チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

f:id:tanazashi:20190407210753p:plain

 

ル・コルビュジエ
絵画から建築へ―ピュリスムの時代

 

f:id:tanazashi:20190407210710p:plain

世界文化遺産に登録されている国立西洋美術館

f:id:tanazashi:20190407210721p:plain

四角形の箱を持ち上げるように作られた構造になっています。

f:id:tanazashi:20190407210730p:plain

吹き抜けのホールは三角形の天窓と円柱の柱が印象的です。

f:id:tanazashi:20190407210738p:plain

幾何学的な形で構成されたモダニズムの建築。日本の建築界に衝撃を与えました。

f:id:tanazashi:20190407210746p:plain

設計は20世紀建築の巨匠ル・コルビジェ。建築の新しい考え方を打ち出しました。ル・コルビジェが近代建築のリーダーとなるピュリスム。いわゆる純粋主義と言われる時代を展望します。

f:id:tanazashi:20190407210809p:plain

1920年代のパリは世界中から芸術家が集まり新しい芸術運動が盛んな時代でした。

f:id:tanazashi:20190407210822p:plain

スイスからパリに来たル・コルビジェは画家のオザンファンと共にピュリスムという運動を始めました。それは単純化した形の組み合わせから普遍的な美を追求する試みでした。

f:id:tanazashi:20190407210832p:plain

この絵画は真上から見た視点と正面から見た視点で描かれています。二つの視点を組み合わせることで立体を表現します。さらに素材の配置にも規則的な美を求めました。

f:id:tanazashi:20190407210841p:plain

構図が最も安定して見える黄金比の長方形。

f:id:tanazashi:20190407210842p:plain

それをベースにした四角形を組み合わせ、補助線の交点に素材を配置する。設計図のような構成にしたのです。その後ル・コルビジェキュビスムの絵画に強く影響を受けて行きます。

f:id:tanazashi:20190407210850p:plain

単純な輪郭線で描かれたピカソ静物。ギター、瓶、フルーツ皿そして白赤青など、題材とは直接関係のない抽象的な色の面。

f:id:tanazashi:20190407210938p:plain

ピカソは表現方法の違う二つの平面が重なり合うことで奥行きを感じさせるような構造を描きました。それはル・コルビジェが求めるモデルとなりました。

f:id:tanazashi:20190407211006p:plain

この作品はル・コルビジェピュリスム絵画の代表作。複雑に構成された輪郭線が繋がっていきます。

f:id:tanazashi:20190407211012p:plain

前後の関係が曖昧になり、いくつもの透明な麺が重なり合って新たな空間を作り出しています。そして絵画で追求した考え方は後に建築にも生かされていきます。f:id:tanazashi:20190407211018p:plain

その代表作がサヴォア邸です。

f:id:tanazashi:20190407211022p:plain

ピュリスム絵画に見られる直線と曲線が複雑に入り混じった構成。連続する窓。屋内の空間と外の風景が重なり合って見える建物。

f:id:tanazashi:20190407211029p:plainピュリスム建築の集大成です。f:id:tanazashi:20190407211055p:plain

「彼は建築も絵画も同じ芸術であるという風にずっと考えていました。それは彼の信念のようなもので、決して建築のために絵を書いていたのではなく二つとも自分自身にとって大切な表現の方法だったんだと思います」。

f:id:tanazashi:20190407211121p:plain

この展覧会は東京上野の国立西洋美術館で5月19日まで開かれています。

 

会場:国立西洋美術館

会期:2019年2月19日~5月19日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。