チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「微笑(ほほえ)む仏~柳宗悦が見いだした木喰仏~」

f:id:tanazashi:20180909230429p:plain

 

日曜美術館「微笑(ほほえ)む仏~柳宗悦が見いだした木喰仏~」

独特の笑みを湛えた仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰。その木喰仏を世に広めた人物が、民芸運動創始者柳宗悦である。柳の眼を通して木喰仏の魅力を紹介する。

“微笑仏”と呼ばれる独特の笑みを湛(たた)え、素朴で温かみのある仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰(1718~1810)。全国各地を遊行し1千体以上の仏像を彫った。長年埋もれていた木喰仏を見いだし、その魅力を世に広めた人物が民芸運動創始者柳宗悦である。柳は、木喰の故郷、山梨県身延町丸畑をはじめ全国各地を実地調査し、多くの木喰仏を見出した。全国に残る木喰仏の魅力を、柳宗悦の眼を通して紹介する。

【出演】全国木喰研究会評議員…小島梯次,身延町教育委員会主査…深沢広太,清源寺住職…小野崎弘顕,栃窪木喰薬師堂世話役…上野昇,宮崎民俗学会会長…前田博仁,小栗山観音堂管理人…坂詰司朗,【語り】高橋美鈴

 

放送日

2018年9月16日

 

f:id:tanazashi:20180919213420p:plain

江戸時代後期に日本中を巡って苦しむ人々を救おうと一千体を超える仏像を彫った僧侶がいました。木喰です。

木喰の仏像の特徴は独特の微笑みをたたえていること。

f:id:tanazashi:20180919213447p:plain

微笑(みしょう)仏と呼ばれます。

大正時代この微笑む仏に魂を奪われた人物がいます。

f:id:tanazashi:20180919213523p:plain

民芸運動で名高い柳宗悦です。

当時忘れ去られていた木喰の仏像を柳は全国を旅して発掘していきました。

f:id:tanazashi:20180919213632p:plain

栃木県で柳が見出した薬師如来。農夫のような朴訥とした顔にかすかに笑みが含まれています。

f:id:tanazashi:20180919213640p:plain

木喰が故郷の山梨県で彫った観音菩薩

にこやかに微笑んでいます。

f:id:tanazashi:20180919213722p:plain

京都府では、こんな愛嬌ある羅漢も見つかりました。

片目を閉じ、ウインクして笑っています。

木喰仏を見出した柳宗悦

最初に出会った地蔵菩薩にこう呼びかけます。

f:id:tanazashi:20180919213819p:plain

「あなたは微笑む。合唱し私に向かって微笑んでまた微笑む。あなたの笑顔は思わず私の心を緩めてくれる。私の心も微笑する」

f:id:tanazashi:20180919213907p:plain

 

 

f:id:tanazashi:20180919213944p:plain

東京駒場にある日本民藝館

この民藝館を構想し初代の館長に就いたのが柳宗悦です。

f:id:tanazashi:20180919221024p:plain

柳は無名の職人たちが作った日用品の中に美を見出し民藝という言葉を作りました。

そしてそれを世に広める民藝運動を繰り広げました。

民藝の美に柳が目を向けるきっかけの一つが木喰仏との出会いでした。

f:id:tanazashi:20180919221045p:plain

大正13年。柳は山梨県池田村の村長の家で木喰仏と運命的な出会いをします。

f:id:tanazashi:20180919221120p:plain

「仏像は暗い蔵の前に置かれてありました。その前を通った時。私は即座に心を奪われました。その口元に漂う微笑は私を限りなく惹きつけました。尋常な作者ではない。異数の宗教的体験がなくば、かかるものは刻みえない」

f:id:tanazashi:20180919221237p:plain

柳がその時魅了された地蔵菩薩です。

村長は柳に作者が木喰上人であることを教え、この仏像を贈りました。

地蔵菩薩が届いた時、柳は風邪を引いて寝込んでいました。

「私は枕辺にそれを置いてもらいました。眺めいるや、私は病苦をも忘れてまたも微笑みに誘われたのです。誰かその微笑みに逆らうことができるでしょう。私はそれに見入り、見入り。見入りました」

柳はこの仏像を絶えず身近において眺め暮らしました。

f:id:tanazashi:20180919221431p:plain

「あなたは微笑む。合唱し。 私に向かって微笑み、また微笑む。どうしてよ微笑むかと尋ねても、その微笑みにすべての答えを託している。私は今、日夜をあなたと共に暮らしている。私が嬉しい時もあなたは等しく微笑んでいる。だが悲しい時でもその笑顔を崩さない。時として腹立たしき怒りに心を曇らす時、私はあなたの前にたたずむ。あなたの笑顔は思わず私の心を緩めてくれる。私の心も微笑する」

 

f:id:tanazashi:20180919221510p:plain

木喰の研究を決意した柳は、田出会いから半年後の大正13年

f:id:tanazashi:20180919221610p:plain

木喰のふるさと。現在の山梨県身延町の山間にある集落、丸畑を訪ねました。

f:id:tanazashi:20180919221701p:plain

柳は集落の人達に木喰のことを尋ね歩きました。

そして念願していた木喰の文書を見つけました。

f:id:tanazashi:20180919221730p:plain

それは木喰が自らの経歴などを記した自筆の文書。

柳にとって思いがけない幸運でした。

「見知らぬ農夫によってそれが私にもたらされたのは、もはや帰り道につこうとするその日の暮れ方であった。その折の私の喜びをどうして語ることができよう。私は一夜をこの村に明かすことを即座に決心した。夜更けて空が白むのも間もない頃まで、私はそれに読みふけり。全てを写し取った」

f:id:tanazashi:20180919221832p:plain

木喰がその文字を書いた頃、ふるさとで掘った自分自身の姿です。

f:id:tanazashi:20180919221914p:plain

この時木喰は数え84歳。長い髭を蓄えています。

 

 

f:id:tanazashi:20180919221958p:plain

木喰は1718年、丸畑の農家に生まれます。

しかし14歳で故郷を去り、江戸に出ます。

奉公に励み、出世したときもありましたが、度々浪人になったと言います。

そして22歳の時出家。45歳の時、木食戒を受けます。

f:id:tanazashi:20180919222059p:plain

米や麦などの穀物を断ち、木の実などしか食べない厳しい修行です。

56歳の時、木喰は諸国遊行に旅立ち、やがて仏像を彫り始めます。

旅は北は北海道から南は九州まで、全国津々浦々に及んでいます。

生涯続く旅の途中、木喰は何度か故郷の丸畑に戻ります。

f:id:tanazashi:20180919222203p:plain

80代で故郷に帰った時、木喰は膨大な数の仏像を刻みました。

文書でそれを知った柳は直ちに木喰仏が残る丸畑の寺を訪ねました。

f:id:tanazashi:20180919222251p:plain

「私は明日を待てず、真夜中灯火をつけて寺へとさしたのです。無住の廃寺にきしる響きは音なき山里に時ならぬこだまを送りました。荒れ果てた床を踏んで家に入り、灯火を高くかかげた時。仏壇の前方中央に世尊の顔が幻のごとく浮かび出ました。おお。思わず声が漏れた時に居並ぶ左右の四体がなおも私の前に現れてきました」

f:id:tanazashi:20180919222316p:plain

 

 

 

f:id:tanazashi:20180919222345p:plain

この時、柳が見た木喰仏が今も木喰の生家で大切に祀られています。

f:id:tanazashi:20180919222417p:plain

仏が備える五つの知恵を各々成就した五つの如来。「五智如来」の像です。

中央には蓮の花の台座に座り、頭に王冠を戴く大日如来

穏やかに微笑んでいます。 左端には釈迦如来

小さくカールした髪型が特徴です。

f:id:tanazashi:20180919222547p:plain

「表現極めて強く。刀は深く。陰影の美が鮮やかである。相貌全て威厳に満ちる。しかもくしきは含まれる微笑。人はこの秘儀をどこから捉えたのであるか」

木喰は五智如来を彫っただけではありませんでした。

村人たちの要望に応えて四国霊場八十八ヶ所の本尊88体もの仏像を彫りあげたのです。

「要した月日は九ヶ月弱。この間に彼は88個の仏を刻んだ。平均すれば3日に一個の割合である。あるものはわずか1日のうちに作られている。どうしてかくも迅速に作りえたか。既に年老いて84歳である。彼の努力。彼の精力は驚くべきものであった。昼となく夜となくのみの音が聞こえたと村にはいい伝わっている」

88体の仏像を彫り終えるまでの経緯を、木喰自身が記しています。

木材の切り出しなど当初村人たちはこぞって木喰を支援しました。

f:id:tanazashi:20180919222746p:plain

しかし途中から離脱する者が相次ぎ、最後まで支えたのは13人だけでした。

木喰は村人たちに互いに仲睦まじく暮らしてほしいと記し、こんな歌を添えています。

f:id:tanazashi:20180919222816p:plain

「みな人の心を丸くまんまるに。どこもかしこもまるくまんまる」

しかし長い年月が経つ家に村人たちの信仰心は薄れ、四国霊場八十八体仏の所有をめぐって諍いが起きました。

そしてついに大正8年、それらは売り払われてしまったのです。

f:id:tanazashi:20180919222911p:plain

柳が丸畑を訪れたのはその5年後。大正13年でした。

売り払われた88体仏のうちまだ村に残るものなどを探し出し、写真に収めました。

柳が初めて目にして魅了された地蔵菩薩もこの売り払われた88体仏の一つだったのです。

f:id:tanazashi:20180919223013p:plain

「彼は老いてますます健やかであった。下り坂にあるのではない。いただきに近づきつつあったのである。驚くべき精気が全ての作に満ちている。そこには命が踊る。強さは加わり深さは増してくる。感傷的な跡が微塵もない。全てに無心である」

 

 

f:id:tanazashi:20180919223111p:plain

今年は木喰が生まれてちょうど300年。

それを記念して故郷の身延町で木喰の展覧会が開かれています。

展覧会を機に各地に散らばった88体仏の一部が集まりました。

f:id:tanazashi:20180919223105p:plain

「こちらが八体仏も展示になります。木喰の時代からですね地元丸畑で大切に守られてきた二体。大正時代に全国に散り散りになってしまった五体を含め服全部で七体が集結しておるんですけども。こちらの地蔵菩薩さんは東京から。薬師如来、千手観音は愛知県から。観音菩薩日大阪から来ております」

f:id:tanazashi:20180919223141p:plain

ふっくらと丸みを帯びた顔。頬も鼻も顎も、木喰の歌のようにまるくまんまるです。そしてその表情はいかにも気持ちよさげで、口元に得も言われぬ笑みをたたえています。

f:id:tanazashi:20180919223216p:plain

「どの仏師が彼のように深く微笑を取り入れたものがあろう。彼はその口とその頬とに微笑を与えなかった場合はない。迷う魂をその微笑に摂取するかのように見える」

f:id:tanazashi:20180919223241p:plain

「本来仏像が微笑むことはないのですが、木喰仏はみんな微笑んでおいでになってしかも人間的な微笑をしている。木喰さん自身が庶民のための像を彫ることを、像を彫って庶民を救わんとすることを一番の生き様です。庶民の中で交わる中で処門の像を彫ったほうがいいと思ったのではないか」

木喰は56歳から諸国遊行の旅を始め、実に93歳で亡くなるまで続けました。

木喰はこう歌っています。

「いつまでかはてなを知らざる旅の空いづくの誰と買う人もなし」

f:id:tanazashi:20180919223615p:plain

木喰は旅の中でどこに泊まったのか自ら宿帳を作り印しています 。柳はその地名を丹念に読み込み、木喰の訪ねた土地を確かめていきました。

「彼は幾多の城下や寂しい村々を過ぎた。だが賑わしい都会に長く止まった場合は極めて少ない。多くは人にも知られない片田舎に杖を止めた。その方が彼の心にかなったのである。衰えがちな仏教も鄙にはまだ生きている」

 

 

諸国を遊行して1000体以上の仏像を刻んだ木喰。

柳は宿帳を手がかりに木喰が訪れた土地を 仏像を探す調査に乗り出しました。

f:id:tanazashi:20180919223742p:plain

栃木県鹿沼市もその一つです。鹿沼市栃窪。柳は木喰仏と出会った大正13年。ここを訪れます。そして村にひとつだけあるという薬師堂を見つけました。

f:id:tanazashi:20180919223821p:plain

「私が繰り返して訪ねたにかかわらず、栃窪野村には全く上人に関する記憶が絶えている。不思議にも村の者はそれが誰の手で建立されたかについて全く知るところがない。名もないこの堂の調査に、人々はただ不思議があるのみであった」

f:id:tanazashi:20180919223842p:plain

お堂には本尊の薬師如来を真ん中に、日光月光菩薩。その周りに十二神将が立ち並んでいました。

f:id:tanazashi:20180919223931p:plain

「眉は円に、頬が膨らみ耳朶は豊かに、体は肥える。目は緩やかにつぶる。口元は音もなく微笑んでいる。衆生を思い、全てに憩いを送るその風情は、見るものの愛を集めてくる」

f:id:tanazashi:20180919224020p:plain

栃窪の仏像は木喰が彫り初期63歳の時のものです。薬師如来は農夫のように素朴で、ふくよかな顔をしています。薬師如来の従者で如来とともに人々を守るのが十二神将です。

f:id:tanazashi:20180919224047p:plain

「十二の神将はことごとく巌に立って身を構え、我々を睥睨する。眉太く上がり、頭髪逆立ちまさに動こうとしている風情である。それらの者に囲まれて薬師の尊体は静かに柔らかくその座を占める。内なる美と外なる力。清寂と同率の対比」

f:id:tanazashi:20180919224115p:plain

薬師堂の木喰仏は集落の人々が持ち回りで世話をしてきました。

f:id:tanazashi:20180919224153p:plain

「たしかによく見るとかわいい。少し笑ってるようなはにかんだような顔してると私は思うんですけど。頭撫でてやるとほほえみは帰ってくるってよく言われたから。本当はほほえみはしてもともとしてるんですけど、またさらに微笑みが帰って来るって言われてましたね」

 

 

木喰の全国各地への遊行の旅。その後60代には北陸や関西地方、四国八十八ヶ所などを巡って宮崎県西都市に着きます。

f:id:tanazashi:20180919224319p:plain

木色が西都市に来たのは71歳。それから足掛け10年にもわたってこの地に止まります。

f:id:tanazashi:20180919224312p:plain

ここには江戸時代日向国分寺がありました。木喰はその住職を引き受けます。しかしある時、寺は火事で焼失。木喰は大変な苦労の末、国分寺を再建しました。

その国分寺の建物は明治初年の廃仏毀釈で壊されてしまいました。

f:id:tanazashi:20180919230256p:plain

今はその跡地に木喰の記念館が建てられています。

f:id:tanazashi:20180919230319p:plain

中には国分寺の再建の際に本尊として木喰が彫った巨大な五智如来の像が安置されています。

f:id:tanazashi:20180919230536p:plain

あわせて1000体以上を彫った木喰の仏像の中でも最も大きく、どれも高さが3 M ほどあります。

柳がここを訪れた時、五智如来は仮のお堂に納められ、ちりが積もるままに放置されていました。

f:id:tanazashi:20180919230430p:plain
「明治初年の頃、廃仏毀釈の際、無知な者の犠牲になった。しかし幸いにも仏のみはわずかな傷を受けたのみで終わった。仏は痛み破れ目を生じ、今守らずば悔いる解きは近く来るであろう。彫刻として私たちはそこに繊細な美を求めることはできない。

f:id:tanazashi:20180919230626p:plainしかし、この巨大な影像が5対1列に並びし原型を想像する時。それがいかに威厳に満ち、感激の念を人々に誘いしかをかいすることができる。これらの大作が一個人の制作たるを想うとき、いかに上人の努力が絶倫であったかを知ることができる」

柳は木喰がこの地に残した様々な仏像を調査します。そのひとつにとても傷んだ像がありました。

f:id:tanazashi:20180919230741p:plain

木喰が自分自身の姿を彫った自刻像です。

f:id:tanazashi:20180919230809p:plain

しかし顔形がわからないほど傷ついています。

f:id:tanazashi:20180919230915p:plain

「惜しいかな風土がいちゅうとの難を受けて、元の美を定かに叙すことができぬ。しかし示された表現は極めて強く、また大きい。今は摩滅して彼の慈眼を見えないのを返す返すも惜しむ」

f:id:tanazashi:20180919230952p:plain

「地元では、この非常に傷んでいることについて、削って薬として飲んだと言い伝えられているんです。エーッてみんなそう思われると思うんですけど、薬がそんなに手に入らない。藁にでもすがりたい気持ちは十分考えられます。であの日向国を去ったあと、上人がいなくなったもんですから村の人たちは木喰が治してくれるんじゃないかと。そういう思いがあったんじゃないかなと」

木喰仏には人々の様々な願いが託されました。全国を回り数多くの木喰仏を見てきた小島さんが最も強い感銘を受けた仏像があります。

f:id:tanazashi:20180919231043p:plain

佐渡に行ったときにおしろい地蔵と言ってね、全身が真っ白になっていたお地蔵さんが祀られている。

f:id:tanazashi:20180919231143p:plain

これはあのどうしてかっていうと、佐渡の花街の中にあった小さなお堂に祀られていたんだそうです。遊女たちがこのお地蔵さんを拝むたびに、白粉を撮ってお化粧したって言うのです。全身が白粉で真っ白になっているんですけれども。社会の辛酸をなめていたであろうね遊女たちに信仰されていた。これがまさにねあの木喰仏の祀られる場所それから祀られる信仰の対象。そういったものが象徴的に現れているんじゃないかなと感じました」

 

木喰の遊行の旅。寝具もなく冬でも一枚の衣だけで過ごしたと言います。
木喰の袈裟や衣は破れてもまだ本番は破れざりけり
本願とは一千体の仏像を彫って人々を救うことでした。木喰の旅は80代も続きました。九州から中国地方に出て、再び四国を巡ります。そして故郷を経て新潟県に入り、小千谷市に着きます。

f:id:tanazashi:20180919231325p:plain

今、木喰仏が最も多く残っているのは新潟県です。木喰は80代後半になってますます旺盛に彫り進めました。

f:id:tanazashi:20180919231353p:plain

山間にある集落小千谷市小栗山。木喰は86歳の時この観音堂に納める仏像を彫りました。

f:id:tanazashi:20180922181515p:plain

本尊の如意輪観音を中心に千手観音や十一面観音。

f:id:tanazashi:20180922181535p:plain

子安観音や馬頭観音など合わせて35体が並びます。

f:id:tanazashi:20180922181623p:plain

ひときわ大きな如意輪観音。頬に手を当て柔和な微笑みを浮かべています。

f:id:tanazashi:20180922181655p:plain

観音堂は微笑にあふれています。一体ごとにその笑みは微妙に異なります。

集落の人達は皆、子供の頃からこれらの観音仏に親しんできました。

f:id:tanazashi:20180922181722p:plain

「これをおもちゃのように持ち歩いた。どれを見てもかすかに微笑みをたたえている。心が和みます」

柳は村に言い伝えられてきた木喰の姿を記しています。

「仏を刻んだのはいつも夜であったと言われる。誰もそれを見ることが許されておらん。開眼の日までは不浄の目に触れるべきものではないからである。昼間は上人にとっては殊の外多忙であった。病めるものに治療を行ったからである。霊験が口から口へと伝わるや、彼を慕って集まるものはおびただしくあった。上人は子供たちに好かれた。多くのものが彼の周りで遊んだ。夜になれば村は静けさに帰る。上人は堂にこもる。間断なく響くのみの音が夜の空に冴えじめる。86歳の老人はかくして休むことなく34体の仏を刻みあげた。人はいつ上人が眠るのかを知らない。夜が明ければまた病めるものの友であった」

f:id:tanazashi:20180922181935p:plain

柳は開眼の日に村人たち総出で営まれたと思われる法会の様子を想像しています。
「仏を仰げば誰もが笑顔に迎えられる。不思議や見るものにも仏と同じ笑顔が浮かぶ。見つめれば並ぶ仏の中に彼らの姿が混じる。見よ、それらの仏には素朴な善良な不器用な愛情に満ちた方のふくらやかな鼻の大きな彼らの姿が宿る。それは菩薩にしてまた衆生衆生にしてまた菩薩」

f:id:tanazashi:20180922182006p:plain

最晩年。木喰は再び関西地方に足を向け、京都府南丹市に着きます。歳を経るごとに自由奔放な仏像を刻んでいった木喰。

f:id:tanazashi:20180922190627p:plain

南丹市にはその真骨頂を示すユニークな像があります。清眼寺。89歳の木喰は4ヶ月あまり逗留し、この寺に22体の仏像を残しました。

f:id:tanazashi:20180922190634p:plain

釈迦如来を中心にその周りをずらりと十六羅漢が取り巻いています。

f:id:tanazashi:20180922190708p:plain

悟りを開いた聖者・羅漢の像。大きく目を見開き歯をむき出しにして笑っています。

f:id:tanazashi:20180922190745p:plain

この羅漢は片目を閉じてウインクしています。愛嬌たっぷりの表情です。

f:id:tanazashi:20180922190814p:plain

そうかと思えばこちらの羅漢は顔を隠しています。よく見ると右手には椀のようなものを持っています。

厳しい木食会を行った木喰ですが酒は禁じていなかったと言われ、こんな歌も残しています。

「いきなりにころりまるまるその良さは寒さ忘るる茶碗酒かな」

茶碗酒は寒さを忘れさせ眠らせてくれるというのです。

f:id:tanazashi:20180922190912p:plain

そしてこちらの羅漢は満面の笑みを見せています。長い髭を蓄えたこの顔は木喰自身。自らを羅漢になぞらえているのです。

f:id:tanazashi:20180922190943p:plain

「こちらの羅漢に関しては、木喰さんと当時の通りの村の人たちとの宴会をモデルにされたという話があります。お酒の局抱えてる方がお酒によってひとりじめをしてしまったんですね。おまえだけみんなに曇らずに思わだけ飲んでるのか。独り占めしてんのかと咎められた時に、ああ見つかったと顔を隠されてるんじゃないかと。みんなで和気あいあいとお酒を飲んで楽しんでおられる。そのような声が聞こえてきそうな感じを受けたですね」

f:id:tanazashi:20180922191037p:plain

大正15年。柳は仲間とともに専念寺の木喰仏を調査しました。

f:id:tanazashi:20180922191103p:plain

その時ある文書を見せられます。木喰が寺に現れた時の様子などをかつての住職が記した文書でした。

木喰は背丈180 CM にもなる長身で、髪も髭も雪のように真っ白。異様な姿をしていた。僧侶のようで僧侶ではなく、俗人のようで俗人ではなかったと記しています。

f:id:tanazashi:20180922191136p:plain

「彼を目して僧に似て僧にあらず、俗に似て俗にあらずと呼んだのはたくみな描室である。上人は俗を嫌う僧ではなかった。衆生の中に生きるのが彼の心願であった。刻む仏像にもよくその心が現れているではないか。それは仏伝に高く位する金色の仏ではない。凡夫に交わる仏である。人々と共に涙をも笑いをも分とうとする仏である」

木喰が滞在中は村人たちが続々と集まってきて清眼寺はかつてないほどに活気があったと言います。

「それまでずっと木喰さんは千体を目標として彫ってきたんですけれども、90歳にしてさらにもう千体彫ろうという願を建てるわけですよ。そのエネルギーにびっくりするんですけれども、そう言った年を重ねるに従ってより像しては完成度になる。さらにより新しい目標を立てる。そういった木喰さん自身の生き様というのは勇気づけられると思うんです」(小島さん)

木喰の足跡が辿れるのが91歳まで。甲府観音菩薩を彫ったことが分かっています。その後の行方は杳として知れませんが93歳で亡くなったと言われています。

木喰もいづくの果ての行き倒れイヌかカラスの餌食なりけり

柳宗悦は木喰仏と出逢ってから丸2年。寝食を忘れるほど木喰の調査研究に没頭しました。木喰仏を発掘し、その名を世に広めた柳。木喰の調査のすぐ後から民芸運動に本格的に乗り出します。

「彼の一生は家なく妻なく子なく財なくさらによ欲なく我もなき一生であった。この世に一物もない彼は仏において一切を持つ彼であった」

 

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会

youtu.be

山梨県身延町では、2018年7月14日から「生誕300年 木喰展~故郷に還る、微笑み。~」を開催します。木喰(1718-1810)は身延町出身で、江戸時代に廻国修行のため全国各地で千体以上の神仏像を彫ったと伝えられる仏師です。独特なほほえみをたたえていることから「微笑仏(みしょうぶつ)」として、また「木喰さん」の愛称で多くの人たちから親しまれています。「生誕300年 木喰展」では、全国の木喰仏や木喰の書画など貴重な資料およそ100点を展示して、木喰の全貌に迫ります。

木喰は廻国修行の旅で多くの子どもたちと接していたのか、彼らの健やかな成長を祈る子安観音菩薩像や子安地蔵菩薩像を多く制作しました。中でも、木喰91歳の作で山梨県甲府市の教安寺(写真上)にあった七観音像(写真下:「木喰五行上人作 七観音絵葉書 甲府 教安寺」 『峡陽文庫』提供)の子安観音菩薩像(写真右端)は”生涯最後に彫った”仏像の可能性があります。

1925(大正14)年に日本民藝運動を提唱した思想家・柳 宗悦(1889-1961)らによって、七観音像が再発見されてから20年―。1945年(昭和20)7月の甲府空襲(写真下:甲府市教育委員会提供)で多くの尊い人命とともに、子安観音菩薩像を含む七観音像は戦火の中に消えてしまいました。

木喰最晩年の子安観音菩薩像の再現に挑むのは、山梨県在住の彫刻家・岡本直浩さん(東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了)です。全国にある子安観音菩薩像を含めた木喰仏を拝観調査して制作を進めています。