チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「山口啓介 後ろむきに前に歩く」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190701205856p:plain

 

山口啓介 後ろむきに前に歩く

f:id:tanazashi:20190701205837p:plain


銅版画から立体まで、マルチで活躍する美術家山口啓介の展覧会。広島に原爆を落としたアメリカの軍用機の名前をタイトルに取り入れた銅板画。

f:id:tanazashi:20190701205828p:plain

画面に浮かぶのは原子力発電所の冷却塔を積んだ船。渦に巻き込まれるような作品全体が、核の脅威を思い起こさせ見るものに不安感をもたらします。

f:id:tanazashi:20190701205818p:plain

山口の関心は植物や生命の根源にも向けられます。花を生殖器として捉え、蘭の艶めかしさを強調しています。

f:id:tanazashi:20190701205810p:plain

いくつものカセットケースに閉じ込められた植物。遺伝子を運ぶノアの箱舟のイメージだと言います。

f:id:tanazashi:20190701205758p:plain

広島市現代美術館で9月4日まで。

 

会場:広島市現代美術館

会期:2019年6月8日~9月4日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。