チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

美の巨人たち プチジャン神父「大浦天主堂」

#ì¤ì°ë¼ì²ì£¼ë¹#ëê°ì¬í¤#ì±ë¹
#ì¼ë³¸#ê·ì#ìëìì¬í
#ëê°ì¬í¤í#Nagasaki
#ì¸ê³ë¬¸íì ì°#大浦天主å 
#é·å´ç#ãªããããã

#ä¹å·#Kyushu#japan

 

今年世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のひとつ『大浦天主堂』は、最も古く最も重要で最も謎に包まれた教会。実はゴシック様式を見たこともない日本の大工が全く違う工法と素材で造り上げたのです。長い鎖国の中にあった人々にとって、初めて見る西洋の教会は衝撃的でした。禁教政策の時代にいかにして精巧に再現したのか?パリの宣教師プチジャンの願い…その願いが呼んだ“東洋の奇跡”とは?

 

美の巨人たち プチジャン神父「大浦天主堂

放送:2018年10月13日

 

f:id:tanazashi:20181008140143p:plain

プティジャン神父 Bernard-Thadée Petitjean*1

 

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。

*1:パリ外国宣教会宣教師、フランス オータン神学校卒業、1853年叙階 1860年日本入国に先立って先ず那覇に到着。日本語と日本文化を習得。1862年横浜に上陸、1863年長崎に赴任。大浦の外国人居住区のフランス人居住民の司牧が公の任務、大浦天主堂の建設を前任のフューレ神父から引き継ぎ、1865年に大浦天主堂が完成すると間もなく1865年3月17日ちょうど四旬節の時期に10数名の隠れキリシタンがいまだに祖先から受け継いだキリスト教の信仰を持ち続けていることを発見。それ以後、続々と隠れた信徒が来て秘密裏にミサに与かりその他の指導を受けた。