チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「棟方志功展」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190609212755p:plain

棟方志功

 

棟方志功

 

黒ずくめの童子たちが仏の力で浄化され姿を変え、やがて大いなる光を放つ仏にたどり着く。

f:id:tanazashi:20190609212854p:plain

幅10メートルにも及ぶ壮大な救済のドラマです。日本の木版画に新たな輝きをもたらした棟方志功

f:id:tanazashi:20190609212902p:plain

故郷青森県棟方志功記念館所蔵の大作・連作ばかり24店が一堂に会します。

f:id:tanazashi:20190609212912p:plain

鎌田享

棟方志功は自分の作品を木の板に絵画の画と書いて版画と読みました。これは自分の作品は昨日行ったを無心に降る中から生まれてくるという意味なんですけれどもそうしたら無心一心不乱に振るということを突き詰めていく中で大きな作品を求めて言ったんじゃないかなと思います」

f:id:tanazashi:20190609212956p:plain
薔薇見れば薔薇の笑い。牡丹に逢はば牡丹の威

f:id:tanazashi:20190609213047p:plain
歌人岡本かの子の詩を題材にした「女人観世音版画巻」。詩は女性の美しさとしなやかな強さを歌い、女人こそが観音であると結んでいます。

f:id:tanazashi:20190609213054p:plain

その詩に共感した宗像の女性賛歌です。墨摺りの後に半紙の裏から彩色を施すことで黒の力強さはそのままに柔らかな彩りが添えられています。

f:id:tanazashi:20190609213103p:plain

縦およそ2 M 横およそ13 M。版木72枚による世界にも類を見ない巨大な版画。

f:id:tanazashi:20190609213111p:plain

棟方が晩年に取り組んだ最大の作品です。

f:id:tanazashi:20190609213119p:plain

右半分では太陽や星が輝く中、裸体の女性がいきいきと舞っています。

f:id:tanazashi:20190609213126p:plain

左半分には出産や授乳の場面。棟方は生命の賛歌を巨大な画面に力強く描きあげました。

f:id:tanazashi:20190609212810p:plain

棟方志功

東京府中市美術館で7月7日まで開かれています。

 

 

会場:府中市美術館

会期:2019年5月25日~7月7日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。