チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・REBORN 蘇る名刀

f:id:tanazashi:20190130204720p:plain

 

REBORN 蘇る名刀

f:id:tanazashi:20190130204744p:plain
鎌倉時代の名刀。火災のため損なわれました。

f:id:tanazashi:20190130205128p:plain
「火事って千度以上に温度が上がるじゃないですか。すると焼入れの効果は全部消えてしまう。鉄の棒になってしまう。

f:id:tanazashi:20190130205145p:plain
だからなうねうねとして、そりも変わってしまう。そしてそれをそのまま置いておくとだんだん酸化する。 錆が進行していくんですね」。

f:id:tanazashi:20190130205157p:plain

幾多の名刀が戦乱や天災に遭ってきました。そうした日本刀の中には特別な技術を施され再び輝いているものがあります。被災した刀を蘇らせるには名工たちの高度な技術が必要になります。

f:id:tanazashi:20190130205214p:plain

人間国宝2代月山貞一。刀の再生にも取り組みました。焼き入れの工程をやり直すことで刀の命である歯を付け直すのです。

f:id:tanazashi:20190130205227p:plain

再刃と呼ばれる技術。

f:id:tanazashi:20190130205308p:plain

江戸時代の火事で焼けた名刀が月山の手によって輝きを取り戻しました。しかし再刃された方が強度が落ちてしまいます。戦乱の時代にはあまり顧みられませんでした。

f:id:tanazashi:20190130205319p:plain

その流れを変えたのが徳川家康です。実用性よりも歴史的文化的意義を尊重し、その美をめでたのです。

f:id:tanazashi:20190130205331p:plain

中でも大切にしたのが秀吉にまつわる名刀。大阪夏の陣大坂城と共に炎に包まれたものです。

f:id:tanazashi:20190130205343p:plain

これは信長が森蘭丸に与えたという短刀。本能寺の変で焼かれ後に再刃されたと言われます。

f:id:tanazashi:20190130205355p:plain

細身の刀身には見事な不動明王の姿。

f:id:tanazashi:20190130205407p:plain

しかし今もなお傷んだままの刀が数多くあるといいます。

f:id:tanazashi:20190130205417p:plain

「火事で焼けたその後の人の目にさらすっていうことは恥だったんですよ。何台も何百年もそれをひたすら蔵の中で秘蔵してきた。ただ近年ですね天災が多くて文化財も再生するっていうことを今日本中で一生懸命やってますね。そういう姿を目にしてに本当はここでみんなで考えて再生する努力をしたらいいんじゃないかという風に思ったんです」。

f:id:tanazashi:20190130204705p:plain

静岡県三島市の佐野美術館で来月24日まで開かれています。

 

会場:佐野美術館

会期:2019年1月7日~2月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。