チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20190917213343p:plain

 

しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像
1970年代から現在へ

f:id:tanazashi:20190917213357p:plain

腕力の圧倒的な差にもかかわらず戦い続ける女。

f:id:tanazashi:20190917213411p:plain

制作のきっかけは作者自身の DV の経験。しかし苦難に挑み続ける姿は人間の人生そのものにも感じられます。1970年代から現代までポーランドの女性作家の映像表現を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20190917213423p:plain

70年代。ポーランドでは共産主義の下であらゆるものは厳しい検閲や監視のもとに置かれていました。

f:id:tanazashi:20190917213436p:plain

テレビ画面に線や図形を描く手。放送されているのは国家に統制されたニュースです。

f:id:tanazashi:20190917213447p:plain

記号やバツを描く行為からは共産主義に異を唱える意図が感じられます。

f:id:tanazashi:20190917213502p:plain

バナナを口にする女性の連続写真。同時高級な果物だったバナナを挑発的に消費しています。

f:id:tanazashi:20190917213514p:plain

その姿は保守的なポーランドでスキャンダラスに受け止められました。

f:id:tanazashi:20190917213527p:plain

美術館でひたすらに芋の皮を剥く女性。2001年の作品です。当時民主化を果たし豊かになったポーランドでしたが、経済的に取り残された人々もいました。1970年代の恰好に身を包み、労働することによって何も変わっていないことを表現しています。

f:id:tanazashi:20190917213539p:plain

共産主義政権下ではあからさまに批評的な、攻撃的な、あるいは戦いはっきり示すような作品が多いんですけれども、

f:id:tanazashi:20190917213552p:plain

2000年以降の作家になると。自分自身はその共産主義時代を経験していないので一定の距離感を保って、非常に真摯に批評的に、だけど新しいやり方で検証しようとしているという姿勢がとても特徴的だと思います」

f:id:tanazashi:20190917213603p:plain

東欧に古くから伝わる人魚・セイレーン。

f:id:tanazashi:20190917213641p:plain

都市を漂いながら象徴的な言葉で語りかけます。

f:id:tanazashi:20190917213654p:plain

人間でも魚でもない異質な存在であるセイレーン。差別や移民問題など、ポーランドが抱える苦悩と重なります。

f:id:tanazashi:20190917213741p:plain

屋上に身を乗り出す女性。作者自身です。彼女を支えるのは髪の毛を掴む人の手だけです。現在のポーランドにも立ち込める漠然とした不安や緊張が、作者が身をもって体現しています。

f:id:tanazashi:20190917213757p:plain

恵比寿の東京都写真美術館で10月14日まで。

 

会場:東京都写真美術館

会期:2019年8月14日~10月14日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。