チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて

f:id:tanazashi:20180919202611p:plain

 

オパールとオパルセント
魔性の光に魅せられて

f:id:tanazashi:20180919202339p:plain

七色のきらめきを放つ自然が作り出したオパールの原石。一方こちらはオパールの魅力に迫ろうと人間が作り出したガラス、

f:id:tanazashi:20180919202442p:plain

オパルセント。

f:id:tanazashi:20180919202448p:plain

オパールオパールセントの作品を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20180919202712p:plain

19世紀末から20世紀にかけて活躍したフランスの装飾工芸家ルネ・ラリック

f:id:tanazashi:20180919202724p:plain

20代でジュエリー作家として頭角を表します。

f:id:tanazashi:20180919202800p:plain

最も愛した宝石がオパールでした。

f:id:tanazashi:20180919202837p:plain

自然を愛したラリックのデザイン。

f:id:tanazashi:20180919202904p:plain

朝露に濡れた草花から落ちた雫のように、オパールが輝きます。

f:id:tanazashi:20180919202936p:plain

さらにラリックはオパールの輝きに似た生き物をモチーフにしました。

f:id:tanazashi:20180919203012p:plain

孔雀です。

f:id:tanazashi:20180919203045p:plain

その羽の模様がオパールのきらめきに移し替えられたのです。

f:id:tanazashi:20180919203112p:plain

f:id:tanazashi:20180919203142p:plain

f:id:tanazashi:20180919203216p:plain

ガラス工芸家に転身したらラリックはオパールのような輝きを持つ

f:id:tanazashi:20180919203252p:plain

オパルセントガラスの作品を数多く生み出しています。

f:id:tanazashi:20180919203356p:plain

この展覧会は箱根ラリック美術館で12月2日まで開かれています。

www.lalique-museum.com

光によって七色に煌めくオパール。心を惑わすような魔性の輝きは、19世紀になると忌み嫌われたイメージをもたらしました。しかし、ラリックは、その妖しい光に魅せられ、オパールを使用した独創的なジュエリーを次々と発表し、新たな美の価値観を生み出しました。ガラス工芸家に転身してからも、オパールの色彩を追求。光による色の変化で、幻想的な雰囲気を醸し出す、オパルセントガラスに辿り着いたのでした。
本展では、ミステリアスな煌めきを放つラリック作品の数々とともに、貴重なオパールの原石も展示し、知られざるオパールの世界へと誘います。

 

会場:箱根ラリック美術館

会期:2018年4月28日~12月2日