チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

ジャポニスム2018:響きあう魂

// リニューアルオープン記念展覧会堂本印象 創造への挑戦 会場:フランス・パリ周辺 会期:2018年7月~2019年2月

TURNフェス4「日常非常日(ピッジョッピジョッピ)」

// TURNフェス4「日常非常日(ピッジョッピジョッピ) 東京2020オリンピック・パラリンピックのロゴデザインでも著名な野老朝雄や、NHK教育「からだであそぼ」など出演の森山開次などTURNに参加しているアーティストや、各施設・コミュニティのほか、 呼びかけ…

久下貴史 第18回個展 「心はずむニューヨーク」

京都造形大学教授で美術家のヨシカワゴエモンさんの展覧会です。 // 久下貴史 第18回個展 「心はずむニューヨーク」 今年の夏も、多くの猫好き達の心を捉えてやまない画家・久下貴史氏の個展を開催いたします。 18回目となる今年の個展では、昨年の「ぼち…

開館20周年記念展 美に焦がれて 蒐集もまた芸術である 洲之内徹・大川栄二・梅野隆の眼展

// 開館20周年記念展美に焦がれて 蒐集もまた芸術である洲之内徹・大川栄二・梅野隆の眼展 会場:東御市梅野記念絵画館 会期:2018年7月1日~9月24日

ROYAL ART OF BENIN ベニン王国の美術

// ROYAL ART OF BENINベニン王国の美術 www.africanartmuseum.jp 会場:アフリカンアートミュージアム 会期:2018年6月7日~10月1日

クマのプーさん展

// クマのプーさん展 食いしん坊でおっちょこちょい、いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」は、1926年にイギリスで生まれました。物語を書いたA.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパードふたりの共作によって生まれた機知とユーモアあふれる…

【最新】2018年にヒットする美術展はどれだ! 1~22位予想

ノルウェーを代表する画家エドワルド・ムンクの代表作「叫び」などを紹介する回顧展やベラスケスと絵画の栄光を集めたプラド美術館展。至上の印象派展 ビュールレ・コレクションなど見逃せない展覧会が美術ファンをとりこにします。

MITSUKOSHI ✕ 東京藝術大学 夏の芸術祭 2018

// MITSUKOSHI ✕ 東京藝術大学 夏の芸術祭 2018 東京芸大の現役教授陣が推薦する40歳未満の大学院在学生および卒業生、約100名の若き美術作家の作品が一堂に展示される展覧会です。 今回で5回目を数える本展のキーコンセプトは「祭」。 日本画、油画、彫刻、…

秘蔵の名品 アートコレクション展 動物たちの息吹

// 秘蔵の名品 アートコレクション展動物たちの息吹 www.hotelokura.co.jp 会場:ホテルオークラ東京 会期:2018年7月30日~8月23日

マジック・ランタン 光と影の映像史

// マジック・ランタン 光と影の映像史 近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に見るという行為は、いつ、どのように生まれ、我々の社会に定着するようになったのでしょうか。スクリーン…

めがねと旅する美術展

// めがねと旅する美術展 会場:青森県立美術館 会期:2018年7月20日~9月2日

染付―世界に花咲く青のうつわ

// 染付―世界に花咲く青のうつわ 古白地に青で文様を描くやきもの「染付」は、清明な青の魅力に加え、釉薬の下に文様があるため、絵具が剥がれにくく使いやすいという実用的な利点も兼ねそなえています。美と用の両面に秀でた染付は、中国・朝鮮・日本・中近…

文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~

// 文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 泉鏡花(1873~1939)は、明治後期から昭和初期かけて活躍した文学者です。 神なのか、魔物なのか、人なのか・・・鏡花文学の謎めいた女人たちの存在は、人形と通じ合うものがあります。人形もまた…

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 - 1780年パリに始まるエスプリ -

// ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 - 1780年パリに始まるエスプリ - パリのヴァンドーム広場に軒を連ねる宝飾店の中で最も長い歴史を誇る「ショーメ」は、王侯貴族のティアラをはじめ数々のジュエリーを制作し、その地位を築いてきました。本展は、ル…

キース・ヘリング生誕60年記念 特別展 「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」

// キース・ヘリング生誕60年記念 特別展 「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」 本展では、中村キース・ヘリング美術館が所蔵するオリジナルポスターをはじめ、ハウスミュージックやパンクロックのレコードカバーなど約70点が東京で初…

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

// 金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 会場:平塚市美術館 会期:2018年7月7日~9月2日 ※9月15日~11月4日刈谷市美術館

日曜美術館「“夢のようなあまさ” をこえて」

// 日曜美術館「“夢のようなあまさ” をこえて」 放送日 油彩、紙芝居、広告……幅広い表現に挑戦 取材先など 放送記録 書籍 展覧会 日曜美術館「“夢のようなあまさ” をこえて」 みんなに愛されるいわさきちひろ。今夢中になってる小さい人も、大切な思い出にな…

石塚公昭幻想写真展-生き続ける作家たち-

小説家の人形を作りその作品世界をイメージして撮影すると写真家・石塚公昭の展覧会です。 // 石塚公昭幻想写真展-生き続ける作家たち- 写真家であり、また人形作家である石塚公昭*1は、文学作品に生きる作家たちを自らが制作した人形を登場させてイメージを…

伊東敏光展

// 伊東敏光展 家屋や家具、船などの古い木材を使って、街や生活の「風景」をモチーフにする彫刻家。 古材に感じる「人格のようなもの」を作品に投影し、景色がもつ「人格や生命感」を表現した。 この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは8月1日より、伊東敏光展…

美の巨人たち 極限なる小さき美の集積!京薩摩『花見図花瓶』超絶技巧シリーズ(1)

// 綿密な絵付け陶器 ミクロの超絶技巧 ミクロレベルの緻密さと繊細さ。 職人の卓越した技法により、生み出された絵付け陶器の数々。 超絶技巧シリーズ1 妖しく輝く“京薩摩” 4週にわたってお送りする明治と現代の超絶技巧対決、今回はその第1回。 紹介する作…

『視点が変わるとき-When We change Our Perspective』

舟越桂、三沢厚彦、小畑多丘、同じ東京藝術大学彫刻科出身であり世代の異なる3人の木彫作家が初共演する展覧会です。各氏の平面作品に対するアプローチの違いを楽しんでください。 // 『視点が変わるとき-When We change Our Perspective』 木彫作家3名によ…

神保町ヴンダーカンマー

// 神保町ヴンダーカンマー 生き物や鉱物といった自然の造形美に注目する美術家らのグループ展。 【出展者】(敬称略) 雨ノ宮一紀 (造形作家)いわたまいこ(切り絵作家)荻野慎楷 (古生物学者)小田隆 (画家・イラストレーター)科学バー(株キウイラボ…

平澤重信展

// 平澤重信展 日大農獣医学部を卒業し、犬や猫、家などをモチーフに描く油彩画家。哀愁漂う叙情的な作風が特徴で、時間や空間を超越した「不思議な記憶世界」が魅力という。展覧会では近年取り組む油彩で表現した山水画などを展示。 http://xn--l8js9pza.jp…

上の空

// 上の空 美術ジャーナリストで絵も描く村田真。 歴史的な名画をユニクな視点で再解釈してきた村田の個展。 今回描いたのは、名画のうえはんぶんに当たる空や天井を描いた作品。 「主題から視線を外すことで、見えなかった部分が見えてくる。そうした視線が…

昭和館で学ぶ この世界の片隅に

// 昭和館で学ぶ この世界の片隅に 「この世界の片隅に」の作者こうの史代さんは、創作にあたり昭和の資料を展示する同館でも資料の調査をおこなった。 複製原画の展示のほか、作中で描かれた当時のくらしがわかる写真や実際に使われていた生活道具、防空頭…

大地の芸術祭

// 大地の芸術祭 越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を舞台に、3年に1度開催される人間と土地と美術の芸術展「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。いよいよ今夏、第7回目となる「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が開催され…

かこさとしのひみつ展 ―だるまちゃんとさがしにいこうー

// かこさとしのひみつ展―だるまちゃんとさがしにいこうー 『だるまちゃんとてんぐちゃん』や『からすのパンやさん』など、皆さんが一度は目にしたことがある絵本の作家かこさとしは、50年以上にわたりおはなしの絵本やかがくの絵本などたくさんの作品を発表…

杉浦邦恵 うつくしい実験

// 杉浦邦恵 うつくしい実験 このたび東京都写真美術館は、「杉浦邦恵 うつくしい実験/ニューヨークとの50年」を開催します。 杉浦邦恵は1963年、20歳の時に単身渡米し、シカゴ・アート・インスティテュートで写真と出会います。留学当初、写真を専攻する学…

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~

// ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~ 米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。 そこは、ディズニーの才能豊かな人々のイマジネーションによって生み出された数々の作品に関する貴重な資料と、その作品…

富田 菜摘展 真夏の夜の夢

// 富田 菜摘展 真夏の夜の夢 富田菜摘氏は、自転車やキッチン用品、電子機器、空き缶などあらゆる金属廃材を作品素材として多用し、創造力と高いセンスからそれらの素材を組み合わせることにより、動物、魚、昆虫、恐竜などの立体作品を生み出し、子供から…