チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・RIMPA TO NIHONGA ―現代日本画に見る琳派の様相―

f:id:tanazashi:20180915090209p:plain

 

RIMPA TO NIHONGA
現代日本画に見る琳派の様相―


安土桃山時代に生まれた琳派を継承する現代作家たちの展覧会です。

f:id:tanazashi:20180915090249p:plain

日本画の世界に革新をもたらした加山又造の代表作「淡月」。
現代日本画の技法を駆使して、 霞や靄を表現しています。

f:id:tanazashi:20180915090320p:plain

幅7 M の金屏風を覆い尽くすかのような野菊。

f:id:tanazashi:20180915090353p:plain

構図やデザイン性を重視した作風が特徴の平松礼二の作品です。

f:id:tanazashi:20180915090413p:plain

見るものを神秘的で荘厳な世界に引き込んでいく手塚雄二の「惜春」

f:id:tanazashi:20180915090443p:plain

もののあはれや優美といった美意識色を今に受け継ぎます。

f:id:tanazashi:20180915090509p:plain

時空を超えて心を打つ琳派の世界。
東京目黒区の郷さくら美術館で11月25日まで

www.satosakura.jp

 

会場:郷さくら美術館

会期:2018年9月4日~11月25日