チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・霞はじめてたなびく

f:id:tanazashi:20190313212917p:plain

 

霞はじめてたなびく

f:id:tanazashi:20190313213022p:plain
流れ星を待つ男性。

f:id:tanazashi:20190313213059p:plain

自転車を止めた女の子。

f:id:tanazashi:20190313213114p:plain

日常生活の断片を複雑に重ね合わせ、ひとつの風景を構築していく西村有の作品です。西村有、吉開菜央、佐藤雅晴。今、注目の作家を取り上げます。

f:id:tanazashi:20190313213138p:plain

「この展覧会が始まる時期は暦の上ではかすみはじめてたなびくと呼ばれています。冬の乾燥した空気が徐々に湿気を帯びて遠くの風景が霞んで見えるようになります。そのような日常のささやかな変化を身体を通して描き出している作家を取り上げています」

f:id:tanazashi:20190313213158p:plain

佐藤雅晴の作品「福島尾行」。

f:id:tanazashi:20190313213225p:plain

実際の風景の中に一部アニメーションを加えるのが佐藤の手法。

f:id:tanazashi:20190313213245p:plain

どこにアニメーションが加えられているか分かりますか。

f:id:tanazashi:20190313213323p:plain

一部をアニメーション化することで日常と非日常の境界を曖昧にし、

f:id:tanazashi:20190313213359p:plain


見るものを映像の旅へと誘います。

f:id:tanazashi:20190313213340p:plain

「なんでこれをあえて手で描いて見せているのかなっていうのを見ながらずっと考えた」。

f:id:tanazashi:20190313212956p:plain

吉開菜央が着目したのは日常生活の中にある音。

f:id:tanazashi:20190313212937p:plain

「静かに息を吐きながらお腹に力を入れる」。

f:id:tanazashi:20190313212859p:plain

日常的によく見る風景が音によって非日常になるという試みです。

f:id:tanazashi:20190313212839p:plain

「当たり前にやってることを意識したことがない側からすると呼吸法とかを聞くと当たり前を考えさせられるって言うか」

f:id:tanazashi:20190313212820p:plain

「呼吸を音楽と捉えて呼吸が主旋律でその周りに通り過ぎていく人のしゃべる会話だったりとか風の音だったりがハーモニーを奏でてるみたいな、それで心が動く時間ってあると思うんですねそれを体験して欲しかったのですごくそれは意識しました」。

f:id:tanazashi:20190313212635p:plain

今まで見えていなかった風景が浮かび上がってくる。東京アーツアンドスペース本郷で3月24日まで。 

 

会場:トーキョーアーツアンドスぺース本郷

会期:2019年2月23日~3月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。