の集大成と頭頭。

北斎はこの波と渦で何を表現したかったのでしょう。

ドトールの狙いを読み解くのは3Dアーティストのばくえあきらさん。

VRプロジェクションマッピングなど、3Dを使ったアート作品を発表しています。

北斎に刺激を受けてきた和久井さんは八方睨み鳳凰図を3Dプリントで立体化。

今回はドトールに挑みました。

そこで気づいたことが。

一番最初はどれぐらいのスケールかなんだろうということを考えて言ったんですね

やぐらさんこの絵からこの波あるいはこの売るの大きさって

一体どれくらい買ってサーフィンの波ぐらい

神奈川沖浪裏その作品がですね

波があって漁師さんの船と漁師さんが乗ってるんで

そこから考えると波が本当に10メートル以上。

20メートルとかもっと大きかったかもしれない。

渦についてはこの区域ですよね

はいこれもそうでしょ

僕すごく気に入ってて

吸い込まれるみたいな気持ちになるんですよね

一つ一つの子の青い波のところに

白い線で

教会は消されてるんですが

その数だけでもそう以上あるんでしょうね

で一つの総当たり

どれくらいの距離感が生まれているのかって

考えるとここの細いラインがあるんだけど

これたぶん手前にこう波が来ている線

それも多分じゅーM以上あるんじゃないの

あるほど単純にここ

だけでもジュースと割ってじゅーMなんで

ひゃくM以上あるんじゃないのなな

階建てのビルほどもある大波が渦を巻いて

どこまでも連なっている

北斎は途方もない

スケールの世界を平らな痛み

表現したと考えられるので

どんな狙いがあったのでしょう

和久井さんのVRが謎を解き明かします

柳楽さんがばいけんこず

こずの音が聞こえます

ドトールのプールの中へ

波の音も聞こえてきました

何があっすごいなんかこういうことなんですか

多分あここからがすごい宇宙空間みたいになる

今波の中にいるって感じだったのに

ここからは宇宙空間渦巻く大海原の先に

北斎の狙いが見えてきたのです

すごいVRの先のこの宇宙まで続いてるって

奥行き感がちゃんと再現されてるんですね

この絵が凄くイリュージョンと言うか

い世界に連れて行ってくれるような仕組み

っていうのが出来てるなあと

激しくうねる波と

渦人知の及ばない大自然の姿を通して

僕と愛はこの世を超越した

世界を描きたかったのかもしれません

では目指した世界とはなんだったのか

そこにもう一つの新解釈がオナ認め

並二つを組み合わせると繋がった

 

 

 

ドトールの保奈美止めなみ今は

このように展示されて

いますが実は

どちらが上下か分かっていません

今には決まった配置があるのでは

国際間の竹内さんはこう考えました

ろく歳あのいろいろ仕掛けをする人だと踏んで

色々と組み合わせをしてみたんですね

そうしていくと

周りのハートをと

中の渦がS字型に繋がる

と思われる形ができたんですね

それがいいよーの一番出発点である

太極図に繋がるんではないかと

ほなみと女神をつなげてみると

エス地方が浮かび上がります

この形が陰陽説のもとになる

太極図を表しているのではないか

という解釈です

溶接とは対立する

二つの木が調和し

自然の秩序が保たれるという

思想祭りの天井ですから

神社神を寿ぐ神に感謝をして

それぞれ健康やそれから商売繁盛五穀豊穣

こういう住民のそれぞれの幸せを願う

このために何がいいかとか

書いたと思うんですよね

厳しい改革さらに大飢饉にも見舞われた天保時代

北斎は先の

見えない世界に平和が訪れることを願って

この絵を描いたのかもしれません

元気をもらえる感じがあるか

景気の良い感じがやっぱり目にあります

強さとか疑いとか

そういう感情を忘れさせて

自由な気持ちを与えてくれる

ひゃくはちじゅー

年近くの時を経た今

ドトールの波と渦に誘い込まれる心地よさ

苦難を乗り越えたその先に

穏やかな暮らしがやってくる

国際が波に込めた希望というメッセージ

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

日曜美術館「フランシス・ベーコンの秘密 バリー・ジュール・コレクション」

f:id:tanazashi:20210523084541p:plain 

 

 

20世紀で最も重要な画家の一人とされるフランシス・ベーコン

その死の直前に、千点を超える作品群が、親しかった友人バリー・ジュール氏に秘密裏に託された。

それは、生前の「ドローイングは描かない」「デビュー前の作品は破棄した」といった伝説を覆すもの。

存在が知られるや世に衝撃を与え、真贋(がん)をめぐる議論も巻き起こしてきた。

初来日した作品に、ベーコンを愛してやまない写真家・レスリー・キーが迫る。

 

フランシス・ベーコン 名言集  

フランシス・ベーコン バリー・ジュ―ル・コレクションによる

フランシス・ベーコン BACON

 

 

日曜美術館フランシス・ベーコンの秘密 バリー・ジュール・コレクション」

放送日

2021年5月23日

 

f:id:tanazashi:20210523104351p:plain

f:id:tanazashi:20210523104357p:plain

人間の奥底に眠る恐れを目覚めさせる画家がいます。

f:id:tanazashi:20210523104410p:plain

20世紀で最も重要な画家の一人。

フランシスベーコン。

戦争の世紀。

絶えることのない殺戮の狂気を見たことのない三頭の怪物に表し。

神なき時代。

人は何によって生きるのか。

宗教の意味を問いかけた。

現代人の孤独を、うめき声さえ失われた大きな口の漆黒に描きました。

f:id:tanazashi:20210523104424p:plain

f:id:tanazashi:20210523104427p:plain

f:id:tanazashi:20210523104430p:plain

完成した絵だけが真実を語る。

そう信じたベーコンは絵画から一切の物語を排除。

f:id:tanazashi:20210523145938p:plain

絵が生まれる背景を消して明かしませんでした。

隠し続けたベーコンの秘密に迫る作品群が初めて日本にやってきました。

f:id:tanazashi:20210523104341p:plain

 

バリー・ジュール・コレクション。

死の直前までベーコンが密かに手元に残したペイント跡の残る雑誌の切り抜きや写真。

f:id:tanazashi:20210523145927p:plain

コレクションの中にはベーコンが決して描かないと宣言し、この世に存在しないはずのドローイングもありました。

f:id:tanazashi:20210523150223p:plain

これらの作品は死の直前、友人・バリー・ジュールに手渡されたものでした。

f:id:tanazashi:20210523150450p:plain

「彼は私の車に書き込みされた雑誌やデッサン、たくさんの本、何枚かのフルてえを積み込むように命じました。それからアートワークをどうしたらいいか尋ねると、バリー、君はどうすべきか知っているといいました」

中にはベーコンがベーコンになる前、修行時代の若き日の油絵も含まれていました。

f:id:tanazashi:20210523150701p:plain

処分して存在しないと言われていた作品です。

f:id:tanazashi:20210523150652p:plain

しかし今回、ベーコンの著作権管理団体はいずれもベーコンの手によるものではないとの見解を示しました。

f:id:tanazashi:20210523150634p:plain

f:id:tanazashi:20210523150642p:plain

今は亡き偉大な画家、フランシス・ベーコンが友人に託した問題のコレクション。

その知られざる真実に迫ります。

f:id:tanazashi:20210523104332p:plain

 

 

アトリエに人を入れなかったベーコンの作業風景をとらえた珍しい写真があります。

ロンドン、リースミューズ7番地。

ベーコンのアトリエ兼終の棲家でした。

許されてこの写真を撮ったのはバリー・ジュール・コレクションの所有者、バリー・ジュールです。

ベーコンが手に持ち何かを描き加えている写真。

そこにはベーコンともう一人の人物が写っています。

金髪で長身のこの男性こそバリー・ジュール。

このペイント作品もまたジュールコレクションの中の一枚です。

「面白いことに私が初めてフランシス・ベーコンに会ったのは実際に直接顔を合わせたわけではなかったのです。1978年の1月の初め、私が車を止めふと見上げると私の住んでいる通りの端の壁に窓があったのです。そして誰かが窓ガラスに力強いストロークで人物や顔などを描いているのが見えたのです。

f:id:tanazashi:20210523151508p:plain

f:id:tanazashi:20210523151551p:plain

アトリエの近くに住んでいたジュールは不思議な出会いから14年。

細々とした身の回りの世話をする関係から、いつしか海外を供に旅する気の置けない友人。

ついにはアトリエの鍵を預かることに。

ベーコンが描き上げた作品が気に入らない時は代わりに絵を処分するほどの関係になりました。

そんなジュールにベーコンが死の10日前に贈ったのがバリー・ジュール・コレクションです。

日本で初めて公開される秘蔵コレクション。

展覧会を誰よりも待ち望んでいたアーティストがいます。

写真家レスリー・キー

 

シンガポール出身のレスリー

光に満ちた華やかな色彩の写真で世界を舞台に活躍。

自らのセクシュアリティがゲイであることを公表し、昨年パートナーのジョシュアと結婚しました。

「ベーコン亡くなったころに私は初めて日本に来て、学生の時に神保町で本屋でフランシス・ベーコン。やっぱし影響されてました。ベーコンの自分が自然に見えることも、ある思いを感じました。自分の人生を賭けた作品を残すことは魅力的だ」

コレクションと対面する日が来ました。

「この雨の中まるでベーコンのテントみたいにね、その色が色々飛んでいく」

まず訪れたのは油絵の部屋。

独特な画風で本格デビューする前に20代初めに描かれた作品。

ベーコンは生前全て処分したと話していました。

入り口に一枚の絵が飾られています。

自画像。

ベーコンの死から四年後、ジュール・コレクションの存在が初めて公になった時

真っ先に公開されたコレクションを象徴する一枚です。

ピカソと並ぶ20世紀最も重要な画家と言われるベーコンの未公開作品の発見は大きなニュースとなり、美術界はわきたちました。

 

しかし、おどろおどろしさとは無縁の絵に関係者からは本当にベーコンが描いたのか疑問の声も上がりました。

こうした中、ジュールは一枚の供述調書を作ります。

アトリエの向いに勤める女性がベーコンがジュールの車に作品を入れたのを見たとの証言でした。

これに対し、ベーコンの遺産相続人はジュールに作品を返すよう求めました。

しかし、その後訴えを取り下げています。

今回ベーコンの著作権を管理する団体に見解を求めたところ、次のような回答が返ってきました。

ジュール・コレクションはベーコン以外の誰かが作ったものだと信じている。

本物と認めていない作品と一緒に番組の中でベーコンの作品を使うことは認めない。

展覧会を企画した神奈川県立近代美術館に聞きました。

「作家本人がそれをオーソライズするためにも死んでしまってるのが決定的ですよね。どうしても真実はちょっと見えにくくなる。そのことに対していろんな反応が起きた。でもそれ、ある意味その反応自体を見ていくことも面白いことです。あれほど生きてる時から伝説のような人が死んだ。見せないものが見えてきた。ではそれ何と、みんなが思う。見る人によってその見え方が違う。一流のアーティストあればあるほどその部分は非常に複雑に反応を呼び覚ます。その経緯も含めてこの展覧会は興味深い展覧会だというふうに思っています」

今も論議が続くジュール・コレクション。

レスリーの目にどう映ったのでしょうか。

「なんか原点がわかるね。少しでも最初から本人が持ってる関西じゃないすかくすんだけど鮮やかさを聴く続くすんでいる気がする。なかなか難しい色基本は攻めな」

レスリーが色彩とともに注目したのが絵の中の線でした。

「もともとまっすぐの線と人間の人間の形をまじてるのがここに見える気がするどんどん後半の方は真人間に送るコメットのその環境にこの彼がいるのはその大きさで環境には線を書いてあるんですか」

作風を確立した後のベーコンの絵では、レスリーが言うように人物の周辺を線が囲っています。

檻のように見える線。

レビュー以前に書かれたとされるジュールコレクションの絵にも後の作品に通ずる線が描かれていました。

私から見ると刑務所みたいに、一人と女刑務所の中で入るの人達みたい。それはまるで田舎で港仕込まれてる

これらの絵を描いた頃、ベーコンが20代始め、独学で絵を書き始めまもなくのことでした。

彼の人生は波乱に満ちています。

厳格な父のもとアイルランドに生を受けたベーコンは病弱で喘息持ち。

ほとんど学校にも通えませんでした。

17歳の時母の下着を着けているのを父に見つかり勘当。

家を追い出されます。

あてのない放浪生活の始まりでした。

身寄りも保護者もないベーコン。

身を寄せたのは夜の世界。

同性愛者のコミュニティでした。

法律で同性愛が禁じられた時代から自らがゲイであることを公表し生きたベーコン。

その横には家を追い出された時から献身的に尽くす乳母、ジェシーライトフットがいました。

次に訪れたのはXアルバムの部屋。

Xアルバムとはウバジェシーの死後落胆したベーコンが彼女の写真アルバムの表紙に大きくバツを書き、全ての写真を抜き取った台紙一枚一枚に絵を書き連ねたもの

生前決して書かないと言っていたドローイングがまとめて発見されたのは事件でした。

「すごいパワー。どのくらい夜の時間どのくらい時間を使って書いてるだろうね。社会に自分が思ったの感情を何か残したいと思う。それをどんどん言葉じゃなくて絵にして残すって言う彼の一つのコミュニケーションツールとしてかもしれないね」

注目したのはゴッホを題材としたはち枚のシリーズです。

「彼はあるけどフランシスベーコンのシャコインっては評価されてる時期だからね珍しいですかあんな評価されてるの自分が」

確たる地位を築いたアーティストが

あえて過去の巨匠の作品に挑むレスリーはその意味について考えていました。

「1回自分の世界離れたいやつで怒られてそのもう一人の学科の自分に想像して飽きちゃって一回自分を止め休んで自分がこうなる時はどんなものできるって事はまた次のステージ試してるだから写真家。私も含めて音楽アーティストも含めて、最初の頃の作ったものはいつもすご特別と思ってねどうか5年10年経ったら形自分の女と一緒に釣り行きは出てきてるじゃんですかそれにさんじゅー年間あったら飽きちゃった時にもう1回何か原点に戻るためにはたまにまた行きましょう気に自分がいるのに好きな作品を見てそこでまた新しくを乱すこれは書くことなんてまだ次の彼が作品の次の展開になったかもしれないね」

ベーコンは油絵でもゴッホ題材にした作品を何枚も発表しています。

より鮮やかで強い色彩絵

ゴッホをテーマにしたドローイングを書いた時期

ベーコンの作風は大きな変化を遂げました。

 

f:id:tanazashi:20210523201246p:plain

ベーコンの代名詞ともいえる叫び。

それをタイトルにしたドローイングがあります。

f:id:tanazashi:20210523201240p:plain

ベラスケスの名画を題材にベーコンは油絵、叫ぶ教皇シリーズを描いています。

f:id:tanazashi:20210523201233p:plain

その下書きとも思えるドローイング。

しかしその絵にはベーコンにとって別の意味があったとも考えられています。

「完成版が頂点であって、例えば鉛筆のドローイングは層構造を考えればそれは下の方にあるって言う考え方っての普通のアカデミックな腕の考え方ですよね。完成作品よりも上とか下とかそこのではない。また準備という構図の中で描かれたものでもないきっと。油絵として完成させたものを今の自分はどう見るか。どう感じるか。時間は完全逆流してる。そっからまた別のエモーション感情が生まれる。その行ったり来たりをしてるんで何か一歩通行の時間の道筋がごにあるわけではない」

f:id:tanazashi:20210523201226p:plain

「ショックでしたね。恐ろしいショックでした」

f:id:tanazashi:20210523201428p:plain

50年前日本に初めてベーコンを本格的に紹介した酒井さんもジュールコレクションに驚いた一人です。

「なんかもっとちゃんとしてよって言うな事言われてるような気もしたし、それから頭でっかちで物を考えるなよってこと改めて言われたような気もするし、もっと率直になれて言われたような気がしたし。とにかく言われっぱなしで帰ってきました。今まではタブロー(壁画ではなく、板絵やキャンバス画を指す。また、絵画に於いて完成作品を指す言葉でもある。)の代表的な作品を目にしてきたので、その奥の奥の奥にある原点にあまり触れたことがなかったから。ベーコンはデッサンしないよと通常は言われてたんだけども、今回のあれは広い意味で言えば最もデッサンらしいデッサンとも言えるし、摩訶不思議なデッサンともいえるし、ベーコンにとってのデッサンですね。ベーコンの絵の持ってる力って言うんですか、内在しているエネルギーというのかな、そういったものはどういうことに、どういう仕組みになってるのかってことを考えるきっかけにもなりましたね。とことん飲み尽くし、人間は何か問いただす。今まで固定観念として普遍化されているものも、一旦めくって剥いで行くと地金が出てきたりすると違う性質のものが見えてくるじゃないかっていう感じがベーコンの絵にあるんですね」

対象を飲み尽くしその裏に潜む真実を描く。

そこには愛すること愛されることの絶望を知るベーコンの壮絶な体験がありました。

それはある映画に描かれていました。

f:id:tanazashi:20210523202714p:plain

同性愛者だったベーコンと恋人ジョージ・ダイヤーの出会いと別れ。

f:id:tanazashi:20210523202707p:plain

レスリーは来日間もないどん底の時代にこの映画を見てその意味をずっと考えてきました。

「生まれた時に親がいなくて片方親がしないとお父さんでお母さんが早く亡くなって。亡くなった瞬間まるで絶望な人と思ってましたが過去網膜最後まで通えなかったし若い時に感じた痛みと苦しみと孤独とすごく若かったので、その可能性があるとか若いままですごく長かった感じ」

愛するがゆえに傷つけ、破壊する独占欲。嫉妬。

「20年前見てすごく怖かった。すぐ覚えてる。実際映画の中でこういう絵いっぱいあるじゃ。人間がまるでしちゃった中で、人間一人一人が皆刑務所みたい」

「人間と人間の関係。愛するとの関係を一つの自分のこっちにしたくらい冷やしてねすごくある意味ぐちゃぐちゃしたく一度無茶苦茶したくなって浮かれ中で息がある気がする手に入れたら逆にダメージしたい。ディストロイしたい。食べたいお会いしたいですかそのことで生まれてきたのがさらに変え中での美しいもの気がするね」

ベーコンはジョージとの関係の中で見えたものをいくつもの絵画に残しています。

「彼等はAに自分に自分のものにする。できないからどうしてもできないならば逆にカレーカレーの関係を通して自分の画家としての格のだけ過去の感情を一回何て言うかな彼が想像するみたいにジョージをくるっていくまでに調子乗子様連れて行くまでにペンとしていく。それと野良猫ハートを出して血だらけぐらいに、そこがやっとその華麗な彼の本当に最後ひとつの帰りの電車の中で一つで当然ステーション死ぬ。死ぬっていうことについて、ベーコンさん美しいと思います。ベーコンペットが死んだらめちゃかなしだけどでもこちんた姿を写真出す気持ちを知りたい。ベーコンさん国分わんともだけどでもAO彼氏ため犠牲が必要。自分に愛する人。愛する気持ちを犠牲することでバリスタの完成が彼の絵になるんですかね」

 

 

バリー・ジュール・コレクション最後の展示室。

そこにはペイントが加えられた写真が並んでいます。

f:id:tanazashi:20210523194640p:plain

ベーコンのプライベートゾーン。

閉じられた寝室を覗き見るような濃厚な匂いに満ちています。

f:id:tanazashi:20210523194634p:plain

これは電気椅子による死刑執行を世界で初めて撮った写真。

撮影が禁止される中。隠しカメラで記録された死の瞬間です。

f:id:tanazashi:20210523194626p:plain

映画殺人狂のモデルになったフランスの連続殺人犯、アンリ・ランドリー。

公判で延々と無罪を主張した時の写真です。

f:id:tanazashi:20210523194615p:plain

「肉体がすごくを表現する写真が多いですね。スポーツだけ見るとやっぱり腕が見えたり胸が見えたり、太ももが見えたり、足が見えたり、全て筋肉が動いてる。汗、傷。多分そこが彼はすごく好きだね。恋する。片思い。全てベーコンの作品は私から見ると、愛とエロティックが同時に彼は絶対それは残してるし、そこで孤独。そこで怒り、ジェラシー。それと苦しみ。彼は隠せずに描いて残してるかなと思ってる。写真の違う一面を感じてどんどん上に書き出し始まったら、一つ枯れフランシス・ベーコンの人間としての趣味。人間としての彼の感じたことが、彼の手が自然にいろんな色の色彩を使って描いてる。絵を描いているベーコンは画家。でも紙に書いてるベーコンは一人の男。男を愛する男。ひょっとしたら、コンプレックスもいっぱいあるんじゃないかなと思ってます。私も実際男が好きということも結構30代の後半ですね。20代の時にも男が好きってことは前面に出せない。出せるのに勇気がなかったんですよ。きっと私もその時にフランシス・ベーコンと一緒で色んな雑誌や写真を見て、心の中で憧れ、好き。心の中で会ってみたい。心の中でこの人とエッチしてみたい。それができないことにしても違う方法にその人との関係性を作りたいわけ。フランシスベーコンは私から見ると彼はすごく気に入っている人が自分のものにするためにオリジナルでいろいろかき集めている。毎日いろんな男と出会ってるように気がするなと思った」

ベーコンの人生を取り巻いた数々の男達。

f:id:tanazashi:20210523195621p:plain

その中でもジュールは晩年の14年間世界で最もベーコンの近くにいた一人です。

f:id:tanazashi:20210523195824p:plain

彼が見続けたのは恐怖や孤独と向き合った偉大な画家ベーコンではなく、どこにでもいる老人。

ごく普通の人間・ベーコンでした。

f:id:tanazashi:20210523195819p:plain

彼の元にはベーコンの署名入りの手紙や公文書。はては夕食会のレシートまで、思い出の品が残されています。

f:id:tanazashi:20210523195834p:plain

中でも貴重なのはベーコンの許しを得て録音された160時間にも及ぶ肉声テープ。

f:id:tanazashi:20210523195809p:plain

これまで決して公開されずにきたテープを世界で初めて公開します。

f:id:tanazashi:20210523195909p:plain

f:id:tanazashi:20210523200006p:plain

f:id:tanazashi:20210523200009p:plain



芸術談義から下世話な話まで二人の親密な関係が伺えます。

しかしベーコンとジュールの友情に満ちた日々は突如終わりを迎えることとなります。

f:id:tanazashi:20210523200613p:plain

f:id:tanazashi:20210523200617p:plain

f:id:tanazashi:20210523200623p:plain

f:id:tanazashi:20210523200627p:plain

f:id:tanazashi:20210523200634p:plain

f:id:tanazashi:20210523200639p:plain

f:id:tanazashi:20210523200644p:plain

f:id:tanazashi:20210523200648p:plain

f:id:tanazashi:20210523200653p:plain

 

 

ベーコンが死を迎えたのはジュールと別れてから10日後のこと。

f:id:tanazashi:20210523193201p:plain

マドリードで心臓発作で倒れ、付き添う人もないまま、たった一人でその83年間の人生を閉じました。

f:id:tanazashi:20210523193153p:plain

無神論者だったベーコンは、皮肉にも臨終の際カソリックの司祭によって見送られています。

f:id:tanazashi:20210523193147p:plain

「ただ僕が思うのは、ベーコンやってて何か僕の心の中での答案ですけど、何かある種の優しさがあるんですよ。それは分からない僕にも。これはある種の宗教的感情って言ってもいいかもしれないし、それはねやっぱり彼のなんちゅうんだろうなあ、僕は色彩の秘密みたいな感じがする。

f:id:tanazashi:20210523193120p:plain

気持ちが揺れてるところが隠されてあるんですよ。壊しきれないものがあるんだね。だから黄色色がだとかあるいは赤色とか、何か絵画のところでアクセントみたいなところです。そういう物のヒントに入ってる。これは作為的じゃなくてなんか自然にそうしないと絵が救われないみたいな。

f:id:tanazashi:20210523193134p:plain

自分の気持ちが救われないみたいな感じになるんだ。これは表現者としてすごいことだと思いますね。単にに絵を描くために描いているわけじゃないんですね。天啓みたいなものがある」

f:id:tanazashi:20210523194159p:plain

レスリーはジュール・コレクションと出会ったあと、新しい表現を模索しています。

f:id:tanazashi:20210523194207p:plain

「ベーコンの伝えたいメッセージと自分の伝えたいメッセージはちょっと違う部分もあるけど、でもお互いは同じ道通ってますね。寂しいところとか苦しみととか、孤独が強い。でもネガティブとは思っていない。=私の絵がいちばんポジティブと思われるかもしれない。もし私が逃げてる。彼の方が逃げてないかもしれない。私逃げてるからどんどん輝くものってあまり孤独のものをわかりやすく見たくないから。彼は見せてると思うから。一番ベーコンが一番正直かもしれない」

フランシス・ベーコンの死から29年

未だに論議が続くバリー・ジュール・コレクション。

f:id:tanazashi:20210523194153p:plain

死の直前密かに託された作品たち。

今も静かに人々の心を動かし続けます。

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

新美の巨人たち 『国立京都国際会館』

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

京都の市街地から北に10キロ。公園として整備された憩いの地・宝ヶ池に佇む建物『国立京都国際会館』。

京都議定書が採択された場所でもあります。

60年代の終わりに完成し、変わりゆく世界情勢と共に歩んできました。

設計したのは、建築家・大谷幸夫。あの丹下健三の一番弟子です。

独立したばかりのばかりのタイミングで、このコンペに参加。並々ならぬ情熱を注ぎこみました。

造形はまさに未来的で、かつてウルトラセブンとの戦いの舞台にもなりました。

内観はというと、未来へと続いていくようなアプローチを抜け、待っているのはロビーの大空間。

大谷は特にこのロビーにこだわったといいます。

そこにはある理由が…。

ロビーの先にある大会議場は、シンメトリックな台形構造。

1階から4階までの4層吹き抜けです。

空間の構成美、圧巻のこだわり…異様な造形美ではありますが、遠くから見れば自然の風景の中にうまく溶け込んでいるのです。

一体なぜ?そもそもこの建物はなぜこんな形をしているのか?

建築家が込めた想いとは?

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち 『国立京都国際会館

放送:2020年5月22日

 

なんといっても京都は千年の都。

京都祇園の街は雅ですし、由緒ある神社仏閣はこれでもかというほどあります。

京料理や甘いものも魅力的ですよね。

ただ今日ご紹介するのは皆さんが思い描く京都とはちょっと違います。

洛北宝ヶ池。

あなたの知らない京都の緑の中に。

人によっていろんなことを言います。

宇宙船みたいだとか。

ガンダムみたいだとか。

建物ができたのは今から55年前なんですが、すごく未来な感じがしませんか。

あのウルトラセブンでは防衛拠点のモデルになっています。

宇宙ロボキングジョーにあわや破壊されるところでした。

ではご紹介しましょう。

今日の作品です。

大谷幸夫設計国立京都国際会館

ここは世界中から人々が集まり、地球の未来を話し合ったりするところ。

温暖化防止の取り組み、京都議定書が採択された場所としても知られています。

それにしてもなんでこんな形をしているんでしょう。

今日はその秘密に迫ります。

 

 

建築家の狙いを紐解いていくのは伊野尾慧さん。

明治大学建築学科を出た異色のアイドル。

プライベートでも世界の名建築を巡るまさに筋金入りの建築好きです。

「すごいね。迫力ありますね。ダイナミック」

国際会館と一口に言っても、広大な敷地に様々な機能を有しています。

今回尋ねるのは1966年に完成した本館。

地上の鉄骨鉄筋コンクリート造。

「コンクリートで武骨な感じはあるんだけれどもどこかの雰囲気を感じますよね」

 

ここは訪れる人が必ず通るところ。

未来へと導かれるようなアプローチです。

「よく見てみるとここの形が壁の形と全く同じになってて」

この場所に置くためだけに作られたテーブルです。

こだわっていますね。

そしてこの先には。

国際会館の中で最も特徴的なところ・メインロビー。

巨大な空間を支える斜めの柱はあるポイントから見るとV字が連なるように工夫されています。

照明はひし形のモチーフを様々に組み合わせて展開。

カラフルなステンドグラスが華やかに客人を迎えます。

床は苔をイメージしてデザインされたモスグリーンのカーペット。

床のカーペットがアールを描いて立ち上がる腰壁。

立ち話でも一息つけるようなさりげない心配りです。

「ロビーなんだけれども、ちょっと層が分かれてるって言う。それも一回二回とかそういう分け方じゃなく、中間的な層があったりとかっていうのは非常に面白くて」

実はこのロビー。

建築家が特にこだわった部分なのですがその理由は後ほどお話ししましょう。

そんなロビーの奥には。

 

 

 

 

美の巨人たちはオールフォーロングライフ

ヘーベルハウスとよろこびがつなぐ世界へ

キリンの提供でお送りします

星屑のように輝く照明

幾何学的に描かれた雲地球をイメージした

大きな円の下に背景に広がるね

こういったんだね

1回からよん回までのよん層

吹き抜けにせん人を収容します

ここでよん名で一グループってことあー

そうだよねだって普通だったらね

このに列目にも

きちんとこうテーブルが

おっとりとかするんだけれども

税金の組み方は日本で唯一の国連方式

いちカ国四人で座り

世界で初めて温室

効果ガスの削減目標を取り決めた京都議定書

まさにこの場所で採択されました

ではロビーから外に出てみましょうよ

歩いてみたくなる

桟橋宝ヶ池を借景にした日本庭園です

帰るとこちら側から見る建物も素敵ですね

なかなかこれだけ大きいコンクリートの塊の建物なんか

建てたら俺だけ

自然と調和するって難しいと思うんですよ

確かにこの建物は

巨大なコンクリートの塊ですね

だけど周囲の環境には

意外と違和感なく馴染んでいる

なぜでしょ実は

そこに建築家の狙いがありました

京都国立国際会館の結成された

天井雲海の第1回委員会が2月15日

都ホテルで開かれました

敗戦から復興した日本国際社会に復帰しようと

1957年国際会議場の建設が閣議

決定されます

京都宝ヶ池を建設都市ろくじゅーさん

年設計案はコンペで決めることに

応募作品総数ひゃくきゅーじゅーご件審査会は

じゅーご階にも及びます

そこで最優秀賞に選ばれたのが

大谷幸夫でした

大谷は東京大学で建築を学び

丹下健三の下で修行

コンペに選ばれた時

丹下の右腕として

広島平和記念公園や旧東京都庁舎の設計に関わる

さん年前に独立したばかり

ついに巡ってきたチャンスが

この事だったのです

大谷が自らの足で宝ヶ池周辺を歩き回り

この形を導き出しなぜこうなったのか

この建物について

大谷はいくつもの言葉を残しています

一体何を考えたのでしょうか

視界の中に山と建築を入れながら

山があれば

ぶつからないように裾野に逃げるその姿勢は

買えませんでした

それでできたのが体型です

東に比叡山を望む

宝ヶ池の周囲は小高い山並みが続く場所は

山の稜線に合わせる形として

まず背景という発想が生まれますが

理にかなう形状でした

台形の会議場は壁が斜めになるので

音が反響しないの

さらに大谷は事務室を逆台形にして

愛に常にくっつけることを考えます

そんな部屋の一つに

入らせてもらいました

実はここメインホールの同時通訳ブース

港南台球場斜めになってるから

座って普通にステージを見るなるほどね

大谷は通訳が事情を見下ろす

この位置関係を

当初から思い描いていたのです

チャコの外観のあの台形のダイナミックな形って

どこまで計算されて作られてるって事

なんだ機能性を求めた結果が

この形なんだって思うとすごいすね

この建物は機能性を追求して

こんな形になっていったのです

結果的にそれは

合掌造りの日本的な古民家を連想させる

美しさも兼ね備え明日大谷の言葉です

日本の家屋は

建築様式として

構造と機能とが連動する

というレベルに達している

だから出来上がった建築は

ごく自然に日本的な建築になりました

そして台形の形とは別に

大谷がプランを考える上で重要視したのが

実はこのメインロビーです

異なる階層の床が続く大空間

そこにはこんな意図を込めていました

政府首脳会議やその他の重要な会議は

ホテルや宮殿のロビーなどで

議論していた

僕は勝手に

頭の中でロビーと中庭をイメージし

そこで世界各国の人が交流して

物事を決めていく

という空間をイメージした

ロビー活動という言葉があるように

本会議の場ではなく

物事は個別に会って

話した時に決まっていく

そういう根回しが行われる場が必要だと考え

大谷はこの空間を彼の狙いは当たりました

1997年12月

温室効果ガスの削減

目標を10日間に渡って行われた議論は

各国の思惑が複雑に絡み合っていました

しかしまさにこのロビーで行われた

個別交渉によって

京都議定書は発行に至ったのです

だから下手したら

こういう設計をしてなかったら

京都京都議定書

採択されてなかったかもしれないっていう

やっぱ建築ってすごいね

そう思う人のこの行動だったり

活動流してもんね

さてこの奇抜な建物が

周囲の自然に馴染むのには

実はもう一つ理由がありました

こだわりのディティールが一緒にモダニズム

邸宅の極味や安城ライムフレックス

オールフォーロングライフヘーベルハウス

ヘーベルハウスです

この国住むが変わってきたのです

愛着のある新築の家を住み継ぐ人もいれ

ば信頼できる築さんじゅー

ご年の家を選ぶ人もいるかと思えば

年を重ねて一軒家からマンションへ進み

帰る人がいる人生ひゃく年

生き方に相撲を合わせて行く時代へ

明日は選べるだからあなたと話したい

ヘーベルハウス免疫の司令塔は

直接活性化できるのはプラズマ

乳酸菌だけ免疫の維持に役立つ

キリンイミューズ免疫機能で

日本初キリンイミューズプラズマ乳酸菌イミューズで

あなたにもプラズマ乳酸菌キリンイミューズ

京都駅から地下鉄でにじゅっぷん

京都国際会館その柱や壁には大量の

コンクリートが使われていますが

これだけ多くコンクリートを使ってるのに

冷たさだったり硬い感じがあまりない

と言うか実は

仕上げ方に秘密がありました

それを手がけた人たちが今もご健在で

龍馬京都の難しさももう今

この仕事があるからやってくれ

言われてもとてもリア友作業には

特殊なハンマーを使います

材料はキャストストーンと呼ばれる

砕石と色とセメントを混ぜて固めたもの

土の表面を叩きます

つー章付き仕上げに

ガタンは斜めの壁や柱に向かい

毎日これを叩きました

国際会館の柱や壁に刻まれているのは

どんな職人達の膨大な手仕事の後

なのです

どこかちょっと石みたいな

印象にしたかったのか

なーっていう気がしますけどね

したかったのは自然の石の肌触り

この質感が表情豊かな同系表現と

組み合わさるので

建物は周囲の光景に馴染んでしまうのです

国際会館には

こうした手作業による作り込みが至る所に

この部屋の

掃除はなんと斜めにできています

おそらく世界でここにしかない

特注品だということができないので

元々の補修で

特に低いと設置する部分が壊れやすく

こんな風に補修して使っています

でも愛されて使われてるって事だから

貫いたこだわり一流の家具

デザイナーや芸術家と仕事を共にして

空間に合うもの出ました

この巨大建築には

途方もないアイデア

熱量が投下されているのです

国際会館の完成から後

大谷の元には様々な依頼が舞い込みます

しかし何でも引き受ける

という態度ではありません

大谷の建築作品の一つ

川崎市河原町団地

逆Y字型が目を見張りますが

これを狙って作ったのではありません

大量の交通を確保しつつ

低層階の日当たり格差をなくしたい

なおかつ雨の日でも遊べるスペースが欲しい

喉に証券が社会問題になっている頃でした

大谷が出した解決の形だったのです

金沢工業大学の校舎には

国際会館のロビーにも通じる

吹き抜けの大空間を設けな冬に雪深くなる

北陸日とな時に

学生や教職員の間で

コミュニケーションが生まれる場になってほしい

そんな思いを込めました

現在大谷研究室の代表を務める山本さん

大谷は普通の建築家とは違ういたと言います

無事生還の強い方で

自分から仕事を取るという

内容はあまりされなかったから拗ね

その建物を作るいとってんですかね

現実社会のいろいろ金が絡んで精子も絡んで

そういう時には自分は

割と身を引くというような態度でしたね

大谷はコンペの翌年に東大で教職につくと

都市計画の専門家としての道を

歩みます

建築家として仕事をするのは

依頼されたプロジェクトに

社会的な意義を感じた時だけ

そんな大谷が

沖縄に一風変わった形の建物を作ります

ある徳兵衛思いを込めて知りたいんでしょ

別に誰かもみたいに大石

まるでしぼりたてのおいしさや貧血免疫機能で

日本初キリンイミューズ

私達キリンの35年の免疫研究から生まれた

プラズマ乳酸菌の働きです

健康な人の免疫機能で

日本初免疫プラズマ

乳酸菌キリンイミューズガレージライフを

楽しもうオールフォーロングライフ

ヘーベルハウス劇場を含む県立の複合施設です

建築家大谷幸夫は

ここに沖縄戦の慰霊の意味を込めました

僕が大学を卒業する頃

沖縄戦で僕の妹にあたるような女子校生が

洞窟の中で死んでいった

それに対して全く手を貸せなかった

そのような自分としてどうするのか

それを考えてきれいな所にしてあげたかった

大谷の建築思想の根っこには

強烈な電磁かの体験があったので

大学在学中に

東京大空襲弟の手を引いて逃げました

焼け野原に掘っ立て小屋を建てて暮らした経験が

建築家大谷幸夫の礎となったのです

人間にとって建築とは何なのか

空襲によって

建築は何かということを教わった

僕の人間の生存の拠点として

建築があるということ拠点ですから

それが壊されると生活が壊れてしまいます

建築家は人間の生活を壊してはいけない

ということです

だからこそ高堅牢な建物

思いが全体的にあったんですかね

本当にこうこの土地に

この建物が建つ意義だったりとか

意味だったりとか

お大事にして

一つ一つと建築に携わった方が

世界中から招いた客人が一堂に会し笑顔で肩を寄せ会える場所

剣道に作られ毎年京都のシンボルです。

大谷幸夫の国立京都国際会館

少し落ち着いたら足を伸ばして建築家のこだわりに聞いてみたいですね。

 

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。