チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2019-12-12から1日間の記事一覧

「瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019」【アートシーン】

詩人で評論家の故瀧口修造。実験的な版画と油彩で知られる加納光於。互いの創造性に共鳴しあった二人の作家の展覧会です。加納の最新作も紹介します。富山県美術館で12月25日まで。