チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

2019年 ヒットする美術展はどれだ!ランキング

f:id:tanazashi:20181206235754j:plain

ローマ国立近代美術館所蔵の《女の三世代》(1905)

 

目眩く美の世界に旅しよう

初来日に新発見、2019年の美術界は楽しみな展覧会が目白押し。

フェルメールクリムト、マネ、ベラスケス、カラヴァッジョ、ゴーギャンゴッホ若冲蕭白北斎---。

注目の美術展をセレクトしました。

世界に一つしかないホンモノをぜひその目で確かめに行きましょう。

 

2019年にヒットする美術展はこれだ!

開催中

新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

f:id:tanazashi:20181207173641j:plain

北斎の代表作としては、“Great Wave”と称されて世界的に名高い「神奈川沖浪裏」を含む「冨嶽三十六景」シリーズ、19世紀のヨーロッパにおけるジャポニスムの流行の契機となった『北斎漫画』などが一般的に知られていますが、これらは約70年に及ぶ北斎の画業のほんの一端にすぎません。
本展では、北斎の絵師人生を作風の変遷と主に用いた画号によって6期に分けて紹介します。勝川派の絵師として活動した春朗期(20〜35歳頃)、勝川派を離れて肉筆画や狂歌絵本の挿絵といった新たな分野に意欲的に取り組んだ宗理期(36〜46歳頃)、読本の挿絵に傾注した葛飾北斎期(46〜50歳頃)、多彩な絵手本を手掛けた戴斗期(51〜60歳頃)、錦絵の揃物を多く制作した為一期(61〜74歳頃)、自由な発想と表現による肉筆画に専念した画狂老人卍期(75〜90歳頃)と、その壮大な画業を通覧。国内外の名品、近年発見された作品、初公開作品を通じて、真の北斎に迫ります。

 

blog.kenfru.xyz

 

blog.kenfru.xyz

 

会場:森アーツセンターギャラリー

会期:2019.1.17(木)~ 3.24(日)

hokusai2019.jp

 

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

f:id:tanazashi:20181207173827j:plain

 

本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛狩野山雪伊藤若冲、曽我蕭白長沢芦雪歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示となっています。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信します。

 

会場:東京都美術館

会期:2019年2月9日(土)~4月7日(日)

日曜美術館「奇想の系譜」3月10日放送予定

kisou2019.jp

 

国立西洋美術館 開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代

f:id:tanazashi:20181207175041j:plainル・コルビュジエが故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した若年期の時代に焦点を当てる展覧会。

国立西洋美術館

2019年2月19日(火)~2019年5月19日(日)

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 | 世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念

 

まもなく

 

国宝 東寺 空海と仏像曼荼羅

ãå½å®æ±å¯ºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

東寺(教王護国寺)は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立されました。

唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。

空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いています。

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。

空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。

 

 

会場:東京国立博物館

会期:2019年3月26日(木)~6月2日(日)、2019年10月12日(土)~ 11月24日(日)

toji2019.jp

 

ラファエル前派の軌跡 展

f:id:tanazashi:20181207172222j:plain三菱一号館美術館

2019年3月14日(木)~6月9日(日)

ラファエル前派の軌跡展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー

f:id:tanazashi:20190226153244p:plain

ギュスターヴ・モロー

 象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、神話や聖書をテーマにした作品で知られています。産業の発展とともに、現実主義的、物質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くことで、真実を見いだそうとしました。本展は、そのようなモローが描いた女性像に焦点をあてた展覧会です。出品作品は、パリのギュスターヴ・モロー美術館が所蔵する、洗礼者ヨハネの首の幻影を見るサロメを描いた名作《出現》や、貞節の象徴とされた幻獣を描いた《一角獣》を含む油彩・水彩・素描など約70点によって構成されます。神話や聖書に登場する、男性を死へと導くファム・ファタル(宿命の女)としての女性、誘惑され破滅へと導かれる危うい存在としての女性、そしてモローが実生活において愛した母や恋人。展覧会では、彼女たちそれぞれの物語やモローとの関係を紐解いていき、新たな切り口でモロー芸術の創造の原点に迫ります。

パナソニック 汐留ミュージアム

2019年4月6日(土)~2019年6月23日(日) 

panasonic.co.jp

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念

f:id:tanazashi:20181207175430j:plain国宝 一遍聖絵時宗の名宝

京都国立博物館

2019年4月13日(土)~ 6月9日(日)

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念国宝 一遍聖絵と時宗の名宝 | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

クリムト展 ウィーンと日本 1900

f:id:tanazashi:20181207171039j:plain過去最多となる20点以上のグスタフ・クリムト(1862〜1918)の油彩画が揃う展覧会。

ローマ国立近代美術館所蔵の《女の三世代》(1905)は日本初公開。

東京都美術館

2019年4月23日(火)~7月10日(水)

クリムト展 ウィーンと日本 1900|東京都美術館

 

 

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

f:id:tanazashi:20181207171345j:plain国立新美術館

2019年4月24日(水)~2019年8月5日(月)

日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

国立西洋美術館 開館60周年記念 松方コレクション展

f:id:tanazashi:20181207173407j:plain国立西洋美術館

2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)

松方コレクション展

生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション

横浜において生糸貿易や製糸業などの実業で財を成した原富太郎(号:三溪、1868[慶應4]~1939[昭和14])。希代の古美術品コレクター、茶人、そして同時代の日本美術院の画家や彫刻家を物心両面から支援したパトロンとしても知られます。2018年は三溪の生誕150年、2019年は没後80年の周年に当たります。この展覧会では、三溪旧蔵の古美術や近代美術(絵画、工芸、彫刻)など約100点と、三溪自筆の書画、資料により、美術に対する三溪の眼差しに焦点を当てます。ゆかりの地で開催される過去最大規模の三溪の展覧会は、かつて横浜に在った伝説のコレクションをご覧いただくまたとない好機となるでしょう。

会場:横浜美術館

会期:2019年 7月13日(土)~ 9月1日(日)

年間スケジュール | 展覧会 | 横浜美術館

 

カラヴァッジョ展

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)日本初公開作品を含めた約10点の展覧会が、北海道立近代美術館名古屋市美術館あべのハルカス美術館で巡回展示されます。

bijutsutecho.com

札幌展 会期:2019年8月10日〜10月14日
会場:北海道立近代美術館

北海道立近代美術館のホームページ | 教育庁北海道立近代美術館
名古屋展
会期:2019年10月26日〜12月15日
会場:名古屋市美術館

名古屋市美術館 – 芸術と科学の杜・白川公園内 – Nagoya City Art Museum
大阪展
会期:2019年12月26日〜2020年2月16日
会場:あべのハルカス美術館

あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)

 

blog.kenfru.xyz

 

 

没後90年記念 岸田劉生展(仮)

日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在である画家・岸田劉生(1891-1929)の没後90年を記念する展覧会です。

東京ステーションギャラリー

2019年8月31日(土)~2019年10月20日(日)

東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -

 

コートールド・コレクション展(仮)

世界有数の印象派コレクションを誇る、ロンドンのコートールド美術館の名品が来日します。エドゥアール・マネ晩年の作品《フォリー=ベルジェールのバー》1882年が目玉。

東京都美術館

2019年9月10日(火)~12月15日(日)

コートールド・コレクションからマネ最晩年の傑作「フォリー=ベルジェールのバー」来日決定!

blog.kenfru.xyz

パスキア展

会場:森アーツセンターギャラリー

会期:2019年9月21日~11月17日

開催中・開催予定の展覧会 | 森アーツセンターギャラリー - MORI ARTS CENTER GALLERY

 

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

f:id:tanazashi:20190226155733j:plain


 

会場:横浜美術館

会期:2019年9月21日(土)~ 2020年1月13日(月・祝)

artexhibition.jp

ゴッホ

f:id:tanazashi:20190226153638p:plain

ゴッホ


会場:上野の森美術館

会期:2019年10月11日(金)~2020年1月13日(月)

go-go-gogh.jp

 

日本・オーストリア友好150周年記念ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

f:id:tanazashi:20181207180828j:plain国立西洋美術館

2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)

ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史|TBSテレビ:TBS EVENT INFO

 

特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美

f:id:tanazashi:20190226161513j:plain

100年目の再会!――散り散りになった秘宝が最大規模で集結
36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」。かつて2巻の絵巻物として伝わったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵されました。2019年は、この「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから、ちょうど100年を迎える年です。本展では、これを期に、離ればなれとなった断簡を展覧会としては過去最大となる規模で集め、皆様にご覧いただきます。大正、昭和、平成の世を越え伝えられた、秘宝中の秘宝。平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品とあわせて、「佐竹本三十六歌仙絵」と、それを生んだ宮廷文化が放つ、最高の美の世界をご堪能ください。

会場:京都国立博物館

会期:2019年10月12日(土)~11月24日(日)

kasen2019.jp

 

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

youtu.be

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、英国ロンドン中心部のトラファルガー広場に面した世界有数の美術館です。ファン・アイクレオナルド・ダ・ヴィンチラファエロティツィアーノルーベンス、ベラスケス、ターナー、モネ、セザンヌゴッホなど、13世紀から20世紀初頭までのヨーロッパ絵画の様々な画派を網羅した約2,300点の作品を所蔵し、年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ5に入る500万人超を誇ります。同館は作品の貸出に極めて厳しいことで知られ、これまで館外で所蔵作品展が開催されることは一度もありませんでした。この度、日本初公開となるゴッホの傑作《ひまわり》をはじめ傑作約60点を一挙日本で公開することは、同館史上初の試みであり、歴史的な開催となります。

 

会場:国立西洋美術館

会期:2020年3月3日~6月14日

 

終了しました

顔真卿 王羲之を超えた名筆

f:id:tanazashi:20181207180057j:plain國立故宮博物院蔵の「祭姪文稿」をはじめとする顔真卿の名品を通して、顔真卿の人物や書に迫ります。

会場:東京国立博物館

会期:2019年1月16日(水)~2月24日(日)

 

blog.kenfru.xyz

 

王羲之を超えた名筆

 

 

迷ったときに役に立つのが出版社が編集を競い合う美術展企画です。

お手軽価格で充実度の高いのが日経おとなのOFFです。

f:id:tanazashi:20181203201001j:plain

発売初日に売り切れた書店もあったとか。日経大人のOFF1月号

見つけたら即手に入れましょう。絶対手に入れたい人はネットで予約が一番確実です。

話題の展覧会

 

 

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

 

オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

f:id:tanazashi:20190117150643j:plain

オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

横浜美術館開館30周年を記念した本展では、同コレクションから、ルノワールセザンヌマティスピカソモディリアーニなど、パリを愛し芸術に魂を捧げた画家たちの名作約70点を紹介します。

ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》をはじめ、同館のコレクションがまとめて日本で紹介されるのは21年ぶりとなります。芸術の都パリの“エスプリ”を横浜でご堪能ください。
 

会場:横浜美術館

開催期間: 2019年9月21日(土)〜2020年1月13日(月・祝)

展覧会アーカイブ

過去の記録はこちらからご覧ください。 

 

blog.kenfru.xyz

 

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz