チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち

新美の巨人たち 名建築タイムトリップ

自由学園明日館 // エネルギッシュに変貌を遂げる町・池袋は、ひっそりと佇む名建築と未来へと繋ぐ最新建築がある、いわば芸術や文化の聖地。駅を中心とした半径1キロあまりに、雑司が谷旧宣教師館、自由学園明日館、サンシャイン60、豊島区新庁舎。明治、大…

新美の巨人たち 『仁和寺・障壁画』

// 数々の秘宝を有する世界遺産『仁和寺』。代々、皇族が住職を務めてきた由緒ある寺の観音堂の内部が、373年の時を経て初公開され、須弥壇を囲む30体以上の観音様が描かれた障壁画が公開されました。そこはまさに観音づくしの空間!ところが障壁画には不思…

新美の巨人たち 『旧開智学校校舎』

// 長野県松本市にある『旧開智学校校舎』は明治9年に建てられた木造二階建ての建物。今年、国宝に指定されることが決まりました。圧巻は車寄せのエントランスの造形。見事な中国風の龍の彫刻。鮮やかなブルーに塗られたバルコニー。さらに寺のような唐破風…

新美の巨人たち 『かぐや姫の物語』

高畑勲展 // 革新的な手法を次々と編み出したアニメーションの巨人・高畑勲の遺作『かぐや姫の物語』。 通常とは違う、余白を残したラフな描き方。 製作期間8年、作画枚数24万枚…かなりの労力と時間がかけられた大作です。 「セルアニメをもうちょっと壊した…

新美の巨人たち 『モエレ沼公園』

モエレ沼公園 // 伝説の彫刻家イサム・ノグチ激動の人生の果てに生まれた『モエレ沼公園』。 北海道札幌郊外の大地に広がる敷地の中に、左右対称の大きな山、直線の道、直角に曲がる道…高さ52mのモエレ山はさほど高くないのに山頂の稜線に近づくとなぜか登…

新美の巨人たち 長谷寺

長谷寺 // 霊験の宿る場所と言われてきた奈良県『長谷寺』。かつては紫式部、清少納言といった著名人たちも訪れたといいます。重要文化財の登廊。そこから直結する本堂。10mもの高さを誇る十一面観音立像。懸造の舞台から広がる美しい景色。創建から1300年……

新美の巨人たち 速水御舟 重要文化財「炎舞」

速水御舟《炎舞》 // 妖しく儚く美しい――日本の絵画史にきらめく幻想と迫真の一枚『炎舞』は、大正から昭和を駆け抜けた天才画家・速水御舟が、31歳の時に手掛けた作品です。 速水御舟 吸い込まれそうな深い闇に、燃え盛る紅蓮の炎…その強烈な光に引き込まれ…

新美の巨人たち 「世界遺産・白川郷・和田家」

白川郷・和田家 // 世界遺産・白川郷の荻町地区は、合掌造りの建物が大小60棟も残る集落です。その中でひと際存在感を放つのが、荻町で唯一国の重要指定文化財に指定された和田家。分厚すぎる屋根、建物の中に広がる圧倒的な大空間、隣接する謎の小屋…ここに…