チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

f:id:tanazashi:20190130201356p:plain

 

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

f:id:tanazashi:20190130201119p:plain

21_21 DESIGN SIGHT


東京六本木にあるトゥーワントゥーワンデザインサイト

デザインの未来を発信し続けています。

f:id:tanazashi:20190130201203p:plain

深澤直人さん

この場所の立ち上げから関わってきた深澤直人さん。

f:id:tanazashi:20190130201309p:plain

日本を代表するプロダクトデザイナーです。

f:id:tanazashi:20190130201328p:plain

家具や家電など身近な商品のデザインを数多く手がけています。

f:id:tanazashi:20190130201346p:plain

今回深沢さんが取り上げたのは民芸。デザインの原点を見つめます。

f:id:tanazashi:20190130201423p:plain

深沢さんは2012年から日本民藝館の館長を務めています。

f:id:tanazashi:20190130201444p:plain

柳宗悦

大正から昭和にかけて民芸運動を推し進めた柳宗悦

f:id:tanazashi:20190130201559p:plain

日用品の中に用の美を見出しました。

f:id:tanazashi:20190130201615p:plain

ものづくりの原点を感じていたのです。

f:id:tanazashi:20190130201627p:plain

深沢さんは柳のコレクションから今回100点余りを選びました。

f:id:tanazashi:20190130201739p:plain

柳宗悦さんは美学を説いた人だと思うんですけど、偏りがあったと私は思っています。偏りというのは、

f:id:tanazashi:20190130201759p:plain
なにかかわいらしいものが好きだったのではないかなと思います。抱き寄せたくなるような。これはデザインとか物を生み出すことにとってとても重要な要素、要因だと思います」。

f:id:tanazashi:20190130201822p:plain

展示品には深沢さんの言葉も添えられています。

f:id:tanazashi:20190130201832p:plain
なかにはこんなユニークなものも。

f:id:tanazashi:20190130201849p:plain
「自分のほうに向いている取っ手を持って、こういう風に、たしかに人間ってのはこうやって入れたほうが中のお湯が入れられる」。

f:id:tanazashi:20190130201901p:plain
深沢さんのお気に入りがこちら、漁師が船で使う火鉢です。

「使うという要素を超えて、そばに置いておきたいみたいなものってあると思う。それが手を火で温めるという動作と一緒になっているからなおさら抱き寄せたい。これはいいみたいな感情とうまく合っているということだと思います」。

f:id:tanazashi:20190130201919p:plain

民芸の品々にはまだまだ埋もれた魅力があると深沢さんはいいます。

f:id:tanazashi:20190130201930p:plain

「投げかけをしてあげるのも一つの仕事だと思います。気づかずに通り過ぎてしまっていたものに確かにそうですねという感覚が」。

f:id:tanazashi:20190130201943p:plain

展覧会は2月24日まで開かれています。

 

会場:21_21 DESIGN SIGHT

会期:2018年11月2日~2月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。