チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・入江明日香展 ー細密のファンタジーー

アートシーン・

f:id:tanazashi:20180924215145p:plain

 

 

入江明日香展
ー細密のファンタジー

 

f:id:tanazashi:20180924215224p:plain

初期から現在まで。銅版画家入江明日香の展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20180924215246p:plain

入江は刷った銅版画を切り取ってコラージュし、更に水彩や墨などを加えて完成させるという独特の手法を使います。

f:id:tanazashi:20180924215321p:plain

京都版画トリエンナーレで大賞を受賞した作品。

f:id:tanazashi:20180924215341p:plain

2009年ぐらいから子供や動物といった抽象的な形が現れるようになります。様々なものが交錯する謎に満ちた世界観が高く評価されました。

f:id:tanazashi:20180924215421p:plain

2012年にパリに留学してからは日本文化を見つめ直し、浮世絵風の作品にも挑戦します。入江の作品では現在と過去が自由に行き来します。

f:id:tanazashi:20180924215500p:plain

横浜高島屋ギャラリーで10月1日まで

1980年東京都生まれ。銅版画家として作家活動をスタートし、表現の可能性を求める中で生み出された、手漉き和紙に銅版画をコラージュし、水彩・墨・箔・胡粉などを施すという独自のミクストメディアは、多くの鑑賞を魅了します。

f:id:tanazashi:20180924215616p:plain

自然界の相反するものたちの「共存」をテーマに、描かれていますが、近年は鑑賞者が時空を越えて「過去」と「現在」を旅しているような感覚を楽しめるテーマにも取組んでおられます。同会期スタートで8階ギャラリーでは、作家活動を開始した2005年から最新作まで、70余点の作品で構成する初の大規模な個展を開催いたします。(10月1日まで、有料)


会場:横浜高島屋ギャラリー

会期:2018年9月19日~10月1日