チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190905210052p:plain

 

みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへー線の魔術

f:id:tanazashi:20190905205550p:plain

しなやかに踊る一人の女性。長い髪がリズミカルに弧を描いています。

f:id:tanazashi:20190905205616p:plain

画面を飾る花や蝶。

f:id:tanazashi:20190905205700p:plain

描いたのは19世紀末のパリで活躍したアルフォンス・ミュシャです。

ミュシャの創作の源流からその影響までを展望する展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20190905205632p:plain

ミュシャ1860年。現在のチェコ共和国生まれ。

f:id:tanazashi:20190905205645p:plain

装飾画や挿絵などを手がける画家としてキャリアをスタートさせました。

f:id:tanazashi:20190905205723p:plain

ヨーロッパの民話集の挿絵。

f:id:tanazashi:20190905205739p:plain

ミュシャは一枚の挿絵にも習作を重ねる入念な仕事ぶりで出版社の信頼を勝ち取りました。

f:id:tanazashi:20190905205752p:plain

転機が訪れたのは1894年。有名な女優サラ・ベルナールのポスターを担当したのです。

f:id:tanazashi:20190905205805p:plain

その優美な姿はパリの人々を魅了しました。壁から剥がして持ち去られるほどの人気だったといいます。ミュシャはアールヌーヴォーの代表者の一人となります。

f:id:tanazashi:20190905205817p:plain

最も人気を博した作品の一つ《黄道十二宮》当初はカレンダーとして考案されましたが宣伝ポスター、

f:id:tanazashi:20190905205831p:plain

装飾パネルなど様々に転用されました。

f:id:tanazashi:20190905205847p:plain

プラハの国民劇場のためのポスター。ミュシャは自らの芸術についてこう述べています。

f:id:tanazashi:20190905205901p:plain

「私は芸術のための芸術を作るよりも、大衆のための絵かきでありたい」

f:id:tanazashi:20190905205915p:plain

ミュシャの芸術は20世紀後半に再び脚光を浴びます。

f:id:tanazashi:20190905205927p:plain

「1963年にイギリスでかなり大規模な回顧展がありました。それが一つのきっかけになって、たまたまその時代に発祥しつつあった若者文化、ロックミュージックとかファッションとか色々なそういう若者たちの感性によく合った絵柄だったんでしょうね」

f:id:tanazashi:20190905205937p:plain

1960年代からの自由で開放的な空気の中。ミュシャの芸術は斬新な感覚で捉え直されました。

f:id:tanazashi:20190905205949p:plain

デビッドエドワードバードはウッドストックフェスティバルのポスターなどで知られるグラフィックアーティスト。

f:id:tanazashi:20190905210003p:plain

ここではミュシャの《椿姫》からアイデアを借りています。

f:id:tanazashi:20190905205530p:plain

足元の花。

f:id:tanazashi:20190905205512p:plain

背景の星。

ミュシャの作品は様々な発想の源として今も多くのアーティストに影響を与えています。

f:id:tanazashi:20190905205501p:plain

この展覧会は東京渋谷の Bunkamuraミュージアムで9月29日まで。その後巡回します。

f:id:tanazashi:20190905204548p:plain


 

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

会期:2019年7月13日~9月29日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。