チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「いきもの狂騒曲 ―陶芸フィギュアの現在―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191011221210p:plain

 

「いきもの狂騒曲 ―陶芸フィギュアの現在―」

f:id:tanazashi:20191011221233p:plain
地表をしっかり踏みしめる足。

f:id:tanazashi:20191011221250p:plain

波打つようにたるんだ肌。

f:id:tanazashi:20191011221301p:plain

全て陶でできた象です。生き物をモチーフにした陶芸の展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20191011221312p:plain

現代の陶芸家たちが土と火というコントロールしにくい要素を取り込みながら個性あふれる生き物を作り出しています。

f:id:tanazashi:20191011221324p:plain

素材のイメージからモチーフを発想する今井完眞。

f:id:tanazashi:20191011221337p:plain

信楽の土にコバルトなどの青い顔料を練り込んだ時。石垣島で出会ったヤシガニを思い出しました。

f:id:tanazashi:20191011221400p:plain

瀬戸で活躍する吉島信広。

f:id:tanazashi:20191011221424p:plain

背中の模様には瀬戸焼でよく使われる銅版転写の技術を利用しています。

f:id:tanazashi:20191011221436p:plain

質感の違う土を組み合わせ、陶芸ならではの味わいを生かしています。

f:id:tanazashi:20191011221448p:plain

生き物の選択にも作家たちのこだわりがあります。虫オタクを自認する奥村巴菜。

f:id:tanazashi:20191011221500p:plain

「私がモチーフにするゾウムシとか、ちょっと地味でなんか土色したような、そういう昆虫も素朴な可愛さみたいなものがあって。

f:id:tanazashi:20191011221514p:plain

それはちょっと土の質感とすごく合うかなと思って作ってます。足が六本で、足の先っちょから更に爪が出てるとかあの触覚の形だとか。そういうものは全てゾウムシの構造を崩さないまま。これが本当に生息していても全くおかしくないっていうその範囲内でもデフォルメをしてます」

f:id:tanazashi:20191011221528p:plain

岡村勇輝のタラバガニ。

f:id:tanazashi:20191011221538p:plain

6層もの顔料を重ね、微妙なグラデーションを表現しています。

f:id:tanazashi:20191011221553p:plain

関節には陶でできたパーツを仕込み、動かすことができるようにしています。

f:id:tanazashi:20191011221159p:plain

陶芸フィギュアの展覧会笠間市茨城県陶芸美術館で11月24日まで。

 

会場:茨城県陶芸美術館

会期:2019年9月7日~11月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。