チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2018-09-29から1日間の記事一覧

美の巨人たち 高島野十郎「蝋燭」

// 1960年、油彩画『蝋燭』の作者・高島野十郎は70歳の時に千葉県増尾へ移住。 世俗から遠く離れ、独り静かに絵を描いていました。 もともと「蝋燭」は絵の購入者や友人たちに贈ったもの。 生涯にわたり蝋燭を何枚も何枚も描き続けました。 今回の作品もその…

アートシーン・土に挑む ー走泥社の作家たちー

// 土に挑むー走泥社の作家たちー 戦後陶芸の世界に新風を巻き起こした前衛統計集団走泥社の展覧会。 すっと立ち上がる白いページ。時が止まったかのようです。 石見和を中心とする走泥社のメンバーが重要性を削ぎ落としたオブジェ焼きを提唱しました。 鈴木…