チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

アートシーン・サムライ・ダンディズム 刀と印籠―武士のこだわり

f:id:tanazashi:20190419204218p:plain
 

 

サムライ・ダンディズム
刀と印籠―武士のこだわり

f:id:tanazashi:20190419203958p:plain
千年以上の伝統を持つ日本独自の美。日本刀。明光安綱の孫有綱が手がけた太刀です。

f:id:tanazashi:20190419204015p:plain
手元でそり、先端に向かって長く伸びる形。

f:id:tanazashi:20190419204031p:plain

こうした日本刀の姿が完成したのは平安時代後期でした。武士が愛で大切にしてきた刀。そこには作り手の技と心が込められています。刀を始め武士が身につけた美を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20190419203940p:plain

昭和25年。国の重要文化財に指定された太刀です。後鳥羽上皇から天下一と賜った一派福岡一文字に由来しています。

f:id:tanazashi:20190419203927p:plain

白いもやのような波紋の幅は広く、力強さと迫力に満ちています。鎌倉時代の特徴が現れた屈指の太刀です。

f:id:tanazashi:20190419203857p:plain

刀を帯刀するための刀装具にも美が追求されました。

f:id:tanazashi:20190419203845p:plain

黒い漆の上に描かれたススキ。光の加減によって見え方が変わる美しさ。

f:id:tanazashi:20190419203838p:plain

鍔には金工細工で躍動する無数の馬が表されています。各分野の交渉の高度な技が結集しています。

f:id:tanazashi:20190419203830p:plain

f:id:tanazashi:20190419203820p:plain

武士が身につけた印籠もまた個性豊かなものでした。

f:id:tanazashi:20190419203805p:plain

f:id:tanazashi:20190419203757p:plain

桃山時代に発祥したと言われる印籠。元々は男性用の携帯薬入れとして用いられていました。

f:id:tanazashi:20190419203749p:plain

江戸時代になると実用だけではなく武士のおしゃれの道具として洗練度を増していきます。

f:id:tanazashi:20190419203742p:plain

江戸末期の漆の名工・柴田是真が手がけた印籠です。

f:id:tanazashi:20190419203734p:plain

黒地に花々を散らした吊り香炉や、羽ばたく蝶などを配した印籠。

f:id:tanazashi:20190419203727p:plain

金の薄板を細く切った切り金や貝を用いた螺鈿によって上品な美しさに仕上げています。

f:id:tanazashi:20190419203718p:plain

印籠は持ち主の個性や教養を表現するこだわりのアイテムだったのです。

f:id:tanazashi:20190419203709p:plain

「武士の美意識が江戸時代また江戸城中という制約のある環境の中で最大に発揮されたのがこの刀と印籠また刀装のこだわりです。

f:id:tanazashi:20190419203659p:plain

刀装を見る中で武士の美意識を感じていたことができると思います」。

f:id:tanazashi:20190419203652p:plain

展覧会は八王子市の東京富士美術館で6月30日まで開かれています。

 

会場:東京富士美術館

会期:2019年4月2日~6月30日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。