チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

f:id:tanazashi:20180720153624p:plain

 

野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

一般的に鎧兜と言うと、美麗で猛々しい武士のイメージにつながりますが、野口氏が作る人物像はまるで日常の一コマのようであり、頬杖をついたり、棒立ちのまま空を見上げたりする姿には、楽しそうにも悲しそうにも、見る人の気持ちを投影する余白が広がっています。そんな不思議な佇まいと、纏う鎧兜の精巧さが織りなす作品は、どこか他人事には思えないペーソスと、思わず微笑んでしまうユーモアが同居しています。

「武士の心を知る前に、人の心を知りたい」という気持ちが込められた野口氏の作品には、想いにふけったり、喜んだり、傷ついたりと、日々を懸命に生きる私達と同じ感情が息づいています。 本展では、ポーラ・オルビスグループの商品にちなんだ新作を含む約50 点を展示予定です。

 

会場: ポーラ ミュージアム アネックス

会期:2018年7月13日~9月2日