チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「やなぎみわ展 神話機械」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190609205554p:plain

やなぎみわ展 神話機械

 

やなぎみわ
神話機械

 

f:id:tanazashi:20190609205726p:plain

真っ赤な髪をなびかせ豪快に笑う女性。若い女性が50年後の理想の自分を演じています。

f:id:tanazashi:20190609205845p:plain

背中を向けた白雪姫。しかし鏡に映るのは。誰もが知るおとぎ話を通して固定された価値観に問いを投げかけました。現実と虚構の境界。その揺らぎを表現してきたやなぎみわ。10年ぶりの個展で新たな世界を見せています。

f:id:tanazashi:20190609205857p:plain

女神と男神が桃の木の下で別れる

暗闇の中に浮かび上がる桃の木。12点の写真からなる作品。「女神と男神が桃の木下で別れる」女神と男神とはイザナミイザナギのこと。

f:id:tanazashi:20190609205938p:plain

イザナギは亡くなったイザナミを探して黄泉の国へ向かいます。しかしその姿は変わり果てていました。イザナギはこの世に逃げ戻ります。この時をイザナミに向かって投げたのがあの世との境界に生えていた桃の実でした。

f:id:tanazashi:20190609205948p:plain

辻瑞生

「桃の木をモチーフにしたというよりは、古事記の中の男女の別れであったり、生と死である。イザナギイザナミに対して見た。

f:id:tanazashi:20190609210024p:plain

生きていたものが変わり果ててしまって不浄のものになったということで、浄と不浄とはどういうものかなどをテーマに考えられて、人間の生き方全てを見直しするものとしてこの作品を制作されています」

f:id:tanazashi:20190609210033p:plain

神話機械


新作の神話機械。演じた瞬間から消滅していく演劇を美術館に半永久的に展示しようという自動上演装置です。

f:id:tanazashi:20190609210107p:plain

白い蘭の花を模したメインマシン。ギリシャ神話やシェイクスピアの戯曲の中の登場人物が語り始めます。

f:id:tanazashi:20190609210117p:plain

その傍らで男の手と女の足をつなぎのたうち回るチューブ。f:id:tanazashi:20190609210126p:plain

古代の石を投げるための武器を模した装置。骸骨が列をなし、その瞬間を無言で待っています。生と死。過去と未来。男と女。私たちは様々な境界に思いをはせることになります。

やなぎみわ・神話機械展は群馬県のアーツ前橋で6月23日まで。

f:id:tanazashi:20190609210137p:plain

やなぎみわ展 神話機械

 

会場:アーツ前橋

会期:2019年4月19日~6月23日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。