チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

石山修武”鉄の家”ができるまで

f:id:tanazashi:20180516181220p:plain

 

 

BSスペシャル 拝見 建築家の自宅 (1)清家清 進化しつづける”私の家”(初回放送:1999年)

 「家は家族の人生劇場を包み込む器」と考え家族の変化に対応した家を唱える建築家のマイホームを徹底探訪! (2)石山修武“鉄の家”ができるまで(初回放送:1999年) 「秋葉原感覚で部品を組み立てた家」の建築に苦闘する石山修武と家族のドキュメント。

【出演】清家清,【語り】西村雅彦,【スタジオゲスト】住宅専門誌編集長…志水りえ,【スタジオキャスター】渡邊あゆみ

放送:2018年5月16日

 

blog.kenfru.xyz

 

 

日曜美術館でも特集されました

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

blog.kenfru.xyz

 

石山修武”鉄の家”ができるまで」

「初歩的なことがわかってない・・・」学生たちに激しくぶつかる建築家がいる。「情熱が足りないか、才能が足りないか、エネルギーが足りないか。なにかが足りない。全部足りないかもしれない」 石山修武。彼は常識を挑発し揺さぶる前衛建築の旗手である。建築家として彼が最初に世に問うた原案はブリキの茶室。彼が設計し依頼主が15年かけて自分で建てたこの家はやはりブリキと鉄でできている。リアスアーク美術館は造船所の溶接工たちが建てた。鉄にこだわった実験的な作品を作り続け、世界的にも注目される建築家石山修武。彼は一体どんな家に住んでいるのだろうか。訪ねてみればなんと木造の家。しかしむき出しの鉄骨が部屋の中を貫通している。天井には一面のブルーシート。その理由は古くなった家の真上に新しい鉄の家を建てようとしているからである。工事現場の下に住みながら石山修武は今、とても気分がいいのだとか。「いろんなものがむき出しになっていて、ゼロ状態だと思うんですね。あそこって。でもそれは精神的な疲労に健康的だなって思いますね。気分はいいですよ」彼は今、鉄を使ってまだ誰も見たことのない家を作ろうとしている。自分の家だからこそ出来る壮大な実験を繰り広げようというのだ。幸か不幸か。家族はその実験に立ち会うことになる。「この当たりが一番ひどかった」実験の影には苦労と犠牲がつきものらしい。常識を疑えと唱え続ける前衛・石山修彼は常識を超えたどんな家を建てるのだろうか。そして家族はその家を受け入れるのか。答えを知りたくてこの工事現場に通うことにした。

石山修武”鉄の家”ができるまで」

新宿から西へ車でおよそ30分。東京世田谷の静かな住宅街に石山さん一家の新しい家が建とうとしています。4月初めの日曜日。石山さんを自宅に訪ねました。120坪の敷地に建てられた築45年の木造の平屋。元々は奥様の実家でした。「20数年住んでます。家自体は立ててから45年経ってます。ある日雨戸を閉めたらストンと落ちたし、裏に回りますとガラス戸なんか落ちるようになっちゃって、そろそろ寿命だなってことで建て替えなきゃいけないなと思いました」この窓の雨戸が落ちた瞬間、建築家石山修武の実験が静かに始まったのです。「新しい家を建てる時、家族は大工さんにやってもらったほうがいいんじゃないかって言ってました。僕もそれの方がいいなと思っていた。他の建築家に設計してもらった方がいいという声も強かったんですけど。ちょっと私のメンツもありますから」おととしの8月。古くなった家の解体工事が始まりました。ここに住みながらその上に鉄の家を作るため母屋の屋根は上半分が削り取られてしまいました。三つの部屋は完全に取り壊され、その地面を掘って地下室を作りました。「これもとり払うわけです。この家も取り払ってここからずっと斜めに斜めに土を削り取って、地下から庭が見えるようにっていうのと、できればの車椅子の人も簡単に地下に降りてくれるようにしようと言うなとこなんですね」地下室はすでに石山さんの設計事務所として使われていました。ここで図面を引く青年達は石山さんが大学の研究室で鍛えた建築家の卵たち。新しい家の部分部分の細かな設定はこの地下室で石山さんと彼らが詰めていきます。「ここが取り壊している部分がよく判るところで、洗面所があったのとそれからこっちの右手の方はやはりおばあちゃんの住んでましたね」古い家を外から見ればこの痛々しさ。工事中は他に仮住まいすることを考えなかったのでしょうか。「僕は当然人の家の設計してますから、その間の家を新築する場合は取り払って引っ越しされるわけですよねその間の結構ストレスっていうのは、半年とか一年でもものすごく大きいんです」石山さんはこんな家を建てようとしています。グレーの部分が一階の古い家。最後にはすべて取り壊され空っぽの空間になります。古い家の周りに鉄の柱を立て、その柱から斜めに横に鉄骨を走らせます。そして巨大な二枚の板を鉄で組み立て、2階と3階の床を作ります。そこが居住スペースになり、周りをほぼ全面ガラスで囲ってしまいます。こうしてまるで宙に浮いたような鉄とガラスの家が出来上がるというわけです。2階の床の高さは地上およそ5 メートル 。「この吹き抜けの下が今になります。間仕切りはほとんどなくて、みな家具で仕切りますから間仕切り機はほとんどない。北側が全て台所でもみなアルミのパイプとガラスになります。上は私利部屋。こちらが娘と息子の部屋。こちらが留学生が泊まれるようなスペースになります」2階と3階合わせておよそ200畳の広さ。間仕切りの壁は一切作りません。「せっかく広いから仕切ることないって言う。プライバシーってそんなにたいしたプライバシーがあるわけじゃないから、間仕切りってみんなの低いところでみんな仕切りますからねあの隠れたいときはしゃがめばいい。基本的には仕切りたくないという風に思ってます」地上から10メートルの高さにやはり鉄で作られた大きな屋根。この上には土を盛り野菜を植えようと石山さんは考えています。実験が進む真下には家族のどんな苦労と犠牲があるのでしょうか。「ここは台所なんですがこんな棒が刺さっている」今はもう慣れて頭をぶつけることも減ったそうです。 「一番困ったのは雨漏りです。アメのときは全部ブルーシートに水が溜まるものですから、あのいろんな所にキリで穴を開けたんですけれども。水を溜まったところキリで穴をあけまして下にバケツを置くというそういう状態で。ここからも水が落ちてきますのでね電気をすぐ消すとか。危険です火花が散りました」石山家には息子一人娘2人の計3人の子供がいます。子ども達にもそれぞれ苦労はあるようで。「最初の方は何だこれはと。地元の友達がこの辺いっぱい通るわけじゃないですか。すごいことになってるなと合うたびに言われるんですよ。部屋の壁がないんですよ。壁歩作ってくれと言ったらそれはできない。部屋っていう与えられたスペースの概念がなくなってしまったので注文出しても意味なかったなと」「工事がやってる時はやっぱり毎日変わっていく姿を見ててすごく楽しいんですけど、この普段の生活では最悪ですね。自分のスペースが全くなくてこの居間で着替えたりとか勉強したりとか、電話したりとかするわけで、自分の部屋がないっていうこの家族が犠牲になっていると思います。特に母がだと思うんですけどやっぱりすごく振り回されてると思うし。とにかく本当になんて芸術家肌って言うとなんか褒め言葉みたいですけどとにかく気まぐれですから。もうそれに付き合う周りは本当に大変ですね」「絶対この人たちの言うことなんて絶対聞かないですよ。やっぱり新しい考え方なんだから間違もありますよね。僕の中に。ミスもあるしかもしれないけど、本筋としては間違ってないわけだから、やっぱりそれに家族は従うべきだと思いますね」「「岡邸」に何度か行ってとても良かったものですから、こんなお家が欲しい言っていましたら、全く逆のものだっていう風に言われましてね、もっとハードな家だという風に言うんですね。ハードな家っていっても見当がつかないんですけど。反対というか想像がつかないんでしょうねきっと」まさこさんがこんな家に住みたいと言った岡邸です。石山さんが設定しました。柱は木と鉄骨を組み合わせたもの。外壁は漆喰。ドアは真鍮ですが中は全て木で作られています。壁は台所から居間、今子供の部屋からご主人の書斎まで前面むき出しのベニヤ板。ここを何度か尋ねたまさこさんは意外にこれが落ち着く。家の家もこんな感じでと夢を膨らませたというのですが。「僕はプロだから人の家をやるときは人からお金をもらうわけだし、自分ばっかり言ってるわけにいかないけど、自分の家を自分で作る時はそれはとことん行くぜということになってしまう。それはもう2~3人の犠牲は仕方ない。僕の主義じゃなくて好みとしたらやっぱ僕やっぱ見たこともないもの作りたいもんだから本質的なギャップなんですよね。普通の人は見慣れたものに住みたいとね、やっぱり非常にそういう意味で保守的な動物なんだけど、僕は見慣れた見馴れないものを作りたいと思う人間だから、当然それはもう軋轢おこるわけですね。まあ何年かすればできあがるわけですが、この子達はニコニコしてると思います。できたら大丈夫だと思いますけどね。それか全員いなくなってるか」誰も見たことのない家を建てたいという石山修武。彼がいわゆる前衛建築家への道を歩み始めたのは今から30年前にある家と出会ったことがきっかけでした。「ドラム缶の家」この家には自様式にはとらわれない自由さが満ち溢れていると、25歳の青年石山さんは感じました。石山さんは自分の原点はこの家にあるといいます。自宅を建てようという今、改めてその原点を尋ねようと考えました。ドラム缶の家こと川合健二邸は砂利の山の上にただゴロンと別れただけのブリキのドラム缶。基礎はありません。建てたのは設備設計家の河合さん自身でした。この家あるいは河合さんから影響を受けましたか?「なにごとからも自由であるということ。孤立するのを恐れないでいろんなことを自分でします」河合さんは昭和40年。52歳でこのドラム缶の家を建てました。それまでは著名な建築家のもとで設備設計の仕事をしていましたが、この家を建ててから亡くなるまでの30年間はここで一人ボイラーやエンジンなどの研究を続けました。河合さんはこの家をブリキの波板で作りました。これは普通水道管ガス管を通す地下道に使われます。彼がこの素材を使った理由は、柱も屋根もいらず、組み立てが簡単。しかも頑丈で値段も安いということでした。丸い形や鉄への偏見さえ捨て去れば人はこんな家にも住むことができると河合さんは示したのでした。今はこの家を奥様が一人で守っています。「あまりお金もかからないし、何が起きてもそこで何とか自立して生きるということからここは始まったわけですから、うちというよりか人間が住めるところ。雨風がしのげるそういうことから始まってるので、そういう一般的な住宅という観念はあまりなかったと思いますよ」「もうすでに錆色をしてましたけれども、ノアの方舟見てたんですねそういうものったら見たことがなかったけれども、これはなんか僕が考えてもなかったけれども、出会いたかったものがここにあるんだなっていうのは瞬間的にわかったような気がしましたね」それはなんなんでしょう「それは純粋な理論ですよ河合さんは全部理論的に説明できる人だったから、理論の結晶みたいなものなんだけれども、僕は今は年取ってわかってきて人間てのは議論の中で住めるほど強くないっていうのはわかってきて、僕の家は川井さんの考え方を具体化してるんだけど、もうちょっとこう意識的に柔らかくしてるって言う感じじゃないでしょうかね。だから僕の家には屋根もあるし柱もあるんだけれども考え方は川井さんと同じなんですよ。もうちょっと人にはわかりやすいだろうと」今建てている自宅には屋根も柱もある。しかし自由な発想で家を建てようというドラム缶の家の強烈なメッセージは引き継ぎたいと、石山さんは考えています。ドラム缶の家と出会ってからそれを自分なりに消化して乗り越えていく作業それが建築家石山修武の一つの大きなテーマになりました。愛知県新城市の山間にある「幻庵」。今から25年前30歳の時に建てたこの作品は鉄とブリキで作った茶室です。ドラム缶の家と同じブリキの波板を使ってはいますが、大胆に石山流の造形が施されています。これを見た河合さんは「芸術になってしまっている」と批判したそうですが、それを聞いて石山さんは「これでドラム缶の家から一本抜け出すことができた」と思ったそうです。榎本基純さんは「ジャズを聴きながらコーヒーを飲める茶室が欲しい」と石山さんに依頼しました榎本さんはいつも週末をここでゆったりと過ごします。「鉄ってハードで冷たい印象が変わるけれども、鉄って本当はすごく柔らかくて温かいものです。それまだ日常生活の中であんまり感じられてない。電化製品とか鍋とか釜とかってもじゃ慣れてるんだけど、それが自分の身の回りに家となってくるとまだ受け入れられてないと思います。けどまあいずれ圧倒的に受け入れるようになると思います」5月25日世田谷の現場に新しい鉄がやってきました。階段です。この階段のカーブは鉄の柔らかさを示し、自由に操る造船職人でなければ作れないと石山さんは考えました。階段と一緒にやってきたのは普段宮城県気仙沼で船を作っている溶接工です。この家の柱や床屋根はすべて彼らの手によるもの。ほとんどボルトを使わず溶接だけで鉄を組んでいくのには彼らの技術が欠かせませんでした。この鉄の家には普通住宅には使われない特殊な建て方が採用されています。「4本の柱で全体を支えている。釣り構造。床を吊って全体を持たせている」吊り構造とは床を吊り上げる構造ということです。床を下から支えるのではなく、柱から斜めに伸びる鉄剤で床を吊り上げているのです。この構造のメリットは太い柱が入らないこと。そして横から加わる力を受け流すので地震には極めて強いということです。吊り橋はその名の通り吊り構造で作られています。この手法が個人の住宅に応用された例は世界でも珍しく、石山さんは自宅で時代を先取りする実験を試みようとしていたのです。船作り専門の彼らが住宅を建てるのは初めてです。でもこの家はやりがいがあるとか。しかし、彼らも自分が住むかというと「難しい質問ですね」吊り構造の中へと奥さんのまさこさんが上がりました。溶接工事が始まってから、まだ上の様子を見たことがありませんでした。この日が初めてです。やはり台所周りが気になるようで。地下室でのミーティングに奥さんが飛び入り参加。台所の調理台は石かステンレスかの争いになりました。西山さんは石を主張。「ステンレスのほうが掃除にもいいんです。言わないと偉いことになります。私ははっきり物を言います。我慢はしません。台所に関しては仕方がないと思っているのではないですか」「もちろん。台所は僕は立つことがないから。基本的なことはあのヒトが使うわけだから。イャですけどしょうがない」前衛建築家石山修武。この時初めて家族の言うことを聞きました。

アメリカに留学している長女の徳子さんが夏休みの間帰国していました。彼女も新しい家には不安があるよう。「私個人も研究者としてやっていきたいと思っているので、勉強が出来ないでしょ。この家族うるさいのですから。全員がうるさくって全員が自己主張が激しい人たちですから。それが間仕切りのない家にね、ガンガン反響するような家に住んでいたらスゴイことになるんです。それは判るんです。いわゆる優しくっていつも家にいるいいお父さんというのとはもちろん違いますね。だけど、あれでもああいう生き方でもいいんだとこの頃思うようになりましたけどね。仕事人です。仕事を好きでやっているから、あそこまで好きでやっているならいいじゃないか」長男の雄大くんは時々上に上がり日光浴して気分転換するのだそうです。「僕は歓迎しているつもり。父親の働いている姿が家を建てることになって身近に感じられるようになったんで。これまででね親父はどんな風になった働いてるので知らなかったんで、オヤジの働いている姿いいもんだなと」自分でできることは自分でやるがモットーの石山さん。若いスタッフ達と一緒に吹き抜けの天井にペンキを塗り始めました。ども塗りムラが気になるようで。「ここに絵を描いちゃいますよ。ミケランジェロ」実はこの時に描いた絵は気に入らないとすぐに消してしまいました。およそ15分間のミケランジェロでした。さて、建築の世界で石山さんが異色である理由の一つは、日本の住宅は異常に高いと訴え続けていること。この工事で家を安く建てる方法を示したいと言います。「今鉄骨の職人さんが入ってます。これから温室の職人さんが入ってきます。職人さんが壁を作る。中は大工さんが作る。電気屋さんからの水道屋さんガス屋さん。そういう人たちと全部直接契約してますから、前からの後なんだそういう人たちと全部僕直接に家の契約してますから。ゼネコンがいないんですよね。明らかに新しいやり方ですからね。なかなか大変だし面白い。ある意味じゃね。お金の管理は合理的ですよね。やすいってことだけど」工事の費用を安く抑えるためにどんな方法がとられているのでしょう。見積もりファイルにその答えがあります。大工仕事や建具、水道、電気など工事を細かく分解し、それぞれいくつもの業者に見積もりを出させています。同じ図面に同じ材料を使った工事でも業者によって例えばアルミ工事はおよそ100万円の開きがあります。電気工事は倍以上も違う。大工仕事に至っては200万円近い差がありました。「壺いくらっていう考え方を捨てちゃうってことですね。ものの値段、この壁はいくら。家の柱はいくら。このキッチンセットはいくら。このバスタオルはいくらって大した数じゃないですから誰でもわかる。それでそれを集合して後で手間っていうものあるすればだいたいねわかるわけで。当たり前の話で別の設計家に頼むことはないんで、家を建てようと思ったら見積もりをもう10社ぐらいに出しなさいって。十社ぐらいそれもバラバラに出しなさいって。そうしてそれをチェックする能力をつけてから家を建てないとそれはね馬鹿げてますよ。本来建築家がやればいいんだけど、建築家は信用できないところがあるから、設計料を貰うから、高くなると設計料も高くなりますから、原理的に誰も安くはしませんよね。だから値段に関しては日本中にプロがいないんですよね。本当のプロがいない。それでこんなとんでもない状態になってるんじゃないかと思います」