チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・土に挑む ー走泥社の作家たちー

f:id:tanazashi:20180924223340p:plain

 

 

土に挑む
ー走泥社の作家たちー

戦後陶芸の世界に新風を巻き起こした前衛統計集団走泥社の展覧会。

f:id:tanazashi:20180924223451p:plain

すっと立ち上がる白いページ。時が止まったかのようです。

f:id:tanazashi:20180924223522p:plain

石見和を中心とする走泥社のメンバーが重要性を削ぎ落としたオブジェ焼きを提唱しました。

f:id:tanazashi:20180924223544p:plain

鈴木治の作品。中央に大きな亀裂が。激しい炎で口が裂けた時のエネルギーが感じられます。

f:id:tanazashi:20180924223624p:plain

平面的な陶芸を目指した山田光。黒い陶板に開けられた窓とはめこまれた金色の四角が動きと軽やかさを表します。

f:id:tanazashi:20180924223704p:plain


福島県立美術館で10月14日まで

 

art-museum.fcs.ed.jp

会場:福島県立美術館

会期:2018年9月15日~10月14日