チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・内藤 礼 明るい地上には あなたの姿が見える

f:id:tanazashi:20180910210358p:plain

 

内藤 礼
明るい地上には あなたの姿が見える

f:id:tanazashi:20180910210321p:plain

現代美術家内藤礼の過去最大の個展です。

f:id:tanazashi:20180910210507p:plain

光や風。水や重力をモチーフとした常に変わりゆく作品を発表してきた内藤礼

今回の個展ではこれまでにないコンセプトを設定しました。

f:id:tanazashi:20180910211355p:plain

一つは人工照明を使わず自然光だけで作品を鑑賞すること。

もう一つはこの会場の五つの展示室を、

f:id:tanazashi:20180910211438p:plain

生の内側。

f:id:tanazashi:20180910211503p:plain

その脇の通路のような部屋を生の外側と捉えたのです。

f:id:tanazashi:20180910211543p:plain

「生の内には光や空気、風や重力といった自然の要素。またそれがもたらすで色彩や音を感じ取ることができる作品が展示されています」

f:id:tanazashi:20180910211325p:plain

f:id:tanazashi:20180910211223p:plain

f:id:tanazashi:20180910211100p:plain

続いて天窓のない展示室。

f:id:tanazashi:20180910211112p:plain

ここが生の外側である部屋と接しています。

f:id:tanazashi:20180910211741p:plain

こちらは五つ目の部屋。

f:id:tanazashi:20180910211816p:plain

キャンバスが並んでいます。

f:id:tanazashi:20180910211857p:plain

移り変わる自然光の下で体感する内藤礼の世界。

茨城県水戸芸術館現代美術ギャラリーで10月8日まで。

f:id:tanazashi:20180910212005p:plain

 

 

 

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家内藤礼による個展。本展では、光を自身の作品における根源のひとつとして扱ってきた内藤が、はじめてとなる自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出します。

youtu.be

水戸芸術館|美術|内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー

会期:2018年7月28日~10月8日