チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「星とめぐる美術 10の天体がいざなう現代美術」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191011214151p:plain

 

「星とめぐる美術 10の天体がいざなう現代美術」

美術作品を占星術の星の性質に関連付けて紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20191011214242p:plain

白髪一雄の作品。足で描かれた激しいタッチ。情熱や荒々しさを意味する火星のコーナーで展示されています。

f:id:tanazashi:20191011214300p:plain

ロシア構成主義のロトチェンコの写真。規則や秩序を表す土星と関連付けて紹介されています。

f:id:tanazashi:20191011214443p:plain

破壊と再生を象徴する冥王星と合わせたのは塩田千春の作品。

f:id:tanazashi:20191011214452p:plain

無数の赤い紐は痛みや血を連想させますがその先にある復活への希望も感じさせます。

f:id:tanazashi:20191011214033p:plain


益田市島根県立石見美術館で11月18日まで。

 

会場:島根県立石見美術館

会期:2019年9月14日~11月18日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。