チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン

「生けるガラス-中川幸夫の花器」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「皇室の名宝」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「桃山―天下人の100年」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「上田 薫 展」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「もうひとつの日本美術史 近現代版画の名作2020」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「樂歴代 ー桃山、令和 紡ぐ茶碗ー」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「没後30年 須田剋太展」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「永青文庫名品展 ―没後50年"美術の殿様"細川護立コレクション―」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「近現代日本絵画展」【アートシーン】

NHK日曜美術館・アートシーンの採録です。今話題の美術展や展覧会情報。再放送まで見逃した人向けにまとめました。

「北脇昇 一粒の種に宇宙を視る」【アートシーン】

北脇昇(1901–1951)は1930年代から40年代にかけて京都で活躍した前衛画家です。これまで彼の作品は、シュルレアリスム(超現実主義)の影響の側面から語られることがほとんどでした。本展では、北脇がそうしたシュルレアリスムの思想や技法を借りながら、本…

「横山大観の全貌 ―名画100点にみる至高の芸術―」【アートシーン】

初期の出世作「無我」から、朦朧体の傑作「曳船」、当館の大観コレクションを象徴する「紅葉」、画業50年を記念して描かれた連作『山海二十題』(通称「海山十題」)のうち「雨霽る」「海潮四題・夏」を含む8点、最晩年の名作「霊峰夏不二」「山川悠遠」まで…

「瑞獣伝来 -空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」【アートシーン】

古来より、東アジアでは吉祥をもたらすとされた動物たち―瑞獣―が重要なモチーフとして様々な美術工芸に用いられ、その姿は想像力豊かに表現されてきました。身近なようで実は多くの謎に包まれている瑞獣たち。その淵源をたどっていくと、約三千年前の古代中…

「天才絵師・鰭崎英朋の美人画 ―朝日コレクション 明治・大正の木版口絵より」【アートシーン】

鰭崎英朋の生誕140年を機に、明治・大正期の口絵約3,500点を誇る朝日コレクションより、木版多色摺の口絵を中心に約100点を厳選し、挿絵原画や下図、関連作品等とともに画業をたどります。また鏑木清方(かぶらき きよかた)をはじめとする同時代の画家の木…

「英国で始まり ―濱田・リーチ 二つの道―」【アートシーン】

イギリスと益子、二つの地で切り拓かれた陶芸の醍醐味を同時にみせる初めての展覧会です。現代イギリスを代表する作家から、益子の礎を築いた作家まで、60名による作品約170点が一堂に会します。

「生誕90年 平山郁夫展 悠久のシルクロード」【アートシーン】

生涯150近くシルクロードを訪れた平山郁夫。生誕90周年を記念した展覧会です。

「月岡芳年 血と妖艶」【アートシーン】

月岡芳年(1839~92)は、幕末から明治時代前半にかけて活躍した浮世絵師です。当時も大変な人気を誇っていましたが、その迫力あふれる構図や鋭い筆遣いは、現在の私たちが見ても決して色あせていません。本展覧会では、「血」「妖艶」「闇」という3つの妖…

日曜美術館「見つめ直す日本の美~第67回 日本伝統工芸展~」

卓越したものづくりが一堂に介す日本伝統工芸展が始まります。コロナ禍において、自分と向き合い創作に励んだ作家たち。今だからこそ生まれた作品に迫ります。

「森本草介展」【アートシーン】

写実絵画の殿堂と呼ばれるホキ美術館。一目で心を奪われた美術館の創設者、保木政夫がコレクションした第一号は写実絵画の巨匠、森本草介。36点の森本作品を蒐集しました。開館10周年を迎えたホキ美術館で森本草介展が開かれています。

「開館記念展 宝塚の祝祭Ⅰ」【アートシーン】

今年6月に誕生した宝塚市立文化芸術センター。 開館を記念して宝塚市ゆかりのアーティスト6人の展覧会が開かれています。

「川上澄生のいきもの図鑑展」【アートシーン】

大正から昭和にかけて活躍した木版画家川上澄生。栃木県の鹿沼市立川上澄生美術館で開催された川上澄生の生き物の作品を集めた展覧会です。

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」【アートシーン】

山形市で2年に1度開催される山形ビエンナーレ。 アーティスト、学生地元の人々が作り上げる芸術祭です。 4回目の今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンラインを中心とした開催となります。

「近代日本画の華 -ローマ開催日本美術展覧会を中心に-」【アートシーン】

大倉喜七郎の全面支援を受けて、昭和5年にローマで開催された「日本美術展覧会」は、団長を務めた大観を筆頭とする院展(再興日本美術院)系の画家のみならず、川合玉堂、竹内栖鳳ら官展系の画家たちも含む総勢80名が参加した、当時の日本画壇における一大…

「明治錦絵×大正新版画 -世界が愛した近代の木版画-」【アートシーン】

近代以降世界に向け日本のイメージを作ってきたのが錦絵です。大倉孫兵衛と土井貞一。二人の版元に焦点を当て、世界へ発信された錦絵や木版画を紹介する展覧会です。

「みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美」【アートシーン】

奈良県立美術館が所蔵する吉川観方コレクションの作品を中心に、近府県が所蔵する作品も加えて、公家の装束を展覧します。約1300年という時間の中で発展し継承されてきた装束の歩みと、そこに展開された「みやび」の世界をご覧いただきます。

「The UKIYO-E 2020 日本三大浮世絵コレクション」【アートシーン】

太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の名品をはじめて結集し、選りすぐった約450点の浮世絵版画を展示します。

「前川 強 ドンゴロスは生かされている。色と形と物質による純粋抽象表現で発言する。」【アートシーン】

1936年大阪に生まれた前川 強は、1962年から前衛芸術グループ「具体美術協会」に参加し「具体」の第二世代の中心として活動しました。本展では、初公開の最新作をはじめ2000年代以降に制作された近作を中心に、今もなお精力的に制作を続ける作家の現在を紹介…

「美の競演 -静嘉堂の名宝-」【アートシーン】

本展では、重要文化財13点、重要美術品8点を含む、各ジャンルを代表する作品から数点ずつを選び、それぞれが互いの魅力を引き立て合い“競演”する様子を、楽しくご鑑賞いただけるような構成としています。

「おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」【アートシーン】

浮世絵そのものの魅力を伝えるだけではなく、描かれた食のシーンを追いながら、当時の料理を再現しそのレシピを解説することで、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解き、江戸時代ならではの料理方法もご紹介します。

「長谷川路可 よみがえる若き日の姿」【アートシーン】

旧国立競技場のモザイク画で知られる画家、長谷川路可。路可の作品は制作から100年近くが経過し、画面に傷みが生じていました。そこで今回、市では《自画像》を含む6点を修復し、その工程とともにお披露目します。

「聖地をたずねて ー西国三十三所の信仰と至宝ー」【アートシーン】

西国三十三所草創から1300年。これを機としてゆかりの深い京都の地で、特別展を開催いたします。今もなお、老若男女、国籍を問わず、人々をひきつける巡礼の魅力を、美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を通じてご紹介します。