チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

f:id:tanazashi:20181220232845p:plain

 

エキゾティック×モダン
アール・デコと異境への眼差し

f:id:tanazashi:20181220232719p:plain

1920年代パリで花開いた美術アールデコ

f:id:tanazashi:20181220232733p:plain

それはヨーロッパの歴史的な様式に加えアフリカや中国イランなど異国文化が混じり合う新しいスタイルでした。

f:id:tanazashi:20181220232803p:plain

このエキゾチックな美術には日本の芸術家も大きく貢献しました。

f:id:tanazashi:20181220232925p:plain

フランスの芸術家ジャンデュナンの大作です。漆が塗られ金や銀を使って華やかに仕上げられています。

f:id:tanazashi:20181220233000p:plain

漆の技法は日本人から学びました。

f:id:tanazashi:20181220233037p:plain

伝えたのはパリで活動した菅原精造。作品全体に漆が施されています。

フランスの作家たちはこぞって 海外の芸術を取り入れます。

f:id:tanazashi:20181220233118p:plain

アールデコの時代はフランスが最も広範な植民地を手にした時代でもありました。

f:id:tanazashi:20181220233153p:plain

「大きな関心の一つとして植民地のテーマというのも美術の数多く現れてきます。

f:id:tanazashi:20181220233227p:plain

植民地主義のネガティブな一面からこれまで紹介されることがフランスでもあまりなかったのですが、近年になって正視してみようという動きがあり、そうしたものの見方というものを紹介したい」

f:id:tanazashi:20181220233247p:plain

東京都庭園美術館で2019年1月14日まで。 

 

会場:東京都庭園美術館

会期:2018年10月6日~2019年1月14日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。