チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2019-09-29から1日間の記事一覧

日曜美術館「異端児、駆け抜ける!岸田劉生」

日本美術史上、最も有名な少女・麗子。岸田劉生が何度も描いた愛娘7歳の肖像「麗子微笑」は、謎のほほえみを浮かべている。また静物画では、果物の配置や色つやに、ただならぬ気配が漂う。そして何の変哲もない“坂道”は、今にもこちらに迫ってきそうな迫力。…