チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2020-07-09から1日間の記事一覧

「共鳴する刻(しるし) ―木口木版画の現在地」【アートシーン】

明治時代。印刷物の挿絵技法としてイギリスから伝わった木口木版画。日本では美術表現の一つとして現代の作家たちに受け継がれています。福島県須賀川市のccga現代グラフィックアートセンターで9月6日まで。