チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2019-10-19から1日間の記事一覧

新美の巨人たち 谷内六郎「上總の町は貨車の列 火の見の高さに海がある」

// 谷内六郎「上總の町は貨車の列 火の見の高さに海がある」 一枚の絵 25年間、一度も休むことなく『週刊新潮』の表紙を描き続きた、空想の詩人と呼ばれた天才画家・谷内六郎。 温かく、懐かしいメルヘンの世界は、いつ見ても飽きない不思議な魅力があります…