チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「マイセン動物園展」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190801225332p:plain

マイセン動物園展

 

マイセン動物園展

動物園でおなじみのキリン。こちらはペンギンの中でも一際大きな王様ペンギン。ドイツのマイセンが制作した動物達の展覧会です。透明感のある艶やかな白が特徴のマイセン。マイセンの生みの親といわれるアウグスト強王。18世紀初めこの強王のもとで誕生しました。強王は磁器で動物を作ろうと考えます。宮殿で珍しい動物を飼うことが権威の象徴とされた時代。磁器の動物園を作ることで力を誇示したのです。卓越した彫刻家により精巧な動物が作り出されます。こちらはユーモラスな表情のヤギにまたがる仕立て屋の姿。わずか30センチ足らずの中にいくつもの造形が詰め込まれています。お尻に乗せているのは裁縫道具の針。角にはアイロン。細かな造形を可能にしたのがこちらの技法。パーツを分けて作る方法でした。一つ一つのパーツを組み上げます。粘土を型に押し付けて作った小さな花びらを一つ一つ念入りに貼り付けていきます。雪のような無数の小さな花に覆われたスノーボールの壺。緑色の蔦に可愛い小鳥が止まっています。卓越した技術が光るマイセンの傑作です。「そのマイセンの技術力の高さというものを見ていただくにももちろん。いい展覧会になってるかと思うんですけれどもその動物の動きがきちんと評価されているということがそれまでこうやってあんまり芸術アートとしては取り上げづらかったと思うんですけれども、表現豊かな造形物として評価されたのかなと思ってます」東京のパナソニック留美術館で9月23日まで。

 

会場:パナソニック留美術館

会期:2019年7月6日~9月23日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。