チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

f:id:tanazashi:20181103170502j:plain

 

江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

元禄時代に起こった未曽有の経済的躍進を経て、史上最大の繁栄を遂げた18世紀日本。人口100万を誇るメガロポリス・江戸を筆頭に、大坂・京都も大きく発展しました。都市部では町人階級による爛熟した文化を背景に、浮世絵など新たな絵画が生み出されました。その一方で、華やかな都市に生活しながら深山幽谷に遊ぶ文人画の巨匠たちが現れたのも、この時代でした。本展では、多様な表現を見せる18世紀の江戸絵画の数々をご覧いただきます。

 

出光美術館

 

会場:出光美術館

会期:2018年11月03日〜12月16日