チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

名古屋ボストン美術館 最終展 ハピネス~明日の幸せを求めて

f:id:tanazashi:20180828222136p:plain

 

名古屋ボストン美術館 最終展
ハピネス~明日の幸せを求めて

f:id:tanazashi:20180828222155p:plain10月8日に閉館する名古屋ボストン美術館の最終展覧会。

幸せを求めてきた人間の営みを日本や米国の作品などから紹介する。

曾我蕭白の「琴棋書画図」は、屏風絵から本来の襖絵に修復して初めての公開。

入館者数の低迷などによる慢性的な赤字を解消できないと判断し、2019年3月までに閉館すると発表した。

f:id:tanazashi:20180828222437p:plain

f:id:tanazashi:20180828222441p:plain

f:id:tanazashi:20180828222445p:plain

f:id:tanazashi:20180828222449p:plain

f:id:tanazashi:20180828222452p:plain

f:id:tanazashi:20180828222529p:plain

f:id:tanazashi:20180828222549p:plain

 

www.nagoya-boston.or.jp

 

 

 

会場:名古屋ボストン美術館

会期:2018年7月24日~10月8日