チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

大友真志写真展「Mourai」

ã大åçå¿ åçãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

「大友真志写真展「Mourai」」

生まれ育った北海道の風景や家族を撮影する写真家。

タイトルは石狩市厚田区にある祖父の出身地の地名「望来」もうらい、にちなむ。

静謐さと力強さを感じて欲しいと言う。

大友は一貫して自身が生まれ育った北海道の風景や家族にまつわる物事を撮影しています。2010年には「Mourai」と題し、北海道の風景と父母、姉のポートレートで一年間にわたる連続展を開催しました(IKAZUCHI、photographers’ gallery)。タイトルの「Mourai」は大友の祖父の生地である「望来(もうらい:札幌近郊に位置する石狩市にある集落)」に由来しています。
 本展では、札幌の自宅周辺や両親が住む北広島をはじめ、石狩、十勝、函館など道内各地で撮影された、静謐さと力強さを併せ持つ風景写真が展示されます。大友が2013年に活動の拠点を札幌に移して以来、初めて東京で開催する個展となります。ぜひご高覧ください。

www.share-art.jp

 

会場:photographers' gallery

会期:2019年03月20日 ~2019年04月07日