チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・起点としての80年代

f:id:tanazashi:20180902121208p:plain

 

起点としての80年代

f:id:tanazashi:20180902121528p:plain

f:id:tanazashi:20180902121530p:plain

www.nomart.co.jp

f:id:tanazashi:20180902121534p:plain

現代美術家東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。

f:id:tanazashi:20180902121537p:plain

f:id:tanazashi:20180902121539p:plain

美術家・彫刻家。京都市立芸術大学彫刻科教授。 岡山県倉敷市出身。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。 アカデミックな意味での彫刻の概念や、地域性や素材や領域を、様々な置き換えや交換によって彫刻の概念の拡張をはかる。

f:id:tanazashi:20180902121542p:plain

f:id:tanazashi:20180902121546p:plain

1970年代のコンセプチュアルでストイックな表現に対する反動から、80年代の日本では絵画や彫刻の復権が唱えられ、好調な経済状況を背景として、色彩豊かで伸び伸びとした筆遣いの「ニュー・ペインティング」などが広まりました。しかし、90年以降の美術は、むしろ「おたく」など80年代のサブカルチャーに影響を受けた表現が主流となります。そのため、それ以降、80年代の美術は参照されることが少なくなってしまいました。近年、「具体」や「もの派」など1970年代までの戦後日本美術に関する研究が国内外で急速に進んでいます。今こそ、70年代と90年代のはざまにある80年代の日本美術について深く見つめる時期に来ていると言えます。約30年を経た今日から振り返ると、80年代は、今日の美術において重要なインスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などが新たに生まれた、充実した時代であったことがわかります。本展では今日の視点から80年代の日本の美術を見詰め直し、「起点」となる作品を紹介します。

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1759

会場:金沢21世紀美術館

会期:2018年7月7日~10月21日