チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190627203250p:plain

高野松山

 

漆芸作家 高野松山
今よみがえる究極の技

f:id:tanazashi:20190627203315p:plain

獅子蒔絵色紙箱


すっくと立ち上がる金色の獅子。金粉を漆で定着させる蒔絵の技法で描かれています。

f:id:tanazashi:20190627203350p:plain

複雑に渦を巻いたしっぽ。

f:id:tanazashi:20190627203359p:plain

獅子の顔は立体的に盛り上がっています。針金のように細い髭。ざらついた鼻は技法を変えて表現しています。昭和初期に活躍した人気作家高野松山の展覧会です。

f:id:tanazashi:20190627203409p:plain

高野松山

熊本生まれの松山は美術コレクター細川護立に見込まれ美術品の修理や制作に励みました。

f:id:tanazashi:20190627203425p:plain

菊蒔絵香合

直径9センチほどの香合にも様々な蒔絵の技が。

f:id:tanazashi:20190627203453p:plain

花弁は線を残し漆を塗って立体的に見せています。

f:id:tanazashi:20190627203503p:plain

花の中央は大粒の金粉で埋め、輝きを加えました。

f:id:tanazashi:20190627203512p:plain

初夏文庫

麦畑の上を自在に飛び回る3羽のつばめ。狙っているのは蚊です。

f:id:tanazashi:20190627203548p:plain

細い線を書くことにこだわった松山。粘りを強くした漆を用いたといいます。

f:id:tanazashi:20190627203557p:plain

奥行きをつけて別れた麦の穂が風になびいているかのようです。

f:id:tanazashi:20190627203233p:plain

高野松山

この展覧会は東京文京区の永青文庫で7月3日まで。

 

会場:永青文庫

会期:2019年4月27日~7月3日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。