チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・没後400年 雲谷等顔展

f:id:tanazashi:20181126212809p:plain

 

没後400年
雲谷等顔展

f:id:tanazashi:20181126212819p:plain

京都大徳寺塔頭黄梅院御芳情の襖絵。

1メートルを超える大きさで描かれた賢人たち。

f:id:tanazashi:20181126212837p:plain

迫力ある姿に圧倒されます。

桃山画壇の巨匠雲谷等顔の展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20181126212917p:plain

雲谷等顔は雪舟流の継承者という確固たる地位を築くと共に、毛利輝元側近の絵師として山口を拠点に活躍しました。

f:id:tanazashi:20181126213016p:plain

橋を渡る人物とロバ。

f:id:tanazashi:20181126213026p:plain

その奥には広大な風景が広がっています。

深山幽谷の世界です。

f:id:tanazashi:20181126213116p:plain

展覧会は山口市山口県立美術館で12月9日まで。 

www.yma-web.jp

狩野永徳長谷川等伯、海北友松に次ぐ、桃山画壇4巨匠の一人、雲谷等顔(1547-1618)。本展覧会は毛利輝元のお抱え絵師で、山口ゆかりの画家である等顔の34年ぶり、史上最大規模の大回顧展であり、アメリカからも貴重な作品が里帰りします。
雪舟流の正統な後継者として、水墨画の多彩な表現を極めた等顔の画業の全貌に迫ります。

 

会場:山口県立美術館

会期:2018年11月1日~12月9日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。