チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「シンコペーション: 世紀の巨匠たちと現代アート」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191011212107p:plain

 

シンコペーション: 世紀の巨匠たちと現代アート

f:id:tanazashi:20191011212150p:plain

フランス印象派の画家クロードモネの睡蓮。周囲の木々を映す水面。可憐の睡蓮が咲いています。

f:id:tanazashi:20191011212205p:plain

こちらは水面に浮かぶ白い磁器。

f:id:tanazashi:20191011212216p:plain

その偶発的な衝突が人と人との出会いを象徴すると言います。

f:id:tanazashi:20191011212230p:plain

ポーラ美術館では現代美術の作品を収蔵品と並べて展示する初めての試みが行われています。テーマが共通していたり、形が似ていたり。比べることで新たな発見に誘います。

f:id:tanazashi:20191011212411p:plain

洞窟から望む雪山。シュルレアリスムの画家ルネ・マグリットの作品です。第二次世界大戦前の不穏な時代。

f:id:tanazashi:20191011212455p:plain

尾根にはナチスドイツの象徴でもある鷲の姿が描かれています。

f:id:tanazashi:20191011212513p:plain

横に並ぶ石塚元太良の写真も中央が抜けた構図。

f:id:tanazashi:20191011212531p:plain

アラスカの氷河の氷の中から覗いた一枚です。

f:id:tanazashi:20191011212540p:plain

「古い見られた作品であっても、今まで見たことのない新しい現代作家の作品でも、何か垣根を越えて通じるものがあって、共鳴するものがあって。一緒に体感できる、体験できる。そして何か新しい調和みたいなものの中に包み込まれるような体験というものを、今回是非味わっていただきたいです」

f:id:tanazashi:20191011212553p:plain

ポーラ美術館は東洋陶磁のコレクションでも知られています。その奥には。

f:id:tanazashi:20191011212605p:plain

オリバー・ビアのインスタレーション

f:id:tanazashi:20191011212617p:plain

作者の祖母が使っていたティーポット。

f:id:tanazashi:20191011212629p:plain

砲弾とギリシャの壺。

f:id:tanazashi:20191011212644p:plain

中に差し込まれたマイクのハウリングがオブジェの空洞に響き、独自の音を奏でます。

コレクションから発想した新作も制作されました。

f:id:tanazashi:20191011212657p:plain

フランスから来たアブデルカテセル・バンシャンマはクールベの作品に触発され、

f:id:tanazashi:20191011212713p:plain

8日間かけてこの部屋を仕上げました。箱根の山を歩いた印象を取り込んだと言います。

f:id:tanazashi:20191011212726p:plain

スーザン・フィリップスは印象派のコレクション全体から作品をイメージしました。

f:id:tanazashi:20191011212740p:plain

流れているのは印象派の作曲家ラベルの魔法の笛。森に点在するスピーカーから出る一音一音が集まって曲となります。それはまるで一筆一筆のタッチが集まって風景を作り出す印象派の絵のようです。

f:id:tanazashi:20191011212055p:plain

神奈川県箱根のポーラ美術館で12月1日まで。

 

会場:ポーラ美術館

会期:2019年8月10日~12月1日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。